|シーズン8 エピソード3|世界一わかりやすい『ゲームオブスローンズ』解説|ネタバレ注意|あらすじ

こんにちは!Nomadamです。

Youtubeのほうでエピソードごとのあらすじと簡単な説明を作っているので、是非そちらもご覧いただければと思います。
ブログの方ではYoutubeでは長くなりすぎてしまうので入れられなかったもっと詳しい、バックグラウンドやキャラクターの言葉の意味等を説明していきたいと思います。ので、もーっと深いことを知りたい方はこちらも重ねて御覧ください。

Youtube含めここからはSeason8Episode3までのすべてのエピソードのネタバレが含まれますのでご注意ください。

 

ちなみに、【Hulu】今なら2週間無料トライアル実施中 ゲームオブスローンズ見放題です!

!!! Spoiler Alert !!!

 

 


タイトル:The Long Night「長い夜」

このエピソードは本当にすごかったですね・・・
テレビ史上1のスケールと謳われていただけあり、約80分間本当に緊張とアドレナリンと色んな感情が混ざって見疲れました。

早速解説していくのですが、これは本当に実際に見て感じてほしいので、エピソードを実際見たあとに補足として見ていただけると嬉しいです。

まずオープニングでは、全エピソードではラストハートまでだった氷の部分が、ウィンターフェルのすぐそこまで来ています。ホワイトウォーカーと死の大群がすぐ底まで来ているのを表現していましたね。

ウィンターフェルでは戦いに向けて最後の準備が進められます。
緊張と恐怖のあまり手が震えるサム。

アリス・カースタークたちとシオンたちはブランをゴッズウッドまで連れて行きます。


地下に向かうティリオン、弓矢隊の準備をするダヴォス。


サンサとアリアは暗闇を見つめます。デナーリスの乗るドゥロゴんと、ジョンの乗るレイガルが上空を舞います。

 

先陣を切るジョーラ率いるドスラキ達と、ゴーストが先頭に並びます。

その後ろにはグレイ・ワームを中心としたアンソリッドの兵士たちが構え、ブリエン、ジェイミー、マウンテン、そしてナイツウォッチ達も後ろに並んで迎え撃ちます。緊張感と共に静まり返るウィウンターフェル。

ダヴォスの見つめる先に一頭の馬が現れます。そこに乗っていたのは、メリサンドラです!
シーズン7で「するべきことがある。」とヴァリスに話し、ブラヴォスに向かっていましたね。そして、またウェストロスに戻ってくると行っていました。話していたとおり、戻ってきたメリザンドラ。ドスラキたちの武器に手をかざし、ハイヴァレリアン語で呪文を唱えると・・・

ドスラキの持つ武器に一斉に炎が着きます!少し希望が見えます!!!


ブラヴォスの人たちの合言葉のような”Varaもぐレス=すべての者は死ぬ”とグレイ・ワームに言うメリサンドラ。

次にあった時には処刑するとシュリーンを殺したことでメリサンドラに怒り心頭だったダヴォスですが、彼女のためにゲートを開けさせます。
久しぶりの再開を果たす2人。メリサンドらはダヴォスに「夜明け前には死んでいるから、今私を処刑する必要はないわ。」と言って去っていきます。

アリアと目の合うメリサンドラ。以前メリサンドらがゲンドリーを連れて行った時に、アリアにまた合うことになると言っていましたね。

炎のついたブレイドといつもの掛け声と共に、闇の中に走っていくドスラキ達。ドスラキ達は一番度胸があり、何事も恐れない強い戦士たちであるとして知られています。そんなドスラキですが・・・


ですが・・・またたく間にその炎は闇に飲み込まれて消えていきます。
再び静寂になる暗闇。この時の絶望感はすごかったですね・・・

ジョーラを含めた数匹の馬とドスラキたちが戻ってきます。ジョーラと一緒に先頭にいたゴーストの姿はありません。実際死んだかわかりませんが、死んでいないことを願います。自分を信じて海を渡り、ここまでついてきてくれたドスラキたちを一瞬でほぼ全て失い、いても立ってもいられないデナーリスは、ジョンの反対を押し切り、ジョンと2人でナイトキングを攻撃するという計画を無視してドラゴンに乗り攻撃に向かいます。

