【シーズン5 エピソード4】世界一わかりやすいゲームオブスローンズ解説!ネタバレ注意!

こんにちは、Nomadamです。

ゲームオブスローンズ解説です。
バックストーリーや小さな気づきなど、他じゃ聴けないGOT解説です。

今まで解説を見てくださっている方、いつも有難うございます!

それでは、Season5 Episode4についてちょーわかりやすく解説していきます。

まだエピソードを見ていない方は見ないことをお勧めします。

 

ちなみに、【Hulu】今なら2週間無料トライアル実施中 ゲームオブスローンズ見放題です!

 

 

 

!!! Spoiler Alert !!!

 

 



 前半

題名 Sons of Harpy”(サンズ・オブ・ハーピー)

 

Tyrionを誘拐したJorah。
一緒に船に乗せて、DaenerysのいるMeereenに向かいます。


Tarth

シーンは変わり、Myrcellaを取り戻しにDorneに向かうJamieとBronn。

Jamieは、船でBrienneが出身のTarth(タース)の島を通り過ぎます。
Brienneのことを思い出しているようですね。

BronnはJamieがTyrionを逃したことを知っているようです。
Jamieはそれなのに父親を殺したTyrionを、”次に会ったら殺す。”と怒っています。


Cerseiの作戦

Small Councilでは新しくMaster of Coin(マスター·オブ·コイン)となったMace Tyrell(マイス·タイレル)が、Tyrionと同じように、King’s LandingがIron Bankから大量の借金をしている事実に気づいたようです。が、ここはCerseiの思惑通り。
MaceはHouse Tyrellの資産でどうにかしようとしています。

そしてCerseiはIron Bankに敬意を払うために、Master of CoinであるMaceが直接Braavosに行って、借金の返済についての話をすべきだと言います。
”もちろんです。”というMaceですが、CerseiはMaceの身の危険を案じて、”King’s GuardであるMeryn(メリン)を一緒についれて行っていい。”と言います。

なぜKing’s Guard、名前の通り王を守る役目のMerynを、Maceにつけて行かせるのか・・・
何かCerseiの思惑がありそうですね。

残ったのはPycelleとQyburenとCerseiのみです。
Pycelleが、”Small Councillはどんどん小さくなっていく。”と言いますが、Cerseiは、”もっと小さくしないと”と言います・・・


 

High Sparrow(ハイ·スパロウ)を部屋に招いたCersei。
Cerseiの机の上にはLittlefingerからの返事とみられる手紙が置いてあります。

Cerseiは、地位の高さに関わらずHigh Septonを処罰した、High Sparrowを、何か彼女の作戦に使おうとしているようですね···

”罪を犯している人がお金持ちで名声のある人でも裁きを受けるのか?”と聞くCerseiに、”もちろんだ。”と答えるHigh Sparrow。


Sparrows(スパロウズ)

次のシーンではHigh Sparrowの信仰者たちである、Sparrows(スパロウズ)たちは街で違法に酒を作っている場所や、賭け事をして遊んでいる人たちの場所を次々と壊しに行きます。
Littlefingerの娼婦の館もその的です。

娼婦たちは出て行かせ、館を使っていた客にも罰を与えます。

Lancelも星のマークを額に掘られて、彼らの仲間となります。これはLancelが自分自身の罪や知っている罪を告白して罪を償うような儀式です。

Lancelは何を告白したのか・・・

次に彼らが向かったのは・・・・
そう!

Loras Tyrell(ロレス·タイレル)です。
ゲイであることは信仰の違反です。Lorasは捕らえられてしまいます。
LancelかCerseiがこのことを報告したんですね・・・

そう・・・これがCerseiの作戦だったのです。Lorasの罪を暴露することで、House TyrellのKing’s Landingでの立場が悪くなってしまいますね。

Lorasが捕まったことを知ったMargaeryがTommenを問い詰めます!!!が、Tommenは何も知りません。もちろん全てはCerseiの思惑です。
父親MaceをもBraavosに追いやることで、口出しもできなければ、House Lannisterに怒ってお金を出すのをやめられても困るためです。King’s GuardのMeryn(メリン)を一緒に連れて行かせたのも、このことについて情報を受け取るのを阻止するためでしょう。

さらにはHigh Sparrowの過激な信仰を利用して、Lorasを逮捕させます。

Margaeryは、Cerseiはあなたが私のものになって嫉妬しているのよ。と言い、私を愛していないの?と聞きます。

Tommenは彼女への愛を証明するため、すぐCerseiの元に、Lorasを解放するようにと言いに行きます。
ですが、Cerseiはこうなるとわかっていたかのように、”私は何も知らない。捕まえたのはHigh Sparrowだから彼に直接交渉しなさい。”と言います。
(おそらく王の命令であってもHigh Sparrowは絶対に解放しないと知っていたからでしょう。。。)

