|Season4 Episode2|世界一わかりやすいゲームオブスローンズ解説|ネタバレ注意|

こんにちは、Nomadamです。

ゲームオブスローンズ解説です。バックストーリーや小さな気づきなど、他じゃ聴けないGOT解説です。

今まで解説を見てくださっている方、いつも有難うございます!初めての方、ものすごく細かいところまで解説しています。Season1 Episode1の解説から見ていかないと、わからない言葉や人物、出来事が出てくるかもしれませんので、Season1 Episode1から解説を見ることをお勧めします。

それでは、Season4 Episode1についてちょーわかりやすく解説していきます。 まだエピソードを見ていない方は見ないことをお勧めします。    

ちなみに、【Hulu】今なら2週間無料トライアル実施中 ゲームオブスローンズ見放題です!  

 

  !!! Spoiler Alert !!!

 


題名”The Lion and the Rose
 
 
シーンは、Dreadfort(ドレッドフォート)です。House Bolton(ハウス・ボルトン)の本拠地ですね。Bastard son(バスタード・サン)であるRamsey Snow(ラムジー・スノウ)と、その世話役であるMyranda(ミランダ)が、もう一人の世話役であった女の子を遊び道具として、狩ろうとしているシーンから始まります。
 
RamseyとMyrandaは弓矢で狙い、Ramseyの凶暴なハウンドたちにも追いかけさせます。
※Myrandaはbedwarmer(ベッドウォーマー)と呼ばれる役目で、メイドであり、娼婦であり、時にはRamseyの残酷な遊びにも付き合う女です。 ついにMyrandaの矢が彼女の足を貫通し、倒れてしまいます。 Myrandaが彼女の顔がムカつくからと仕留めようとしますが、ハウンドにやらせろ。と言い、Ramseyの掛け声で女の子を引き裂くハウンドたち。 その姿をTheon Greyjoy(シオン・グレイジョイ)は恐怖に浸りながら、見させられます。

シーンはKing’s Landing。Tyrionと、Jamieが朝食を食べています。 Jamieは片手を失い、様々なことができない自分に苛立つJamie。そして、Tyrionだけには、自分はもう戦えないかもしれない。と打ち明けます。 左手で戦えるようにトレイニングしなければと言います。 Tyrionの用意したトレイニング相手は・・・ Bronnです! 海の横のコートヤードでJamieの左手をトレイニングします。


シーンは変わり、Roose Boltonが自分の家であるDreadfortに到着しました。出迎えるRamsey。 そして、RooseはWalder Frey(ウォルダー・フレイ)が約束したように、Walderの娘の一人であり、Roose Boltonと結婚し妻となったWalda(ウォルダ)を紹介します。 そして、RamseyはTheonを父親Rooseの元に差し出します。Theonの変わり果てた姿に、”Balon Greyjoyの息子に何をしたんだ?”というRoose。 House BoltonのシンボルでもあるFlayed(フレイド※生きたまま皮をはがしたり、体の一部をとる、拷問)したんだ。というRamseyに、そのシンボルは私のもので、お前は”Snow”だろ。と言います。 Jonの名前にもついている”Snow”という苗字はBastardにつけられる苗字です。RamseyはHouse Boltonでもないのに勝手なことをしやがってと言っています。 Tywin Lannisterによって、北のリーダーとしてもらったRoose Boltonですが、House Greyjoyの率いるIronborn(アイアンボーン)たちがいるため、Riverland(リバーランド)から北に行くことが難しいため、Theon Greyjoyを交渉の手口としようとしていたんですね。 しかも、Rooseの許可なしにBalonに交渉の手紙を送っていたことについて怒っています。 Theon Greyjoyは自分らの敵だが、Reekは自分たちを裏切らない。と言います。 困ったバカ息子に、”お前を信じすぎたようだ。”と言います。Ramseyも悔しそうですね。 そこで、父に自分がしたことが正しい。と証明するために、Reekにカミソリをもたせて自分のヒゲを剃らせます。そして、RickonとBranがどこにいるか父に教えてやれと言います。 お前が殺して、Winterfellの門に飾ったんだろ?と言いますが、 本当に殺したのか?とRamseyに聞かれ、どこにいるかはわからないが、本当は殺していないこと。を白状します。 BranとRickonがまだ生きているということは、House Starkが北のリーダーを主張する日がまた来るかもしれない。と言います。 そしてこの時初めて、TheonはRobb Starkが死んだことを知るんですね・・・ さすがにショックな顔のTheon。 そして、おそらくCastle BkackにいるJonに会いに、BranとRickonは北に向かった可能性が大きいだろうと言います。Roose BoltonはすぐさまRickonとBranを兵士たちに探しに行かせます。 そして、Ramseyには、TheonをつれてHouse Greyjoyの土地であるMoat Cailin(モート・ケイリン)に向かい、Greyjoyと交渉するように言います。Greyjoyを立ち退かせることに成功すれば、House Boltonの名前を与えると言います。  


