アメリカジグザク横断ルート|問題だらけの5ヶ月ハネムーン旅行記

アメリカ横断

こんにちは、Nomadamです。

2017年の5月から10月まで、ハネムーンでアメリカをジグザグに横断し、地球を一周してきました。
そのルートを今回は紹介したいと思います。

アメリカ横断といえば、ルート66ですよね!
言わずと知れた一番有名なハイウェイのルートだと思います。
西から東にずーっと真っ直ぐ行くルートで、歴史のあるルート沿いにはたくさんのRoute66グッズやホテル等があり、またあの真っ直ぐで広大な自然に囲まれた景色は素晴らしいものです。
アメリカの映画やドラマ、歌にもよく出てくるので、一度は見ておきたいですよね!

今回私がしたのはそのRoute66から外れたルートです。
というのも、特に映画やドラマで見て憧れていたわけでもなかったので・・・

それよりも多くの都市を訪れたい欲の方が多かったので、効率の悪いジグザクルートにしました!

具体的なルートをマイマップにしましたので、ご覧下さいませ!
ルートの順番もご覧頂けます。


ジグザクグルート

こんな感じで、転々と計画も立てず心が赴くままに横断しました。


ハプニング

基本的には車中泊でしたので、3日に一回はシャワーを浴びるためにRVパークや、モーテルに宿泊していました。

夏に横断したので、南に行けば行くほどもう蒸し暑くて仕方がない・・・
ということで、New MexicoやTexas等は今回は断念しました。
夏でも本当に蒸し蒸しして暑い・・・
車中泊する際は、ぜひ少し寒いかな〜といった時期をオススメします!!!

アメリカに家族がいるので、私たちの場合は車を現地で購入しました。
(家族が使用するので、アメリカに置いてきました。)

まず起こったハプニングは、パンク!
車を中古で購入して、道路に出た瞬間にパンクのランプが点灯・・・
慌ててディーラーの元に戻りました。

左ハンドルで慣れてもいないのに。。。。と不安でいっぱいのスタートです。

ディーラーの元に戻って調べてもらうと、大きい釘が刺さっているとのこと。
お店内でもう既に刺さっていたのか、本当に出た瞬間に公道で刺さったのかが定かではなかったため、やはりそこの責任問題で少々言い合いになりました。

とにかく自分を主張しまくらないと、相手にしてくれません。
相手を信用していいなりになっていては、損をしてしまう可能性があるのです。
2時間ほど粘って粘って、もう相手も呆れた様子でやーっと無料でタイヤを交換してくれました。

責任の所在が定かではなかったことはありますが、あんな大きな釘が道に落ちているなんて想像し難いので・・・・

しかも!!!
そのあとすぐに、エアコンのクーラーが効いていないことに気づきます。
保証期間内だったので、すぐにディーラーに電話したのですが、そこでもやはりしっかり『保証期間内だからこっちは一銭も出しませんよ。』とはっきり伝えないと、お金を請求してきます。

とにかく体力も精神力も使いますが、とにかく粘ることを忘れないでくださいね。

 

そのほかにも、慣れないチップで不快な態度を取られたり・・・
車中泊でのストレスで喧嘩したり・・・
暑さで死にそうになったり・・・

と数え切れないほどのハプニングはありましたが、なんとか協力して乗り切りました。

 

これから、アメリカ横断で気づいたことや、学んだこと、便利情報等をアップしていきたいと思いますので、気になる方はどうぞご覧下さいませ〜!

 


Related posts

Leave a Comment

CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.