地上では少しずつゾンビ達の声が近づきます。緊張感の高まるウィンターフェル。

そして一気に飲み込まれていきます。その勢いに手こずるアンソリッド達。
残りの兵士たちもブリエンの声に合わせて一斉に攻撃を始めます。ものすごい数と、勢いに劣勢かと思われたその時・・・

 

ドラゴンに乗ったデナーリスとジョンが現れて、次々と炎でワイツ達を焼き殺していきます。

少し勢いを取り戻します。その光景を見つめるサンサはこの時初めて、ジョンがデナーリスを連れてきたことが正しかったと気づいたのでしょうか。

ジョンとデナーリスは、ホワイトウォーカー達を見つけます!
ですがホワイトウォーカーを攻撃しようとしたその時、2人は白い霧に包まれてしまいます!

アリアは、サンサにドラゴングラスのナイフを渡すと、地下に向かうように言います。
どうやって使うかわからない。というサンサに、アリアは”鋭利な部分を突き刺すのよ。”といいます。これはシーズン1で、ジョンがアリアにニードルを渡した時にアリアが”どうやって使うかわからないわ。”といい、ジョンが”鋭利な部分を突き刺すんだよ。”という会話と同じセリフです!
アリア、成長しましたね〜

霧に包まれる戦場。ジョーラ、ブリエン、トーマンド、ジェイミー、サム、エドは戦場でそのワイツ達の数に手こずっています。

サムが襲われてそれを助けたエドですが後ろから刺されて、”サム”と言いながら死んでいってしまいます。


地下に来たサンサ。
ティリオン、ヴァリス、ミサンデイ、ギリー達がいます。
無言のサンサですが、十分地上の悲惨さは伝わった様子です。

地上ではあまりの敵の多さに、城の中に撤退する支持が出されます。
そしてゲートを少しでも長く守れるようにグレイ・ワームはアンソリッドにその場で踏ん張るように指示を出します。
ですがワイツ達の勢いは止まりません。

城の周りに炎を着けるようにデナーリスに指示を出そうとするダヴォスですが、その霧の深さでデナーリスにメッセージが届きません。
できるだけ長く踏ん張るアンソリッドたちですが、グレイ・ワームは泣く泣く、アンソリッドたちが戻る前にゲート前の木でできたガードを上げます。
デナーリスは未だにダヴォスの炎に気づきません。弓矢隊の人たちが矢で炎をつけようとしますが、冷たい木に炎が着きません。

そこでグレイ・ワームはメリサンドラを見つけます。そして、残りのアンソリッド達でメリサンドラを守りつつ、木の塀に向います。
メリサンドラは木に触ると呪文を唱え始めます。


その間も次々と襲って来るワイツたちに気をとられてか、中なk炎が着きません。メリサンドらにワイツが襲いかかります!ですが危機一髪で塀に炎が着きます。

それに気づいたデナーリスが塀の外のワイツたちを焼きますが、いつまでもまででも待てるワイツ達は塀の前でただただ待っているので時間の問題です。炎に怯えるハウンドは城の中に入ってしまいます。

 


地下ではティリオンが、上に行って状況が確認できれば自分にもなにかできるのではないかといいます。ブラックウォーターベイでのスタニスとの戦いでティリオンの作戦でワイルドファイアーを爆発させて多くのスタニスの船を沈めたことをいい、自分にもなにか作戦が考えられるかもしれないと、いても立ってもいられません。
ですが、サンサは、「上に行ったら死ぬわ。ここにいてそれしかできない事実を受け入れることが、私達ができる一番正義感のあることよ。」といいます。

「自分たちが結婚していたままだったら良かったのに何か違ったかな。」というティリオンに、「結婚した男のなかであなたが一番だった。」といいます。
ですが、続けて「でも、そうだったとしたらあなたのドラゴンクイーンへの忠誠心が問題になって続いていなかったわ。」といいます。
するとミサンデイが、「確かにドラゴンクイーンがいなかったら、問題がなかったかもしれないわね。彼女がいなかったらもうすでに私達は死んでるんだから。」とデナーリスを養護します。

 


 

ゴッズウッドにブランと共にいるシオン。シオンは自分がブランにシたことを謝ろうとしますが、ブランは”今までしたことすべてが、今のシオンを作ってる。そしてホームに戻ってくることができたんだ。”というと、”もう行かなければ行けない”といい、ウォーグをしてカラスを操ります。その先にはヴィセリオンに乗るナイトキングが!

