|シーズン6 エピソード5|世界一わかりやすい『ゲームオブスローンズ』解説|ネタバレ注意|

こんにちは、Nomadamです。

ゲームオブスローンズ解説です。バックストーリーや小さな気づきなど、他じゃ聴けないGOT解説です。 今まで解説を見てくださっている方、いつも有難うございます!
初めての方、ものすごく細かいところまで解説しています。Season1 Episode1の解説から見ていかないと、わからない言葉や人物、出来事が出てくるかもしれませんので、Season1 Episode1から解説を見ることをお勧めします。

さて、新しいシーズンの幕開けです。それぞれのキャラクターのストーリーが大きく動き出し、成長するシーズンですので、見逃し厳禁です!

それでは、Season6 Episode5についてちょーわかりやすく解説していきます。

まだエピソードを見ていない方は見ないことをお勧めします。

 

ちなみに、【Hulu】今なら2週間無料トライアル実施中 ゲームオブスローンズ見放題です!

 

 

!!! Spoiler Alert !!!

 

 


前半

題名 The Door”(ザ・ドア)

 

Sansaが部屋で縫い物をしていると、Littlefingerからの手紙を受け取ります。

Male’s Town(モールズ・タウン)という場所に一人で来るように書いてあるようですね。


Male’s Town(モールズ・タウン)

Brienneを一緒に連れてやってきたSansa。

Ramseyと結婚させたLittlefingerに怒っているSansa。
そして、より、Littlefingerを嫌に思っているBrienne。
“傷ついていなくてよかった。”とSansaに言いますが、”傷がついていない?ここで何をしているんだ?”と聞きます。

”Ramseyがあんな人間だって知ってたの?知らなかったならあなたはバカで、知っていたならあなたは私の敵よ。”と言います。そして、ウェディングの夜の話を始めます。顔は”House Starkの顔”を残して傷つけずにおいて、あとの体は彼が好きなようにしたのよ。彼は何をしたと思う?とLittlefingerに聞きます。

Littlefingerは、”言葉にはできない。”と濁しますが、それでもしつこく聞くSansaと、”Sansaの質問に答えろ。”といい剣に手を添えるBrienne。

Littlefingerは、”Sansaのためになんでもする。”と言います。
”Moat Cailin(モート・ケイレン)に戻って。もう二度と顔を見たくない。”というSansa。

最後に一つだけ言わせてくれとLittlefinger。

Sansaの叔父であり、Catelynの叔父であるBrynden Tully(ブリンデン・タリー)は、Riverrun(リバラン)をHouse Freyから取り戻し、軍を持っていると言います。
LittlefingerはValeの軍隊もSansaのために戦う者たちがいると伝えます。

SansaはJonの軍があると言いますが、”それは血が半分繋がっただけの兄弟の軍だ。”といい出て行きます。

ちなみにBlack FishことBrynden Tullyは、CatelynやRobbが殺された”Red Wedding(レッド・ウエディング)”で門の外に立ちションをしに出てから消息不明でしたが、どうやら生き残っており、Riverrunを取り戻したようですね!!


Faceless Man(フェイスレス・マン/顔のない男)

視力が回復したAryaは、Braavosで修行を続けています。

”手遅れになる前に家に帰れ。”とwaifに言われるAryaですが、戦い続けます。

そこにJaquenが入ってきます。
いっぱいマスクがある場所に連れて行き、一番最初のFaceless Man(フェイスレス・マン/顔のない男)のストーリーを話し始めます。

Faceless ManはBraavos(ブラヴォス)のFree City(フリーシティ)と、このHouse of Black and White(ハウス・オブ・ブラック・アンド・ホワイト)を作り上げた者で、元々はValyria(ヴァレリア)という場所で奴隷であったという話をします。

そして、Aryaも望めばそのFaceless Manの一人だと言います。
”私は何も望んでいない。”と答えるAryaに、Jaquenは毒の入った小瓶を渡します。
そう、誰かを殺すのを手伝うんですね。

