|シーズン5 エピソード10|世界一わかりやすい『ゲームオブスローンズ』解説|ネタバレ注意|

こんにちは、Nomadamです。

ゲームオブスローンズ解説です。バックストーリーや小さな気づきなど、他じゃ聴けないGOT解説です。 今まで解説を見てくださっている方、いつも有難うございます!
初めての方、ものすごく細かいところまで解説しています。

Season1 Episode1の解説から見ていかないと、わからない言葉や人物、出来事が出てくるかもしれませんので、Season1 Episode1から解説を見ることをお勧めします。

 

それでは、Season5 Episode10についてちょーわかりやすく解説していきます。 まだエピソードを見ていない方は見ないことをお勧めします。

ちなみに、【Hulu】今なら2週間無料トライアル実施中 ゲームオブスローンズ見放題です!

 

 

!!! Spoiler Alert !!!

 

 


前半

題名 Mother’s Mercy”(母の慈悲)

さて、いよいよSeason5の最終回です。

Melisandre(マレサンドラ)のは溶け出したつららを見て笑顔を見せます。

Stannisのテントに入って来て、”生贄のおかげで、雪が溶けて、道を進めるようになったでしょ。”と言います。が、自分の娘を犠牲にしたStannis。
Winterfellに向かうという他に言葉をあまり発しません。

外に出たStannis。
Stannisが娘Shireenを生贄にしたことで、Stannisのモラルを疑った兵士たち全体の半数がStannisについていくことをやめ、去っていったと報告が入ります。

これは予想外のMelisandre。
不安そうな顔を見せます。

さらには・・・

娘を死に追いやった自分に責任を感じた妻Selyseは首をつって自殺してしまいます。

さらには!!!

それを受けて、さっきまでいたMelisandreも基地から逃げたと報告が入ります。
娘も、妻も、唯一の味方であったMelisandreも失ったStannis。それでもなお、後戻りはしないと決めた様子。Winterfellに向かうと言います。


SamとJon

Castle Black(キャッスル・ブラック)ではJonがHardhome(ハードホーム)で見たことをSamに話します。White Walkerの軍隊です。

あまりのWightsの多さに圧倒されたJon。
今あるDragonglass(ドラゴングラス)とValyrian steel(ヴァレリアン・スティール)では足りないと言います。

Samは、Jonに何か物言いたげです。
そして、”自分をAemonの代わりに、Night’s WatchのMaester(マエスター)になるために、Oldtown(オールドタウン)に送ってくれないか?”と持ちかけます。
JonはSamが必要だと言いますが、戦えないSamができることを彼なりに考えたんです。

OldtownのCitadel(シティデル)にはMaesterになるための修行もできるし、世界一大きな図書室があります。そこで、White Walkerとの戦いで何か役に立つことがわかるかもしれないと言います。
それに、Gillyと赤ん坊もここにいては死んでしまいます。

”Citadelでは女と一緒になることもできるな!”と冗談を言うJonに、”もうそれには遅すぎる。”とGillyとベッドを共にしたことを言います!久しぶりに笑い合う2人。
そして、Jonは、SamがCitadelに行くことを承諾します。

翌日Castle Blackを出発するGillyとSam。

これでJonの友達がまたひとり・・・
Castle Blackからいなくなります・・・


無謀な戦い

Stannisは馬も、兵士もなくし無謀な戦いをしにWinterfellに向かいます。
残った兵士たちも咳き込んでいます。


SansaのSOS

WinterfellではHouse BoltonがStannisとの戦いに向けて着々と準備を進めます。

Sansaは盗んだ工具で部屋のドアの鍵を開けます。
フードをかぶりわからないようにWinterfellから逃げようと、塔にキャンドルを照らしに向かいます。

Podrick(ポドリック)は、Stannisの兵が近づいているのをBrienne(ブリエン)に伝えます!!!
Brienneはずーっと待っていたSansaからのろうそくの合図を見張るか、RenlyのリベンジのためにStannisと戦いに行くかの選択を迫られます。

一方覚悟を決めたSansaは・・・ろうそくを照らしに塔に向かいます!!!!