 


メリザンドラの炎によって守られているウィンターフェルですが、少しずつワイツたちが炎の中に自分の身を投げ始めます。
次々にワイツが炎の上に倒れるとその部分の炎が消えてしまいます!!


そして次々とワイツ達が入ってきます!

そして、ジョンは上空にナイトキングと、ヴィセリオンを見つけます。

ウィンターフェルの壁を登ってくるワイツ達。塀の上から少しずつ侵入してくる大量のワイツ達に手こずります。

ジェイミーとブリエンは互いの背後を守りながら戦います。

サムのピンチを救うジョーラ。壁の上まで到達したワイツたちは次々と城の中に入ってきます。炎が怖くて動けないハウンドをベリックがなんとか励まそうとしますが声が届きません。

アリアも参戦して戦いますがやはりその多さに手こずります。

 

”こんな戦い無謀だ”と諦めているハウンドに、ベリックは”彼女にも同じことが言えるか?”と指差す方には、ワイツに追われて武器を落としピンチなアリアが!!!するとハウンドはすぐさまアリアの方にむかいます!

そして、門を守っていたリアナモーマンとたちの前には巨人のワイツが!一瞬で弾き飛ばされるリアナ。

リアナは一人巨人に立ち向かいますが、体を持ち上げられてしまいます。ですが、最後の力を振り絞って巨人の目にドラゴングラスのナイフを指すと、巨人は消え、リアナと友に死にます。最後まで勇敢すぎる女の子でしたね。

霧の中を進むデナーリスとジョンですが、霧の晴れた場所に出ます。すると!!!

青い炎と共にナイトキングの乗るヴィセリオンが攻撃してきます!
デナーリスとドゥロゴに襲いかかるヴィセリオン。

 


アリアは城の中でワイツ達から隠れます。


八方塞がりで、ワイツ達と共に部屋に閉じ込められてしまうアリア。
そしてワイツがアリアの血に反応します。息を押し殺し、なんとか逃げるアリア。部屋からなんとか脱出するアリアですが、ワイツが部屋から飛び出してきてアリアに襲いかかります!城の中を逃げ惑うアリア!ここが予告にも使われていたシーンですね。

地下にいる人々もその異様な静けさに緊張感が高まります。
そして、”ドアを開けろ!”という声で騒がしくなったと思ったら、ワイツの音と共に男たちの声が消えていきます。

城の中でアリアを探すベリックとハウンド。

すると、ワイツに襲われるアリアが!
ベリックは炎の剣を投げつけてアリアを救うと、2人を逃がすために刺されながらも一人ワイツたちを止めます。

なんとか逃げられる部屋を見つけるアリア達。
ベリックはめった刺しにされて力尽きてしまいます。

そこにはメリサンドラの姿が。ベリックはソーロスにより約20回も死から蘇って来ました。
メリザンドラは”彼は役割を果たすために何度も蘇ってきた。だがもう彼はその目的を果たした”といいます。
そう・・・ベリックのが生き返され続けた理由は、アリアを守るためだったのですね。

そしてメリサンドラの言った通り、再開を果たした2人。アリアが”あなたの事知ってるわ。”というと、メリザンドラもまた”私もあなたのことを知っているわ。”といいます。これは、メリザンドラがずっと探していた死から人々を救うと言われている”アゾーラ・アハイ”=約束されたプリンスだという意味です。・・・ということは・・・・

アリアは、”あなたの言ったとおり、たくさんの人の目を永遠に閉じてきた。”といいます。
メリザンドらは続けて、”茶色の目や、緑色の目そして、青い目も。”といいます。

薄く笑みを見せるメリザンドラ。”死の神になんて言おうかしら?”と問いかけると、アリアは”今日じゃない”といい、何かを悟ったようにどこかへ走り去っていきます!

この”今日じゃない”という言葉はシーズン1でアリアの剣の先生ダンシングマスターと呼んでいたシリオ・フォレルがアリアに行った言葉です。さらに”死の神”とはジャックエンハガーがアリアに教えてくれたメニーフェイスゴッドの別名でもあります。アリアが通って来たすべての道が一本の線でつながった瞬間ですね!