今回の依頼は、”Lady Crane(レイディ・クレイン)という女優の女性だ。”と言います。
そして、これは二度目のチャンスで、最後のチャンスです。


 

Lady Craneという女優のいる舞台にきます。
客に紛れ込むArya。
舞台のストーリーはRobert Baratheonの死から始まり、Aryaの父Ned Starkの処刑、そのそばにいたSansa・・・TyrionがTywinを殺した時のことをコメディーとして舞台にしているようですね。

初めは笑って見ていたAryaも、父親の処刑のシーンを見せられて、周りが笑っているのを見て、だんだんと表情が曇って行きます。

バックステージに入ってきたAryaは、Lady Craneを見つけます。

どうやらラム酒を飲むのはLady Craneだけみたいです。

House of Black and Whiteに戻り、そのことをJaquenに伝え、ラム酒に毒を盛ると報告するArya。
彼女はいい人そうに見えるけれど、誰が殺したいと言っているんだと聞くAryaですが、”Many Face God( メニー・フェイス・ゴッド)に使えるのであれば質問はするな。”と言われます。


White Walkerの始まり

一方Three Eyed Raven(スリー・アイド・レイヴィン)の元で修行をしているBran。

ヴィジョンの中でHeart tree(ハート・ツリー)の元にやってきた2人。

この木を中心としたスパイラル。
どこかで見覚えがありませんか?・・・

そう、White Walkerたちが人や馬を殺した時にこういうスパイラルな模様にしていましたね。
まだ意味を説明するのは先になりそうですが、覚えておくと面白いかもしれません。

木の下で何かを話しているのは、Children of the Forest(チルドレン・オブ・ザ・フォレスト)たちです。
Leaf(リーフ)もいます。

そして・・・
Leafが手に持っているのは、Dragonglass(ドラゴングラスです。)

その先にいるのは・・

人間の男です!!!

そしてLeaf(リーフ)は、その男の心臓にDragonglassを刺します。

すると!!!!

男の目が青くなって行きます!!!

そう、これこそが・・・White Walkerの始まりなのです。


ここで目の覚めるBran。Branを助けてくれたChildren of the ForestのLeafに”お前がWhite Walkerを作ったのか!?”と問いかけます。

Leafは”First Men(ファーストメン/最初の人間)との戦争の最中で、仲間たちは殺され、森も破壊されて、自分たちを守るために仕方なかったんだ。”と言います。
”Branは、誰から守らなければいけなかったんだ?”と聞くと、”From You”と返すLeaf。
ここにも見解があるのですが、”You”というのは複数形で”あなたたち人間から”という意味でも取れますが、単純に”あなた”とも取れます。そう、”Bran”からとも取れるのです。
まだ実際なぜこの男がWhite Walkerにされたのかは謎ですが、興味深い見解ですよね・・・


Iron Island(アイアン・アイランド)

Iron Island(アイアン・アイランド)では、Theonの父親であるBalon(ベオロン)が死んだことこで新しい王を選ぶ儀式が行われています。

王に立候補するYara。

一度も女がQueenの座に就いたことはないという人もいますが、今までYaraが父親のすぐそばで勇敢に戦ってきました。

TheonがBalonの最後の息子なのだからTheonが戻った以上彼が正当な後継者ではないのかという者が出てきます。ですがTheonは、”彼女が一番House Greyjoyに貢献してきた。彼女こそがクイーンだ。”と言い、他のIron Born(アイアン・ボーン)たちもそれを認めます!!!

ですが・・・

そこにやってきたのはEuron Greyjoy(ユーロン・グレイジョイ)です!!
Balonの弟です。Balonを殺した人物でもあります。
そして自分こそが後継者にふさわしいと言って名乗り出ます。

Theonは男の部分も失って、姉の方がよっぽど男っぽいなと笑います。
助けが必要であった時も、Euronは旅をしていてこの場にいなかった。危機を救ってきたのはYaraだと言い返すTheon。
さらにEuronはBalonを殺したことを認めます。

そして、自分はDaenerys Targaryenと結婚して、House GreyjoyがSeven Kingdomを統制すると言います。そして、他の男たちはEuronを王として認めます!!!