King’s Landingでは、VarysがTyrionの元を訪れます。 そして、Sansaのメイドのもう一人が、ShaeとTyrionのことをCerseiに話したと言いいます。 あとはCerseiがどう出るかは時間の問題です。そして、父親Tywinが見つければ以前のTyrionの娼婦の嫁のように殺されることでしょう・・・※Tyrionと娼婦の結婚については以前詳しく説明していますので、ここでは割愛します。


ウェディングの前の朝食の時間です。Maegaeryの父であるMace Tyrell(マイス・タイレル)がJoffreyにウェディングギフトとして、豪華な金のゴブレッドをプレゼントします。 Cerseiはこの朝食の席で、Shaeを見つけ、Tywinにあの人がTyrionの愛している娼婦よ。と言います。もうTywinの耳にも伝わっているようですね。 Tyrionは”Lives of four Kings(ライブス・オブ・フォー・キングス)”という王の歴史の本をウェディングのギフトとしてプレゼントします。 何かバカにするのかと思いきや、素直にありがとうというJoffrey。 そして、全シーズンで作った2本のValyrian Steel(ヴァレリアン・スティール)の剣のうちの1本をJoffreyにプレゼントします。 気に入っているjoffrey。そして、Tyrionからもらった本を真っ二つに切ります。その剣を”Widow’s Wail(ウィドウズ・ウェイル/未亡人の泣き声)”と名付けます。なんともJoffreyらしい、卑屈な名前ですね。 そして、Sansaのいる前で、剣を振るたびにRobb Starkの首がとんだことを思い出すよ。と言います。


朝食の食事会が終わり、部屋に戻ったTyrion。 そこに、Sheaがやってきます。 ですが、Tyrionは船が海で待っていると言います。そして、Pentos(ペントス)に行くように言います。でも、TywinとCerseiが怖いんでしょ?私は怖くない。と言います。 ですが、Shaeを守るために、きつく当たるTyrion。 Sansaが自分の妻で、子供を産ませないといけない。でもShaeはそれができない。Sansaのことですでに傷ついているのに、これ以上傷つきたくない。と言います。楽しかったけど、この関係はもう終わりだと言います。 泣き崩れるShae。Bronnが船へエスコートしようとしますが、Bronnを平手打ちして何処かへ行ってしまうShae。


Dragonstone(ドラゴンストーン)では、Melisandre(マレサンドラ)によってLord of Light(ロードオブライト)への生贄の儀式が行われています。 そこにはStannisの妻であるSelyse(セリース)の血の繋がった兄弟も・・・ですがもうこの宗教にどっぷりはまっているSelyseは兄弟が生きたまま燃やされるのを見て、何もしません。 StannisとSelyseの食事の席に、Melisandreも招かれて夕食を食べます。 娘のShireen(シュリーン)について話しています。SelyseはShireenも生贄にすべきかどうかをMelisandreと話していたようですね。 さすがに自分の娘は無理だというStannisに、SelyseはMelisandreに直接Shireenに話をしてもらおうと言います。 Shireenの元をMelisandreを訪れます。 Shireenも生贄の儀式で自分の叔父を含めて人々が叫ぶ声が聞こえていたみたいですね。Melisandreは今自分たちが生きている場所が地獄であって、彼らはもっといい場所に行ったのよと言います。


