|シーズン7 エピソード4|世界一わかりやすい『ゲームオブスローンズ』解説|ネタバレ注意|

こんにちは、Nomadamです。

ゲームオブスローンズ解説です。バックストーリーや小さな気づきなど、他じゃ聴けないGOT解説です。 今まで解説を見てくださっている方、いつも有難うございます!
初めての方、ものすごく細かいところまで解説しています。Season1 Episode1の解説から見ていかないと、わからない言葉や人物、出来事が出てくるかもしれませんので、Season1 Episode1から解説を見ることをお勧めします。

それでは、Season7 Episode4についてちょーわかりやすく解説していきます。

まだエピソードを見ていない方は見ないことをお勧めします。

 

ちなみに、【Hulu】今なら2週間無料トライアル実施中 ゲームオブスローンズ見放題です!

 

 

!!! Spoiler Alert !!!

 

 


 

High Garden(ハイガーデン)を制圧したHouse Lannisterの軍が、House Tyrellのものであった金を全て奪って、King’s Lanidngに帰ろうとしています。

JamieはOlennaから聞いたことがまだショックのようですね。


Iron Bank

早速High Gardenの金を手に入れたことをIron Bankの男に報告し、JamieがHigh Gardenから運んでいる最中だと説明します。

Iron Bank側も、金さえ届けばCerseiの味方につくことを約束します。


Bran Stark

さて・・・シーンは変わってWinterfell。

このダガー覚えていますか?
Valyrian steel(ヴァレリアン・スティール)のダガーで、何者かがBranを暗殺しようとしたときに使ったダガーです。元々はLittlefingerのものでしたが、Tyrionに渡したというLittlefingerの発言でTyrionがCatelynに捕らえれる羽目になったんでしたね。

それをBranに渡すLittlefinger。
Catelynのことは守れなかったが、Catelynがするであろうことを自分はここでしようと思う。
何か自分のできることがあれば言ってくれ。と言います。

このダガーは誰のものだ?と聞くBranに、Littlefingerは知らないと嘘をつきます。
そして、”このダガーから5つの王国の戦争が始まったんだ。”と言います。

何か目的のありそうなLittlefinger。
でもLittlefingerはBranのThree-eyed Ravenの力は理解していません。
彼が全てを知っていることは理解していません。

”The Wallの北で、人々が信じないようなものを見て来たに違いない。そんなカオスな状況を乗り越えて家までたどり着いたんだな・・・。”というLittlefingerに、Branは”Chaos is a ladder(ケイオス・イズ・ア・ラダー/カオスこそがはしごになる。)”と言います。

覚えていますか?この言葉。

これはLittlefingerがVarysにSeason3で言っていた言葉。
まさにその言葉通り、Littlefingerは自らカオスな状況を作り出して、それを利用して自分の欲のためにここまで来ました。

自身が言った言葉をBranに言われて、少しショックな表情のLittlefinger。

そこにMeera Reed(ミラ・リード)が入って来ます。


MeeraはWinterfellを離れる決断をしたようです。”冬がくれば戦いになる。その時は家族とともに過ごしたいの。それに家族がここにいる以上、もう私はここには必要ないわね。”といいうと、Branは”確かに必要ない。”と言います。

それにはショックな様子のMeera。

”私の弟はあなたのために死んだのよ。HdorもSummerもあたなのために死んだのよ。それなのにそれしか言うことないのBran?”と言うMeeraですが、Branは”自分はもうBran Starkではない。Branの感覚はまだ覚えているけれど、もう自分は違うんだ。”と言います。

Meeraは”あの洞窟であなたは死んだのね。”と言い出て行きます。


再会

一方、AryaがWinterfellに到着したようです。

門から入ろうとしたAryaですが、ゲートで止められてしまいます。誰もがArya Starkは死んだと思われていたこともあって自分はArya Starkだと言っても信じてもらえません。

“もし本当に私がArya Starkだったら、Sansaがあなた達を生かしておくと思う?”というと、なんとか門には入れてもらえます。
Winterfellを見回すArya。

ガードの2人が知らない小娘が・・・とSansaに報告すると、すぐそれがAryaだということに気づいた様子で、地下の墓地にやって来ます。

そこにAryaがいます。Aryaを抱きしめるSansa。

”Lady Stark(レイディ・スターク)って名前が似合っているわ。”とAryaはSansaに言います。

お互いに様々なことを乗り越えてWinterfellに戻って来た2人。”私たちのストーリーは終わっていないわ。”と言いもう一度抱き合います!