シーズン8に入って久しぶりにアリアがなにかに恐れたり、感情があるのを見たきがしますね。そしてこのワイツから逃げ惑うシーンではシーズン1やシーズン2でのアリアを少し思い出させてくれた気がします。そして、このメリザンドらの言葉で、ブラヴォスで修行をした強いアリアが戻ってきた感じがしました。


ブランを守るシオンたちの元に、ワイツ達が襲いかかって来ます。

一方青い炎でウィンターフェルを襲うヴィセリオンと、ジョンの乗るレイガルでの空中戦が繰り広げられます。レイガルは負傷し、地上で倒れてしまいますが、ナイトキングをヴィセリオンから落とすことにも成功します。

地上にいるナイトキングとデナーリスの乗るドゥロゴの一騎打ち。デナーリスの”ドラカーリス”と共に炎に包まれるナイトキングですが・・・・

彼は無傷でそこに立っています。そして槍を持つと、デナーリスとドゥロゴンに向けて放ちます。
なんとか避けるデナーリス。ドラゴンの炎もホワイトウォーカーには効きません・・・

ナイトキングはウィンターフェルへ向かいます。それを追うジョン。

すると、なんとナイトキングは腕をあげ、戦場で死んだ者たちを甦らせるのです!それを阻止しようと走るジョンですが、大量のワイツたちに囲まれてしまいます。

ウィンターフェルでも、いままで死んだ者たちが次々と甦り始めるのです。ドスラキも、エドも、リアナも青い目をして甦ります。絶望感にあふれる戦場・・・

そして、いままでは立っていただけのホワおいとウォーカー達も動き始めます。

そしてなんと、地下に眠っていたすターク家の先祖立ちも墓から甦るのです!!! パニック状態になる地下。

一方ホワイトウォーカーたちはブランのいるゴッズウッドに向かいます。

ジョンのピンチを助けるデナーリスとドゥロゴン。ジョンをブランの元に行くのを助けたデナーリスですが、ドゥロゴんが大量のワイツ達に襲われてしまいます。そして、デナーリスは地上に落ちてしまい、ドゥオゴンもその場から逃げてしまいます。

そしてデナーリスに向かって襲いかかるワイツ達。危機を救ったのはジョーラです!

襲われているサムや、仲間たちをよそにジョンは急いで、ブランの元に向かいます。

矢がなくなりピンチのシオン。

一人ブランを守り続けます。

そして、デナーリスも剣を持ちジョーラと共にワイツに立ち向かいます。

地下でも次々と人々が襲われます。

一緒に隠れるサンサとティリオン。

サンサはアリアからもらったドラゴングラスのナイフを握りしめると、最後のさよならを言うかのように、ティリオンと見つめ合い、ティリオンはサンサの手を握りしめます。

ブランの元に向かおうと必死のジョンですが、ヴィセリオンの攻撃もあり前になかなか進めません。

そして、死に物狂いでデナーリスを守るジョーラ。何度も何度も刺されてもデナーリスのために立ち上がります。

ブリエン、ジェイミー、サムも限界です。

一人ブランを守るために何度も立ち上がるシオン。
その時、ブランが目を覚まし、ナイトキングがブランの元に到着します。

ブランはシオンに”あなたはいい男だ。ありがとう。”といいます。

自分の最後の時を悟りながらも、リークだったときとは違い、死に真正面から勇敢に向き合ったシオン。

ナイトキングにやりを止められて、刺されてしまい、その場に倒れるシオン。そしてその場で息を引き取ります。シオンが死んでしまったのは悲しいですが、最後にホームに戻り、自分を取り戻して死んでいったのには感動しました。

そしてついに一人取り残されたブランの前についに、ナイトキングがやってきて、2人は対面します。

言葉を交わすわけでもなく、ナイトキングは、その鋭い爪を振りかざします。

もう隠れることもできず、ヴィセリオンに向かい叫ぶジョン。
その時にホワイトウォーカーの背後から風が吹きます。

そして、ナイトキングを背後からアリアがブランからもらったリトルフィンガーのダガーで襲います!

ですが、首をしめらて阻止されてしまいます!!!

すると、アリアの持ち前の手さばきでダガーを落として右手に持ち替え、ナイトキングを突き刺すのです!!!