リベンジを決めたBrienneとPodrickは、この最悪のタイミングで塔を離れ、Stannisを探しにいきます!!
塔からろうそくの火を灯すSansa・・・

ですがそれをBrienneとPodrickは見逃します・・・・


House Bolton vs Stannis

House boltonの兵がStannisの方に向かって来ます。

数的にも全く敵わなそうなStannisたち。

ですがここまで来たらたたかうしかありません。


リベンジ

予想通り、Stannisの軍は大敗・・・

なんとか生き残ったStannis。
ですがかなり負傷しています。
そこにやって来たのは・・・そう、Brienneです。

”お前の顔をした影がRenlyを殺したのを見た。”と言いますそして、”Renlyのためにリベンジをする。”といいます。“すべきことをしろ”とStannisも言い、BrienneがStannisにとどめをさします。


Theonの決意

Winterfellでは部屋から逃げ出したSansaをMyranda(ミランダ)とTheon(シオン)が見つけます。

Theonも、Myrandaと一緒に部屋に戻れと言いますが、Sansaは”Ramseyに洗脳されるよりも死んだ方がマシよ。”と言います。

矢を向けるMyranda。
すると、Sansaを守るためにTheonがMyrandaを突き落とします。

その時、Ramseyが戦から戻って来ます。

逃げるしかない2人。
TheonはSansaの手を引いて、壁から雪の地面に飛び込みます!!!


リベンジとその影響

Braavosでは、娼婦の館に来ているMeryn(メリン)が3人の娼婦の少女たちを棒で叩いています。
変な性癖のようですね・・・

一人だけ、いくら叩いても叫ばない女の子がいます。

その子を選び、殴ります。

・・・ですが女の子はまた立ち上がります。
顔を上げると、そう・・・Aryaです!!!

Aryaが井戸の水を飲ませてあげて殺した女の子の顔を使っています。

そして、Merynを滅多刺しにします。

そして”私はArya Starkだ。”と言いとどめを刺します。

House of Black and Whiteに戻って来たArya。

このために盗んだ顔のマスクを戻すと、そこにはJaquen(ジャックエン)とWaif(ワイフ)がいます。

Waifは、”ほらね彼女は準備ができていないって言ったでしょ。”と言います。

Jaquenは”Many face godに嘘をついたら、死でしか償えない。”といい、なんとAryaに毒を飲ませるかと思ったら・・

Jaquenが自ら毒を飲みます。
その場に倒れるJaquenに泣きつくArya。

ですが、後ろから、”なんで泣いているんだ?彼はNo Oneだといったはずだ。”と言って後ろを振り向くとJaquenが立っています。

倒れた男の顔のマスクを取っていくArya、とってもとっても別の顔が出て来ます。
そして、最後にはAryaの顔が!!!

その顔を見たAryaは・・

どんどんと目が見えなくなっていきます。

そして目が白くなり、全く目が見えなくなるArya!!!


後半

父と娘

DorneではJamieがMyrcella(マセラ)とTrystane(トリステイン)を連れてDorneを離れようとしています。

急に優しくなったEllariaは、Myrcellaに”あなたの幸せを願っているわ。”と言って、キスをします。

船の中でLannisterのネックレスをつけるMyrcella。

そして、Jamieは”愛することは選択できないことなんだ。”と言います。
(遠回しにCerseiとのことを認めているんです。ということはMyrcellaはJamieの娘。ただの甥っ子以上に愛情があると伝えたかったんですね。)
Myrcellaは、あなたが私の父親だと知っていると言います。

そして、”あなたが自分の父親で幸せよ。”と言います。Myrcellaを抱きしめるJamie。
初めて娘に、父親として認められたJamie。

そんな幸せが一瞬にして終わってしまうのです・・・
何か様子がおかしくなるMyrcella。

鼻から血が止まらなくなり・・・

倒れてしまいます・・

船を見送るEllariaの鼻にも鼻血が。
あのキスにはEllariaの唇に毒が塗ってあったんですね。

Ellariaは解毒剤を飲みます。


Queenの不在

MeereenでDaenerysの帰りを待つ、Jorah、Daario、Tyrion。
Drogonに乗って去ってから戻ってきていないようですね。

TyrionはDaarioとJorahに、”2人でDanerysを愛しているなんて、無謀だな。”と言います。

少し復活したGrey WormがMissandeiと一緒に部屋に入って来ます。

DaarioとJorahはDaenerysを探しに行こうとしています。
一緒に行くというTyrionに、”お前は戦えないが、MeereenにいてMeereenをDaenerysの代わりに統制するように。”といいます。

DaarioはUnsullied(アンソリッド)のリーダーであるGrey WormとDaenerysが一番信用しているMissandei(ミサンデイ)、そしてアドバイサーであるTyrionをMeereenに残し、Daenerysのいない間にMeereenを守るようにいいます。