Godswood

SansaはAryaをBranの元に連れて行きます。

GodswoodにいるBranを見つけたArya。
Branを抱きしめます。

”宿場にいるあなたを見た。Cerseiを殺すためにKing’s Landingに行ったと思ったよ。”と言います。

なぜKing’s Landingに向かっていたの?と聞くSansaに、Branが、”Cerseiも殺しリストに入っているからだよ。”と言います。

Aryaも自分の行動を見破られて混乱している様子。
Sansaは”誰があなたの殺しリストにいるのよ?”と冗談交じりに聞きます。

BranはLittlefingerからもらったダガーを出します。

AryaはLittlefingerがいること自体にびっくりです。
Sansaも何か思惑があるに違いないと警戒します。Branは車椅子のものが持っていても役に立たないといいAryaにそのダガーを渡します。

やっと叶ったHouse Starkの再会!
Brienne(ブリエン)もその様子を見て、笑みを浮かべます。

Podrick(ポドリック)はBrienneに、”Catelyn Stark(キャサリン・スターク)はあなたのことを誇りに思うに違いありません。”と言います。

その様子を見つめるLittlefinger。
どんなカオスを作り出そうとしているのでしょうか・・・


House Targaryen

DragonstoneではMissandeiが帰ってこないUnsulliedを心配します。

Daenerysが”どうしたの?”と聞くと、Missandeiは”色々起こりました。”と言います。
MissandeiとGreywormの関係に気づき笑みを浮かべるDaenerys。

そこに、Jonが来て、Daenerysを呼びます。
目を見合わせる2人。
Missandeiもまた、DaenerysとJonの関係に気づくものがあるようです。

Jonは2人をDragonglassのある洞窟の中に案内します。

奥に進むと・・・

そこには大量のDragonslassが!!

そしてさらに奥にDaenerysを連れてくるJon。

その岩肌にはChildren of the Forest(チルドレンズ・オブ・ザ・フォレスト)が書いた模様が書かれています。そして、人間とChildren of the Forestが共にWhite Walker(ホワイト・ウォーカー)と戦っていた様子が絵に描かれています。

この壁に描かれている模様・・・
何か見覚えがありませんか?

White Walkerたちが人間や馬の死体で作り出す模様です。ここにも何か意味がありそうですね。

Daenerysは”White Walkerと戦うために私のドラゴンと軍が必要なのね。あなたのために戦うわ。もしあなたが跪けばね。”と言いますが、Jonは”北の者たちは南の征服者を認めない。”と断ります。

Daenerysは”人々を守り生き残ることのほうが、あなたのプライドよりも大切じゃないの?”と聞きます。

洞窟の外に出ると、そこにはVarysとTyrionがいて、Casterly Rockは手にいれた。と言いますが浮かない顔のTyrion。
そう、協力してくれていたHouse Tyrellが襲撃されたことで、Westerosに味方のいない状況に改めて陥ってしまうDaenerys。

”敵が自分の味方を攻撃している間に、私はここにいて何もしなかった。”と苛立ちを見せるDaenerys。

”もう賢い計画なんてどうでもいいわ。ドラゴンに乗ってRed Keepに行って敵を燃やすわ。味方のために命をかけて戦おうとしないQueenなんてどんなQueenよ。”というDaenerysにTyrionは”それこそ賢いQueenだ。”と、Tyrionに怒りをぶつけるDanerys。

するとDaenerysはJonに”どうするべきだと思う?”とたずねます。

”多くの人が信じなかったDoragonを復活させたことや、長年の奴隷制を廃止させるなど、今までの典型的な王とは違うといことは人々が感じているだろう。でも今ここでRed Keepを襲撃して無実な人々を殺す羽目になってしまっては他の王、他のTargaryenの王と同じだ。”とJonは言います。