暗い雪に覆われた森の中のシーンです。そして鹿を襲います。 目覚めたBran。そう、BranがSummerの目を通して見ていた景色です。やっと食べ物にありついたのになんで起こしたんだと怒るBran。 Jojenが、warg(ウォーグ)をしすぎるのは危険だと言います。もしも乗り移ったものから出られなくなったら、もう人間として生きれなくなると言います。そして、自分の家族も、家も、自分自身も忘れてしまうと言います。そして、もしBranが自分自身を失えば、私たちみんなが全てを失うことになると、Meeraが言います。 森の中をさらに進むBranたち。そして、Summerがweirwood(ワイアウッド)を見つけます。BranはHodorにそこに連れて行くように頼みます。 Branが木に触ると、ビジョンを見ます。 three-eyed raven(スリー・アイド・レイブン)に、wights(ワイツ)たち、父親Nedが剣を研いでいるところ、そして処刑される前のNed、Red Keep(レッドキープ)が雪に覆われていて誰もいなくなっている景色、King’s Landingの上を飛んでいるドラゴン。そして、”北にすすめ。そして私を探せ。木下だ”という声が聞こえます。 Barnはどこに行くべきかわかったみたいですね。


King’s Landingでは、JoffreyとMaegaeryの結婚式が行われます。 その後の宴では、Bronnが、TyrionにShaeが船に乗ったことを報告します。 Shaeが去ったことは信じたくないけど、これがベストだと言い聞かせるTyrion。 Joffreyの掛け声で、Maegaeryがスピーチをします。そして、この宴で残った食べ物は全てKing’s Landingの貧困層の者たちに与えるとJoffreyが決めたことを発表をします。 MargaeryとJoffreyにお祝いを言いに来たBrienneをCerseiが引き止めて、JamieをKing’s Landingに連れて帰って来たお礼を言います。 ですが、RenlyからCatelynに、そしてJamieにコロコロ仕える相手を変えるなんて変ね?というCersei。そして、Jamieのことを愛しているのか?と聞きます。   自分はJamieには仕えていないと行ってその場をさるBrienne。 そして、イライラしているCerseiは女の子をナンパしようとしているPycelle(パイセル)に、そんなことしていないで、キッチンに行き、残っている食べ物を犬たちに与えろと言います。 Pycelleが、Margaeryは民衆に与えるように言っていたと言いますが、Cerseiは私を怒らせたらあなたに何ができると思う?と言い、Pycelleにキッチンに向かわせます。 Joffreyの掛け声とともに、ドワーフたちが出て来て、5人のKingの歴史の芝居をし始めます。 Joffrey、Renly、Robb、StannisそしてBalonの格好をしたドワーフたちです。 笑って芝居をみるLannister以外は、House Tyrell、House Stark、House Martellと他の者たちはみんな冷ややかな目でこれを見つめます。 さらには、Tyrionにドワーフと一緒に戦うようにいうJoffrey。これを断ったTyrionの頭にワインをかけます。静まり返る会場。 Margaeryは場の空気を変えようと、私の父のスピーチの時間よとJoffreyを席に戻します。ですが、JoffreyはTyrionに、自分のカップにワインを注ぐように命令します。仕方なくJoffreyの元に向かうTyrion。 そして、Tyrionの目の前でカップを落とし、拾ってワインを注ぐように命令します。さらには自分の前で跪くように命令します。静まり返る会場。 そこに、伝統のpigeon pie(ピジョンパイ)が登場し、Margaeryの掛け声とともに民衆もそっちに視線が行きます。 Joffreyがそのパイを切り、鳩が中から飛び出します。会場は盛り上がります。 会場を去ろうとするSansaとTyrionを呼び止め、Tyrionにワインをもっと注ぐように命令します。 Tyrionの渡したワインを飲むJoffrey。 すると、何か様子がおかしいことに気づきます。 そして、息が吸えていないことに気づくMargaery。 倒れこむJoffreyに、JamieとCerseiが慌てて駆け寄ります。 そのすきに、Sansaにネックレスをあげた男が、Sansaに一緒に来て逃げるように言います。 JoffreyがTyrionの方を指差します。 Joffreyは何者かがワインに入れた毒によって死にます。 CerseiはTyrionの方を指差し、”彼が私の息子を殺した。捕らえろ!!”と言いTyrionをとらえます。 さて、エピソードはここで終了。 Game of Thronesファンが待ちわびていたJoffreyの死ですね・・・ 母Cerseiは怒り狂っています。これからどうなって行くんでしょうか・・ また次回
 
 
 

 

Related posts

Leave a Comment

CAPTCHA