|シーズン5 エピソード9|世界一わかりやすい『ゲームオブスローンズ』解説|ネタバレ注意|

こんにちは、Nomadamです。

ゲームオブスローンズ解説です。バックストーリーや小さな気づきなど、他じゃ聴けないGOT解説です。 今まで解説を見てくださっている方、いつも有難うございます!
初めての方、ものすごく細かいところまで解説しています。Season1 Episode1の解説から見ていかないと、わからない言葉や人物、出来事が出てくるかもしれませんので、Season1 Episode1から解説を見ることをお勧めします。

 

それでは、Season5 Episode9についてちょーわかりやすく解説していきます。

まだエピソードを見ていない方は見ないことをお勧めします。

ちなみに、【Hulu】今なら2週間無料トライアル実施中 ゲームオブスローンズ見放題です!

 

 

!!! Spoiler Alert !!!

 

 


 

Stannis Baratheon(スタナス・バラシアン)の基地のシーンから始まります。

何かに気づく・・・Melisandre(マレサンドラ)。
外に出ると・・・基地が炎に包まれます!!!

火は鎮火したみたいですが、食料の倉庫は焼かれ、武器も壊されて、馬も奪われたみたいですね。
こんなんでは戦いどころではありません。
Davosは、”Castle Blackに戻るべきだ。”とアドバイスしますが、それでもStannisは、”Castle Blackには戻らない。”と言います。

どうなってしまうのでしょうか・・・


帰還

Wildlignsたちとともに、The Wallに戻って来たJon。

Alliserが門の上に立って見下ろします。
”開けてくれなかったら・・・”と少し心配するJonですが、なんとか門を開けてくれます。

門を通るWildlingsたち。

その姿を睨みつけるNight’s watchたち。
巨人の姿にはみんなビックリですね。Ollyは未だにJonの決断をよく思っていな様子。

”お前の優しさが、みんなを殺すことになる。”とAlliserが言います。


StannisとMelisandreの作戦

Stannisは、Davosのアドバイスも受けて、Castle Blackに向かい、Night’s Watchたちに兵士と食料を求めるようにDavosに命令します。

そんなことは誰でもできることなので、Hand of the Kingと任命されたDavosはこの場から離れるわけにはいかない。と言いますが、StannisはLord Commanderを説得できるのはDavosの立場の人だけだと言います。

これから戦いになるので、Shireen(シュリーン)とSelyse(セリース)も一緒にCastle Blackに連れていくというDavosですが、Stannisはそれを反対します。


Shireenとのお別れ

DavosはShrieeenのテントを訪れます。
”The Dance of Dragon(ザ・ダンス・オブ・ドラゴン)”という本を読んでいるShireen。

Davosは、ShireenにHouse Baratheonのシンボルである雄鹿の木彫りをプレゼントします。

Davosは、”自分の息子であったMatthos(マソス)はDavosに文字を読めるように練習しろと言っていた。だが俺はそれを頑なに断っていた。”と言います。
”死んだMatthosの願いを叶えてくれたお礼としてのプレゼントだ。”と言います。
そして、Castle Blackに向かうためにお別れを言います。


DorneからKing’s Landingへ

Dorneで捕らえられたJamie。

Doran(ドーラン)、Ellaria(エラリア)、Myrcella(マセラ)、Trystane(トリステイン)のいる前に連れてこられます。

”なぜ自分に何も言わずに侵入しようとしたんだ?”と聞くDoran。

”Myrcellaのネックレスが入った脅迫のようなメッセージを受け取ったから自分の姪っ子が無事かどうか確かめに来た。”と言います。

DoranはJamieに罰を与えることは考えていないようですね。
とにかく平和を保ちたいというDoran。
その決断には納得のいっていない様子のEllaria。

そしてTommenの命令に逆らうことはできないと言い、Trystaneも一緒に連れて行って、婚約を続けることを条件にMyrcellaをKing’s Landingに連れていくことを許可します。
Jamieは、TrystaneのSmall Councilでのポジションも約束します。

Bronnはあることと引き換えに解放する・・・
と言います。

目の前で殴られることです。
ガードの男にただただ殴られます。


Aryaの殺しリスト

Braavosの街で、Lalaとして牡蠣を売り歩くArya。
いつものように賭博をしている男の前を通り過ぎようとすると、いつものように牡蠣を買おうとしている男。そこで、Aryaは毒を盛ろうとします。

ですが、近くの港に降り着いたのは・・・

Mace Tyrell(マイス・タイレル)と、Meryn Trant(メリン・トラント)です!!!
そうAryaの殺しリストに名が入っている男です!!!
彼はAryaのDanceing Master(ダンシングマスター)、剣の先生をしてくれていた男を殺したやつです。