そして、儀式を行います。
そう、海に行ったん溺れて自力で息を吹き替えせるかという儀式ですね。

一方Euronが王になってはYaraとTheonは殺されるでしょう。
なので今のうちに逃げる2人と彼らにつくIron Bornたち。

溺れたEuronを岸に引き上げ、ひたすら待つIron Bornたち。

そして・・・

Euronは、水を吹き出し、息を吹き返します!!!

そう・・・

新しい王の誕生です。

そして、”YaraとTheonを殺しに行くぞ!”と言います。
との時にはもう2人は船を持って逃げています。

逃げた2人を見て、男達に船を作れと命令します。


DaenerysとJorah

DaenerysはJorahに、”2回も追放して、2回とも帰ってきた。そして私の命を救ってくれた。”とJorahをどうすべきか悩んでいる様子。

ですが、JorahはDaenerysにGreyscaleを見せ、”自分を追放すべきだ。”と言います。

進行が進めば、Stoneman(ストーンマン)となって、自我も失い、人を襲うようになってしまうからです。さらには治療法は知られていないため、治せるかどうかもわかりません。

それを見て悲しそうなDaenerys。

そして、Daenerysに”愛している。”と伝える去るJorah。

ですがDaenerysは、”Queenから勝手に去るなんてできないわ。治療法を見つけて直し、私の元に必ず戻ってくることを命令する。私がSeven Kingdomを手に入れた時にあなたが私の隣に必要なの。”と言います。

Jorahもそれを約束して、Dothrakiを従えてMeereenに戻るDaenerysの元を去ります。


Kinvara(キンヴァーラ)

一方TyrionがDaenerysの代わりに統制しているMeereen(マリーン)。

TyrionはDaenerys不在で不安や疑問を抱くMeereenの者たちが増えて行くと、他のSlaver’s Bay(スレイバーズ・ベイ)のマスターたちがそれをいいことにMeereenを統制しようと乗り込んでくるのではないかと心配しています。
そのためにも、よそ者のTyrionやVaryがすることは、すべてDaenerysの意思によって決められたことなのだと民衆に理解してもらう必要があります。

そのためにTyrionが用意したのは、Volantis(ヴォランティス)のプリースト、Kinvara(キンヴァーラ)です。Kinvaraは”Daenerysこそが女王になるべき人物なので、自分を説得する必要はない。”と話します。

そして、”他の教祖たちにも協力してもらい、Daenerysこそが自分たちを救ってくれる存在だといいうことを民衆たちに広める。”いいます。

一方、幼少期の経験もあり(以前の記事で説明有り)、黒魔術を怪しいと思っているのはVarys。
Kinvaraに”あなたと同じようなプリーストがStannis Baratheon(スタナス・バラシアン)こそが約束された真の王だといっていたが、彼はWinterfellで死んだと聞いたよ。”(Melisandreのことですね。)とこの宗教が信用できるものなのかと疑いの目を向けるVarys。

ですが、Kinvaraは”全ての人たちにはそれぞれの役目があって、最悪な出来事も、理由があって起こるの。あなたの幼少期に起こったことは気の毒だったわね。”と会ったことのないVarysの過去も知っている様子。これには驚いた様子のVarys。
”でもそれが起こらなかったらあなたはここにいないのよ。あの日、あなたの淫部を魔術師が炎の中に入れて時、火の中から聞こえてきた声を覚えてる?”と聞きます。

”火の中から聞こえた声が、なんて言ったかもう一度聞きたい?私もあなたも同じQueenに仕える者。もしあなたが本当にDaenerysの味方なのであれば、何も私を恐れることはないわ。”と言います。

何も言えないVarysを残してさって行くKinvara。


後半

White Walkerのマーク

一方、洞窟の中で眠れないBran。
先ほど見たヴィジョンが気になるみたいですね。

みんな寝ています。
石を投げて見ても起きないThree eyed Ravenの腕を掴み、一人でヴィジョンの中に入ってしまいます。

White Walkerが生まれた、heart Treeの周りを歩くBran。
今回は雪で覆われています。

後ろを振り向くと、そこにいたのは大量のWights達です!!!