すると、氷のクズとなって消え去るホワイトウォーカー達。

それと同時に、ヴィセリオンもワイツ達も次々に倒れ動かなくなります。

その場に倒れるジョーラ。

デナーリスの腕に抱えられながら息を引き取ります。

自分を愛し返すことができない立場のデナーリスを一途に愛し、ずっと一番の味方でいてくれたジョーラを失い涙するデナーリス。

それを一緒に悲しそうに見つめるドゥロゴン。これには涙でしたが、最後の時を愛するデナーリスを守って死んでいくとは、ジョーラの一番納得な死に方でしたね。

メリザンドラは一人雪の中に歩いていくと、チョーカーを外し、すると老婆の姿に。

彼女もまた、彼女の役割を果たし、雪の上で一人息絶えてしまいます。
それを見つめるダヴォス。

というところでエピソードが終了します!ものすごいバトルでしたね!もうアリアのあの瞬間は感動で涙でした。そう、アリアこそが”アゾーラ・アハイ”と呼ばれる約束されたプリンスだったのですね。
エピソード1で、ジョンがゴッヅウッドで、アリアと再開した際に”こそこそ近づいてくるなよ。”みたいなことを言っていたのですが、それもこのエンディングのヒントだったのかもしれないですね。そして、メリザンドラは最後の役割を果たし、ブランがリトルフィンガーのヴァレリアンスティールのダガーをアリアに渡したこともすべてここにつながってきたのですね。

ブランはなんでレイブンに乗り移ったの???と疑問だったのですが、どうやら、ブランにはホワイトウォーカーのマークが付いていてもブランからウォーグでコンタクトを取らないと、居場所がわからないみたいです。なので、あのタイミングでホワイトウォーカーに自分の居場所を知らせるために、コンタクトを取ったと考えられるみたいです。
ブランはジェイミーに、”ホワイトウォーカーとの戦いのその後があるとどうしてわかるんだ?”と聞いていました。
ブランは、アリアにダガーを渡したり、サムを導いたりしてきましたね。ついにホワイトウォーカーを倒すという目的を果たしたブランは、”ブラン・スターク”という人格を取り戻すのでしょうかね?

メリザンドラは自分の言っていたとおり、最後にウェスタロスに帰ってきて死にました。そのときに、ヴァリスにも、ウェストロスで死ぬと言っていましたね・・・キングスランディングでの”最後の戦い”で死ぬことになるのでしょうか・・・

ただ、次回予告ではすでにサーセイとの戦いの準備が進められているようです。さすがゲーム・オブ・スローンズ。死から世界を救って終わりじゃあありませんね。

レイガルが死んだかはっきりはしていなかったのですが、デナーリスは一番の味方であったジョーラを失い、ドスラキの兵士達と多くのアンソリッドを失いました。ジョンが実質上の正当な王であるということもあり、デナーリスの勢力が衰えているのは目に見えています。

さらにはいままでのような戦争ばかりの世の中に嫌気がさしている様々な人が、この戦いが終わったあとに誰が王座につき、どう統制していくのかということを心配しています。ジョンが正当な王だと誰に話すかと言うのにも注目ですし、多分ないとは思いますが、ゲンドリーもロバートのバスタードサンですしね。人が減ったジョンたちに対しゴールデンカンパニーの兵士たちを手に入れて、味方を増やしているサーセイが勝つ可能性も十分ありますしね。

ただ、デナーリスにはマリーンに残してきたダリオ・ナハリスとセカンド・サンズの兵士たちがいます!忘れられてるダリオですが、デナーリスを助けにウェスタロスに来ることになるのでしょうか!?

あと個人的にはサンサとティリオンの関係にも注目したいと思ってます。サンサも、いままで結婚した男の中で一番よと言っていたこともありますし、このエピソードではなんだかんだ2人のお互いを思いやる気持ちが見えた気がします。でもブロンがティリオンとジェイミーを暗殺しに向かっていることも忘れてはいけませんね・・・

とにかく80分というこの長いバトルシーンなのに飽きることなく見れる、そして死んでほしくないキャラクターがたくさんいて、それぞれにフォーカスしたシーンがあることで、アリアがホワイトウォーカーを殺しに向かったことを忘れかけていたとことでの、アリアによる最高のエンディング・・・個人的には大満足でした!

あとは思ったよりも重要なキャラクターたちが死ななかったので、残り3エピソードでの「王座の戦い」に注目です。

それではまた次回!

Related posts

Leave a Comment

CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.