DaarioとJorahはDaenerysを探しにいきます。

Tyrionが2人を見送ると、そこに来たのはVarys(ヴァリス)です!
スパイたちの情報を頼りにTyrionを探して来たようですね。


Dothraki

一方Drogonに乗ったはいいが、帰ろうとしないDrogon(ドロゴン)。

傷を負い、疲れたのかDaenerysを背中に乗せようとしません。

そして、眠ってしまいます。

食べ物も何もないDaenerysは周辺を歩いて見ます。
野原を歩いていると・・・

遠くから何やら馬に乗った人がやって来ます。
そう、Dothraki(ドスラキ)です!!!

誰かに見つけてもらおうと、指輪を落とします。

そして、DanyはDothrakiの大群にかこまれてしまいます。


”Shame!(シェイム/恥)”

牢屋で怯えるCersei。

Unella(ユネラ)がいつものように”自白しろ”といいます。

ついに耐えきれなくなったCersei。
High Sparrowの前に出て、Lancelとの体の関係を自白します。

ですが、Jamieとの関係は認めません。
子供達のためにもJamieとのことは絶対に認めません。
Tommenにどうしても合わせて欲しいといいます。ですがHigh Sparrowは、”まだ認めていない罪を償う必要がある。それが終わればTommenのいるRed Keepに戻ってもいい。”と認めます。

裸にされて体を洗われるCersei。

さらには、髪をバサバサと切られます。

Great Sept of Baelor(グレイ・セプト・オブ・ベイラー)の前に立たされるCersei。
そう、High Septon(ハイ・セプトン)がやらされたのと同じ、罪の償い方、Walk of Atonement(ウォークオブアトーメント)です。あの裸で歩かされるやつですね。

 

民衆の前で服を脱がされるCersei。

後ろからはUnellaが”Shame!(シェイム/恥)”とひたすら言い続けて、裸足で歩かされます。

待ち人からジロジロ見られ、罵倒を浴びせられ、物を投げつけられながら歩くCersei。
永遠とそれが続きます。

崩れそうになるCerseiですが、TommenのいるRed Keep(レッドキープ)だけを見つめて先に進みます。

”Shame!(シェイム/恥)”

”Shame!(シェイム/恥)”

”Shame!(シェイム/恥)”と言われ続けて・・・

そしてようやくRed Keepに到着します。

泣きながら倒れこむCerseiをQyburn(カイバン)が布で覆います。
Pycelleや他の者たちは、少なくとも”ざまあみろ”といった感じでCerseiを見ていますが、QyburnだけはCerseiの忠誠心を見せますね。

そしてQyburnがCerseiのために用意したのは・・・

化け物化したGregor Glegane(グレゴー・クレゲイン)です。
Cerseiを持ち上げ、部屋に連れていきます。

Cerseiの復讐が始まりそうです・・・


Melisandre

Castle Blackに到着したDavosは、JonにStannisへの応援を送るように頼みます。
Wildlingsでもいいから送って欲しいというDavosですが、Night’s Watchにも、White Walkerとの戦いで人が必要です。

そこにやって来たのは・・・
Melisandreです。

そして、Shireenも、Stannisも死んだことをDavosとJonが悟ります。
※もちろんShireenを生贄にしたことはDavosから隠しています。


”Traitor(トレイター/裏切り者)”

Jonが部屋でメッセージを読んでいると、Ollyが入って来ます。

そして、Wildlingsの一人がJonの叔父、Ned Starkの弟であるBenjin Stark(ベンジン・スターク)についての情報があるらしいといいます!!!

急いでOllyと一緒に下に降りると、Alliser(アリサー)がいます。
Night’s Watchたちの真ん中に入るJon。

真ん中にあったのは・・・

”Traitor(トレイター/裏切り者)”と書かれた板です・・・・

そして!!!

”For the watch”(Night’s Watchのために)と言って、AlliserがJonを刺します。

次々にNight’s Watchたちに刺されるJon。
倒れこむJon。

とどめを刺したのは・・・・

Ollyです。
“頼む・・”というJonの心臓を刺して、トドメをさします。

倒れるJonを残して去って行くNight’s Watchたち。

雪の中で仲間に殺され、一人死んで行くJon。。。

OMG!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

なエピソードでしたね。。。。ショックすぎるJonの死。
今までで最もショッキングなシーンの一つです・・・涙

また次回

Related posts

Leave a Comment

CAPTCHA