Branのことはあっちからは見えないので、Wights達の真ん中を歩くBran。

そして、Wights達の中心にはWhite Walkerの姿があります。

すると!!!!

Branのいる方向に目を向けるWhite Walker!!!

後ろを向いていたWights達もBranのの方を向いています!!!!

後ろを振り返ったBran!!そこすぐ後ろには・・・

White Walkerが!!!

そしてなんと!!

Branの腕を掴みます!!!


叫び声をあげて、現実に戻ってくるBran。

Three Eyed Ravenは、”触れられたな。”と言います。
そして、”これでBranがどこにいるかがバレた。”と言います。
”洞窟には入れないはずだろ?”と聞くBranに、”お前にマークをつけた以上、スペルが壊れて入れるようになった。”と言います。
”今すぐここから逃げろ!”と言います。

そして、”準備はできていないが、お前がThree Eyed Ravenになる時が来てしまった。”と言います。


JonとSansa

WinterfellをRamseyから取り戻すために作戦を立てているJonとSansa、Tormund、Davos。

House Karstark(ハウス・カースターク)とHouse Umber(ハウス・アンバー)はすでにHouse Bolton(ハウス・ボルトン)の味方になっています。
ですが、Sansaはそのほかにも以前House Starkに忠誠を誓っていた味方の家系がまだ残っているかもしれないといい、その人達に協力してもらえれば戦える可能性はあると提案します。さらに、Brynden Tully(ブリンデン・ターリー)もRiverrun(リバーラン)を取り戻したので、そこからも協力が得られるだろうと言います。

Jonは、”なんでそんなことを知っているんだ?”と疑問に思っていますが、Sansaは”RamseyがRavenの知らせを受け取っているのを見た。”と嘘をつきます。そ本当は内緒できた、Littlefingerから聞いた情報です。BrienneはSansaの嘘に気づきつつも、何も言いません。

BrienneにSansaが、Bryndenに協力をするように頼みに行って欲しいと頼みます。
BrienneはSansaをそばで守ると約束したと心配しますが、SansaはJonがいるから大丈夫だと言います。

ですが、”それならどうしてJonに嘘をついたんだ?とSansaに聞くBrienne。
BryndenがRiverrunを取り戻したという情報の元についてですね・・・
Sansaは何も言いません。

北の家々に協力を求めるためにCastle Blackを離れるJon達。

Sansaは手作りの毛皮のクラークをJonにプレゼントします。
そこにはHouse Starkのセジルであるwolf(ウルフ)のマークが入っています。House StarkとしてSansaもJonを受け入れようとしているんですね。
”父が昔着ていたクラークを思い出して作ったの。”と言います。

TormundはBrienneのことが気になって仕方ないようですね。笑

Castle Blackを去るJonを見送る、新しいLord Commanderで親友のEdd。

Jon達を見送り、ゲートを閉じます。


 

Branを洞窟から逃がすために準備をするMeera(ミーラ)とHodor(ホードー)。

Meeraが何かに気づき外を見ると・・・

そこにはすでに大量のWights達とWhite Walkerが!!!

Children of the Forest達が洞窟の入り口を守る間に、Branを起こして逃げようとするMeera。

一方Three eyed Ravenとともにヴィジョンの中にいるBran。
Winterfellにいます。

これは、Ned Starkの父親であったRickard Starl(リカード・スターク)が、Nedをward(ワード/養子として他の家の人に育ててもらう制度。TheonもNed Starkのwardでしたね。)としてVale(ヴェイル)にいるJon Arryaの元に送り出すシーンです。

一方現実の方では、火も物ともせず近づいてくるWhite Walker達。
洞窟の中に入って行きます!!!