賭博の男に毒を盛る目的を忘れて、Merynに目を奪われてしまうArya。

MaceはCerseiの命令でIron Bankに借金のことを話しに来たんでしたね。

Aryaはミッションを忘れ、Merynについていきます。

娼婦のいる場所に入っていくMeryn。
Aryaは牡蠣をうるふりをして入っていきます。

奥の個室で娼婦を選ぶMerynを見つけます。

オーナーが用意した娼婦全てを”歳を取りすぎだ!”と断ります。
Aryaが他の兵士の男に見つかり、牡蠣を売れと言われ、中に入ります。
Aryaを見たMerynは見覚えのある顔だ。といった感じでじっと見ます・・・
少し焦り始めるArya。ですがMerynが思い出す前に、娼婦の女にAryaは追い出されます。

賭博をしている男はJaquenに明日殺すと報告します。


Ellariaの思い

勝手な動きをしたEllariaに、”自分のルールに従うか、従わないなら殺す。”と言うDoran。

EllariaはDoranの手にキスをして忠誠を誓います。
Doranは、”3回目のチャンスはないと思え。”と言います。


そのあとJamieの部屋を訪れるEllaria。
King’s Landingへの手紙を書いています。

MyrcellaもJamieもOberynの死については無実よね。と自分のしたことを誤って、心が入れ替わったかのように、出ていきます。


後半

Princess Shireen of House Baratheon(プリンセス・シュリーン・オブ・ハウス・バラシアン)

ShireenがDavosからもらった雄鹿の木彫りで遊んでいます。
するとStannisが入って来ます。

ShireenはRhaenyra Targaryen(レニラ・タイゲリアン)と弟のAegon Targaryen(エイゴン・タイゲリアン)の戦いについての本を読んでいたみたいですね。

これはIron Throne(アイアンスローン)にどちらが座るかで起こった兄弟同士の戦いでした。血の繋がった同士が殺し合い、ドラゴン同士が殺し合い、それはHouse Targaryenにとって大きな衝撃と被害を生むこととなった戦いです。

Stannisが、”お前だったらRhaenyraかAegonどちらをKingに選んだ?”とShrieenに聞くと、Shireenは”どちらも選ばなかった。サイドを選ぼうとしたことが、そもそもの戦いの原因なんだから。”と言います。(大人ですね・・)

Stannisは、”男としてどうしても選択を迫られることがあるんだ。”と続けます。

その選択が何かを聞く前に、”自分はPrincess Shireen of House Baratheon(プリンセス・シュリーン・オブ・ハウス・バラシアン)で娘だから、お父さんを助けたいの。”と言います。

StannisはShireenを抱きしめて、”許してくれ。”と言います。

テントから出て来たShrieenとStannis。
兵士たちが周りにいっぱいいます。

そして、真ん中には柱とMelisandreが立っています・・・・
そう、Shireenを生贄にしようとしているのです!!!
”お父さん!!!”と叫ぶShrieenを柱にくくりつけます。

”お父さん!!やめさせて!!”と助けを求めるShrieen。
ですが、StannisもSelyseも止めようとしません。

”お母さん!!!お願い!!!”という叫ぶ声に耐えきれなくなったSelyseが慌てて柱の方に走ります。

が、兵士たちに止められます。

Shireenの叫び声が周りに響きます。
目をそらすStannis・・・

最低ですね。


Fighting pits

Meereenでは、Queenの前でFighting pitsが行われます。
盛り上がる会場。

そこに戦う者たちが入って来ます。

互いに”自分はQueenのために戦い、Queenのためなら死ぬことができる。”と自分の意思で戦っていることを宣言し、Daenerysが手を叩くと同時に戦いを始めます。

そこには・・・
またもやJorahの姿が・・・

戦いを始めるのをためらうDaenerysですが、やめるわけにはいきません。

息を呑んで見守るDaenerys。
JorahはDaenerysに自分の忠誠心を再度見せるべく戦います。
少しずつ数の減っていく兵士たち。

会場もヒートアップします。

最後に残ったJorahともうひとりの男。
そしてJorahがとどめをさします。

すると!!!
JorahがDaenerysに向かって槍を投げます!!!と思ったらその後ろにいた仮面を被ったSons of Harpy(サンズ・オブ・ハーピー)です!!!

それを機に会場中に現れるSons of Harpyたち!!!

町中の人々が殺されていきます。Loraqも殺されてしまいます!囲まれてしまうDaenerys。
DaenerysはJorahの手を取り、逃げます!!!

襲われそうになるMissandei(ミサンデイ)をTyrionがなんとか助けます。
手を取りDaenerysたちと逃げます。

JorahとDaarioがDaenerysを守りながら逃げようとしますが、大量のSons of Harpyに囲まれてしまいます。

Missandeiと手を繋ぎ、Danyは目をつぶります。

するとそこに現れたのは・・そう!!!

Drogon(ドゥロゴン)です。
Daenerysたちを囲うSons of Harpyたちを一気に焼いていきます。

刺された槍に苦しむDrogonにDanyが近づきます。

Daenerysが槍を抜くと威嚇してきますが、母親の存在に気づいたDrogon。

そして、DanyはDrogonの背中に乗ります。

その場から逃げるDaenerys!!!

Daenerysがドラゴンに乗る歴史的な瞬間ですね・・・

それを目の当たりにしたTyrion。

Related posts

Leave a Comment

CAPTCHA