やはり・・・
王のTommenであっても、High Sparrowはお祈り中だと行って中に通してくれません。
あまりの威圧に引き下がってしまうTommen。

これはとんでもない人をKing’s Landingに入れてしまいましたね。


TommenとMargaery

Margaeryの元を訪れて、”お祈り中で入れなかった”と言います。
まだ子供のTommen。
MargaeryはTommenに冷たくあたり、”祖母に手紙を書かなきゃ。今は自分の家族と一緒にいたいの。”と言ってTommenを置いて部屋を出て行きます。


Shireen

Castle Blackでは、StannisとSelyseがJonを見つめながら話をしています。
Selyseは未だに”私じゃ息子ではなく弱い娘を産んでしまった。”とStannisに謝ります。だからShireenのことを隠すようにしてきたんですね。


You know nothing Jon Snow

JonはSamと共に、Night’s Watchに人を送ってもらえるようにそれぞれの北の家々に手紙を書きます。
最近のWildlingsの攻撃で、失ったNight’s watchの数を補わなければなりません。

そこにはRobbを殺しWinterfellを乗っ取ったBoltonへの手紙もあります。Jonはためらいますが、The Wallを守るにはもっと人が必要です。BoltonにもNight’s Watchへ人を送るように書きます。

Samが出て行こうとするとMelisanderが入ってきます。

本当の戦いは、家同士ではなくて、”生きるものと死よ。”と言い、Jonに一緒に南に来るように言います。

ガウンを脱いでJonに体を触らせます。そして、”あなたには力があるの。それを留めておかないで使わないと。”といい、Jonの膝に乗ります。

”あなたと私の力があれば、『光』を生み出すことができる。”と言い、Jonの服を脱がそうとしますが。Jonはまだ”彼女を愛しているんだ。”と言います。

部屋を出て行こうとするMelisandreが振り返り、”You know nothing Jon Snow(Jon Snowあなたは何も知らない)”と言います。
そう、Ygritte(イーグリット)がJonに言っていた言葉です!
そして彼女が死に際にも言っていた言葉ですね···

それに唖然として何も言えないJon。


父と娘

Stannisの元をShireenが訪れます。

Shireenが、”お父さんも私の存在が恥ずかしい?”と聞きます。

Stannisは、”赤ん坊の時にDorneの人からもらった人形を、お前にあげた時の嬉しそうな笑顔を今でも覚えている。”と言います。ですが、その人形はShireenにGreyscale(グレイ·スケール)を与えることになってしまったんです。

Stannis以外の人たちは皆、感染することを恐れて、殺すべきだと言いましたが、Stannisだけは世界中から娘の治療のためにいろんな医者や、セラピストを呼んで、なんとかShireenのGreyscaleが治るまで絶対に諦めなかったのです。”お前はHouse Baratheonのプリンセスで自分の娘だ。”と言って、Shireenを抱きしめます。


Lyanna Stark(リアナ・スターク)

SansaはWinterfellの地下にあるSansaの叔母であるLyannaの像の前にいます。

そこにやって来たLittlefinger。

Mad KingやNed、RobertがHarrenhalで行われたトーナメントで集まった時、当時Robert Baratheonとの結婚を約束してたLyannaもその場所にいたと話し始めます。

そこにMad Kingの長男であるRhaeger Targaryen(レイガー·タイゲリアン)が馬に乗って登場し、最後にBarristan(バリスタン)とのトーナメントで勝ちました。
ヘルメットを外すと彼のかっこよさに誰もが見とれていたと言います。
ですが彼は妻であったEllia Martell(エリア·マーテル)の前を通り過ぎて、Lyannaの元に来て青い薔薇でできた勝利の王冠をLyannaの膝に置いたんだと言います。
妻Elliaの表情からは笑顔が消え、周りの人たちも凍りついていたと言います。

このことがきっかけで、Robertの反乱が始まり、何千人もの人々が死ぬこととなったんですね···

SasnaはLittlefingerがコートを着ていることに気づき、”どこに行くの?”と聞きます。

LittlefingerはCerseiの命令でKing’s Landingに行くことをSansaに話します。
それにはびっくりのSansaですが、Littlefingerは、”Cerseiに怪まれないように行かなければ。と言います。
Littlefingerは、”Stannisがじきに、Winterfellを占領しに来て、House Boltonと戦いになるだろう。”と予想しています。さらには勝つのはStannisだろうと予想しているLittlefinger。
Stannisには北の人々からの信頼を得る力はないから、Sansaを味方につけてSansa支配者の位置に置くだろうと予想します。

Sansaにキスをして、”北はあなたのものになる。”と言います。
Littlefingerにも何か思惑がありそうですね。


後半

Dorne

Dorneに侵入したJamieとBronn。

Bronnは乗せてくれた船の船長が、Dorneの人に自分たちのことをちくらないかを心配しています。
Dorneの人々はLannisterの人々をを嫌っているためです。

すると案の定・・・

Dorneの兵4人が2人を見つけます!!!