後半

Arya Stark

シーンはWinterfell。
BrienneがPodrickに剣の練習をさせていると、そこにAryaがやってきます。

“The Houndを倒したあなたと練習がしたい。”と申し出ます。

その様子をLittlefingerとSansaが見ています。

Needle(ニードル)を見て、それは練習には小さすぎるというBrienneですが、練習を初めて見ると、Aryaの素早さには驚きを隠せない様子。

Brienneも手加減なしに練習を始めます。

Aryaの強さにびっくりなのはSansaも同じ。

Brienneは、”誰にそんな動きを教わったのか?”と聞くとAryaは”No One”と答えます。

Littlefingerを見つめるArya。何を思うのでしょうか。


忠誠心

Dragonstoneで一緒に歩いているDavosとJon。

DavosはJonがDaeneyrsを見つめているのを見て、何かを感じ取っている様子。

Missandeiはあなたの名前はなぜ”Snow”で、父親の名前は”Stark”なのかと聞きます。Missandeiの生まれた場所では結婚という概念がなかったため、Bastardも存在しなかったんですね。

MissandeiにどうやってDaenerysに仕えることになったのかと聞くDavos。
Missandeiは、”自分はマスターに奴隷として買われて、Daenerysは自分をそのマスターから自由にしてくれた。”と言います。
Davosは、”でもあなたは今はDaenerysに仕えている。”と言います。
するとMissandeiは”私はDaenerysに仕えたいからDaenerysに仕えているの。もしわたしが家に帰りたいといえば、Daenerysは私に船を与え、幸運を祈って送り出してくれるに違いないわ。”と言います。

”彼女はHouse Targaryenだから私たちのQueenなのではなく、私たちが彼女を信じて彼女をQueenとして選んだの。”とDaenerysへの愛からくるMissandeiの忠誠心に、Davosは”俺もDaenerys側についてみようかな。”とジョークを言います。

すると、一隻のGreyjoyの船がDragonstoneの船に到着します。


そこにはTheonが乗っています。
Winterfellを離れて以来、再会を果たすJonとTheon。

JonはTheonの胸ぐらを掴み、”お前がSansaをRamseyから逃げるのを手伝ったことが唯一、俺がお前を殺さない理由だ。”と言います。

Daenerysの助けが必要だというTheonに、JonはDaenerysは不在だと言います。

どこに行ったのでしょうか・・・


 

シーンは変わり、King’s Landingに向かう途中にいるJamieとBronn。
大量の金を川岸まで渡す準備をしています。

Bronnは何やら遠くから音を聞きます。

迫る大量の足音・・・

慌てて弓矢隊を準備するLannisterの軍。

そこに聞こえてきたのは甲高い叫び声・・・

そう・・・

Dothraki達です!!!

全く想像していなかった展開に慌てるLannister軍。

Dothrakiの攻撃をじっと待ちます。

すると・・・・

大きなうめき声とともに来たのは・・・そう!!!

Daenerysの乗ったドラゴンです!!

 

一気に炎に包まれるLannisterの軍。

あまりの恐怖に逃げ惑うLannister軍を陸では、Dothrakiが襲撃します。

”地上で迎え撃ちになれば最強”とまで言われたDothrakiに手の出ないLannisterの軍。

JamieもBronnもあまりの迫力に戸惑います。

Bronnにドラゴン用の巨大弓矢をセットしに行くように命令するJamie。

BronnはDothrakiから逃げつつ弓矢をセットします!!!

その様子を丘の上から見つめるTyrion。
兄Jamieを見つけて複雑です。

Bronnがセットした弓矢でドラゴンを狙い始めます!!!

そして、Daenerysの乗ったドラゴンを直撃します!!!
怒ったドラゴンは武器を壊して、地面に着陸します。
どうやら傷が傷んでいるようですね。

矢をドラゴンから取ろうとするDaenerysを、Jamieが見つけます!!!

すると・・・

落ちていた矢を拾い、、、Daenerysの方に向かって来ます!!!

Tyrionも”やめろ。馬鹿野郎。”と呟きますが、Daenerysに近づいてくるJamie!!!

やばい!!!と思ったDaenerysが振り返りますが・・・

その前にドラゴンがDaenerysの前に顔を出して守り、Jamieに向かって火を吹きます!!!!!

BronnがJamieを湖に押し込み・・・

鎧ごと水に沈んで行くJamie。

さあJamieとBronnはどうなってしまうんでしょうか・・・

Related posts

Leave a Comment

CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.