Wights達も地面を掘って上から木の根っこに侵入してきます!!!
意識のないBranを慌てて起こそうとするMeera。
Hodorは慌てたまま何もできません。

BranのDirewolf、Summer(サマー)も戦いなんとかBranを守るみんな。
すると、Meeraの”Bran起きて!!!Hodorが必要なの!!”という声がヴィジョンの中で聞こえます!!!
※Branのwarg(ウォーグ)でないとHodorをコントロールできないため。

Branはヴィジョンの中でMeeraの声をきき、ヴィジョンの中の子供の頃のHodor/Wylis(ウィリス/Hodorの本当の名前)を集中して見つめます。

そして、Hodorをヴィションの中から操るBran!

MeeraはWhite Walkerの一人をDragonglassの槍で仕留めます!!!
洞窟の出口にBranを引っ張って進むHodor!!!

追って来る大量のWightsたち!
すると、Summerが体を張ってWights達を止めます・・泣
Summerはこれで死んでしまいます・・・

洞窟の中に入って着たWhite WalkerはThree Eyed Ravenの前に立ちます・・・

ヴィジョンの中でこれから起きることを悟ったThree Eyed Ravenは”時間だ。私を信じてくれ。”というと・・

White WalkerがThree Eyed Ravenを殺し、ヴィジョンからもThree Eyed Ravenが消えてしまいます。

逃げるBranたち!!

迫ってくるWightsに、今度はLeafが立ち止まり、自分の持っていたファイヤーボールを発火させて自分を犠牲にします・・・

出口のドアをなんとか開けるHodor!!!

そしてBranとMeeraを外に出します。
そのままWightsが押してくるドアを必死に抑えるHodor。

MeeraがBranを引きずりながらHodorに向かって、

”Hold the Door!!!(ホールド・ザ・ドア/ドアを抑えろ!)”と叫びます!!!

その声をヴィジョンの中で聴くBran。

子供の頃のHodorであるWylisを見つめます。

Branを見つめ返すWylis。
そして、Wylisの目は白く変わり、痙攣して、そのまま倒れてしまいます。

Wylisの元に母親が駆け寄って着て、”大丈夫?”と心配しています。
そして、痙攣したWylisはMeeraが今まさに叫んでいる”Hold the Door!!!(ホールド・ザ・ドア/ドアを抑えろ!)”と叫びはじめます!!!

Wights達が襲ってくる中、ドアを押さ続けるHodor!!!

BranはここでどうしてHodorが”Hodor”になったのかを知るわけです。。。

そう・・・

Wylisが叫ぶ”Hold the Door!!!(ホールド・ザ・ドア!)”はだんだんと・・・

”Hold the door”(ホールド ザ ドア)

“Hold door”(ホール ドア)

“Holdoor”(ホールドーア)

“Hordor”(ホードー)

“Hodor”(ホードー)

“Hodor”(ホードー)

そう、こうしてWylisはHodorとなったのです。
こうしてHodorは”Hodor”しか喋れなくなり、他の人たちからもHodorと呼ばれるようになりました。

今の今まで、彼の人生は、Branをこの時に救うためにあったのです。

Branを助けて死ぬことこそが、Hodor/Wylisの運命だったんですね。

なんとも衝撃的で、感動する衝撃的なエピソードでした。

そして、LeafがMeeraに言っていたように、洞窟から逃げるのにはMeeraの助けが必要だったんですね。

このエピソードも超有名なエピソードで、Hodorの”Hold the Door”ドアホルダーなんかも販売されるほどなんですよ。笑

さて、”まだ準備はできていない”けれども選択肢のないBranはThree eyed Ravenとなりますね。
Three eyed RavenとしてのBranの使命はなんなんでしょうか。
そして、White Walkerはなぜ、Branを探したかったんでしょうか・・・

これからのストーリーにも大注目ですね!

それではまた次回!