Jamieの金の手も役立ち、なんとか2人は4人を倒します。


Sand Snakes(サンド·スネイクス)

Ellariaが向かった先には娘たちSand Snakes(サンド·スネイクス)たちがいます。
母Ellariaを迎えたのは一番下の娘Tyene(タイン)。Ellariaと唯一血の繋がった娘です。

長女のObara(オバラ)と次女のNymeria(ナイメリア)はOberynのBastardたちです。

Ellariaは”Doranは何もしないつもりだが、まだMyrcellaがいるからリベンジできる。”と言います。
Obaraが”問題がある。”と言います。
Nymeriaが樽を鞭で弾くと、そこにはJamieとBronnをDorneまで乗せてきた船のキャプテンが捕まっています!
彼はJamieとBronnの情報を話してしまったようですね···

EllariaはJamieがMyrcellaをKing’s Landingに連れて行こうとしていることがすぐわかったようです。
Lannisterの軍の数にはかなわないDorneの兵、Myrcellaがいなくなればリベンジできなくなってしまいます。

Sand Snakes(サンド·スネイクス)に”Dorneのルールに従って平和に過ごすか、私のやり方で戦争になるか、どうするか選べ。”と聞きます。
実の娘であるTyeneは迷うことなく、”母さんといつも一緒よ。”と言います。

Obaraは、Oberynと初めて会った時の話をします。
”彼は自分は父親だと言って現れ、母親から私を取り上げようとしに来た。Oberynは私に槍を与えて、槍(戦うこと)を取るか、母親と一緒に残るか選ばせた。”と言います。そしてObaraは槍を選びました。その日に自分の決意は決まっているんだといい、Oberynからもらった槍で、キャプテンの男の頭を貫き、Ellariaとともに戦うことを決めます。


JorahとTyrion

船の中で叫び続けるTyrionに嫌気がさしたJorahは、喋れるようにしてあげます。

”お前をQueenの元に届けるためにMeereenに向かっている。”と言います。
QueenとはもちろんCerseiではなくDaenerysです!

Tyrionは”ちょうどそっちに向かっていたので、好都合だ!”と言います。

彼の鎧と剣を見て、Jorah Mormont(ジョーラ·モーマント)だとわかったTyrion。
”スパイしていることがDaenerysにバレて、その罪の許しを請うために俺をギフトとしようとしているんだろ。”と図星なTyrionを殴って寝かせます。


 

Meereenでは、BaaristanとDaenerysがベランダで話をしています。

Daenerysの兄であるRhaegar(レイガー)の話をし始めるBaaristan。
“彼は街の中に繰り出し、人々と話をしたり歌を歌うのが好きだった。”と言います。

次男のViserys(ヴィセリス)はRhargarの悪いことしか話してくれなかったので、知らなかったというDaenerys。

そして、”彼は歌うのが好きだったが、人を殺すことを楽しんではいなかった。歌を歌って集めたお金は街の人々にあげたり、そのお金で飲んで酔っ払ったりしていたんだ。”とRhaegar(レイガー)は、”Lyanna Starkを誘拐してレイプした。”という噂とは裏腹に、とっても人々から好かれ憧れられていた存在だったんですね。それを聞いて、Daenerysも嬉しそうです。
そこにDaarioが入ってきて、街の人たちがDaenerysに会いにきていると言います。

Meereenでもともと地位があったLaraq(ララック)は、Fighting Pit(ファイティングピット)の開催を検討して欲しいとまたお願いしにきます。

Daenerysはそれを反対します。
が、Laraqは”今日はFighting Pitの伝統が始まった日であり、開催を受け入れることはMeereenの文化を受け入れて文化に敬意を払うことができ、Sons of the Harpy(サンズ·オブ·ザ·ハーピー)の問題も解決するだろう。”と言います。

一方Meereenの街中ではSons of the Harpy(サンズ·オブ·ザ·ハーピー)たちが地下の通路を歩いてどこかに向かっています。

そして・・・街の人々を襲い始めるSons of the Harpy。

Unsulliedたちが騒ぎに気づきます。
女が、”あっちに行った。”という方向に向かうUnsullied。
この女・・・Unsulliedの男を殺すのに共謀した娼婦の女ですね・・・
今回もUnsulliedを騙します···

向かった先で、両側から囲まれるUnsullied!!!

戦いになります。

そこにはGrey Wormも!!!Baaristanもこの騒ぎに気づき、騒ぎの起こっている方に向かいます!

Grey Wormも大ピンチ!!!

町中を大量のSons of the Harpyたちが襲っています··

Grey Wormも敵に囲まれます···

そこにきたのはBaaristanです!!!

どんどんと敵を倒していきますが、数の多さに手こずります。Baaristanはいろんなところを刺されてしまいますが、それでもDaenerysの街を守るために最後の力を振り絞り戦い続けます・・・

なんとか敵の侵入は防いだ2人ですが、2人とも負傷しています。
Baaristanは意識もありません。

2人とも倒れてしまいます···

続きは次回

Related posts

Leave a Comment

CAPTCHA