|シーズン3 エピソード9|世界一わかりやすい『ゲームオブスローンズ』解説|ネタバレ注意|

こんにちは、Nomadamです。

ゲームオブスローンズ解説です!バックストーリーや小さな気づきなど、他じゃ聴けないGOT解説にしていきます!

 

 

それでは、Season3 Episode9についてちょーわかりやすく解説していきます。

 

まだ見ていない方は見ないことをお勧めします。

 

 

ちなみに、【Hulu】今なら2週間無料トライアル実施中
ゲームオブスローンズも見放題です!

 

 

!!! Spoiler Alert !!!

 





前半

題名 The Rains of Castamere”(ザ・レイン・オブ・カスタミア)

 

この題名”The Rains of Castamere”(ザ・レイン・オブ・カスタミア)は、前回のエピソードで説明しているので、今回は簡単にしかしませんが、House Reyne(ハウス・レイン)がHouse Lannisterに起こした反乱で大敗したことを歌った曲です。
スペルは違いますが、House Reyneの”Reyne”と、雨の”Rain”は同じ発音です。それにかけて、The Rain of Castamereと名付けられた歌なのです。


Castaly Rock

さて、Robbは、Casterly Rock(カスタリー・ロック)への襲撃の作戦を立てます。

Walderは、”Edmureを彼の娘の一人と結婚させること、領土をもらうこと、謝罪をすること”等を条件に再度戦いに協力してくれる可能性が出たんでしたね。協力が得られれば、House Lannisterの権力の拠点で力の源となっている場所Castaly Rockを潰すことで、少しでも勢力が弱くなると踏んで作戦を立てている様子です。

ですが、これはWalder Frey(ウォルダー・フレイ)が協力をしてくれたらの話。
仮にCastaly Rockに到着したとしても、King’s Landing側からTywinの軍に攻撃されれば、海と挟み撃ちになってしまうため、Catelynは心配しています。ですが、
もうここまで来たら選択肢はありません・・・

Nedの命を奪ったHouse Lannisterに、”愛するものを失う気持ちをわからせてやろう。”と意気込みます。


Walder Freyの歓迎

The Twins(ザ・トゥインズ)に到着するRobbたち一行。

Walder FreyはRobbたち一行に、パンと塩を与え、客として迎え入れます。

RobbはWalder Freyの前に立ち、娘との結婚の約束を破ったことについて謝罪します。

Walderは、”私にじゃなく、娘たちに謝罪しろ。”と言い娘たちをRobbの前に出します。

これからWalderの娘を嫁とするEdmure(エドミュア)も、娘たちの顔をみて渋い顔をしています・・・

そして、Robbは娘たちに謝罪をします。

WalderはTalisaに前に出て来るように言います。恐る恐るWalderの前に出るTalisa。Walderは彼女が妊娠していることに気づいたようですね。

ですが、”自分が若ければ同じことをしていたよ。このことは水に流して、Edmureのウェディングの宴の準備をしよう。”と言います。


Daarioの作戦

シーンは変わり、Yunkaiの襲撃の作戦を立てているDaenerys、Jorah、BarristanそしてDaarioです。

DaarioはYunkaiの裏口を知っているので、そこから襲撃することを勧めます。Daenerysに馴れ馴れしく触れるDaarisに、まだ彼を信用していないJorahは警戒していますね。

Daarioは、”自分と自分の兵士と共に入口から入り、表門を開ける。そうしたら、Unsullid(アンソリッド)が表門から一気に攻めるという作戦はどうか?”と提案します。

Jorahは、これでDaenerysを裏切ってYunkaiからの褒美を独り占めできると企んでいるんじゃないかと疑います。

 

Daenerysが、Grey Worm(グレイワーム)に、”あなたはDaarioを信じることができる?”と聞きます。

Grey Wormは”彼を信じる。”と言います。ということで、今夜この作戦を実行することで同意します。
Barristanが、Jorahに一緒に戦いに行くと言いますが、”DaenerysのQueen’s GuradであるBarristanはDaenerysのそばにいるべきだ。”と言います。


The Wall

White Walker(ホワイト・ウォーカー)に襲われて逃げて来たGillyとSam。
Nightfort(ナイトフォート)と呼ばれる、昔Night’s Watchたちがいた場所に向かうみたいです。The Wallの下を通り抜けることができる脱出地下通路がそこにはあるみたいです。

Gillyは、Samの歴史の知識の深さに感心しています。
全て、本を読んで勉強したんですね。

”魔法使いみたい。”と言われて、Samも嬉しそう。

歩いていると、2人はThe Wallの近くまできたみたいです。
Gillyは初めてThe Wallを目に、感心しています。


AryaとHound

The Twinに向かっている、The HoundとArya。

村人見つけ、声をかけます。
The Houndが彼を殴り気絶させます。食料を持っているので奪おうと、男を殺そうとするThe Houndを止めるArya。


The Gift

Branたち一行は、The Gift(ザ・ギフト)と呼ばれる塔のある場所に到着します。
この場所はNight’s Watchへのギフトとして、何千年も前に、物資が必要になったときに助けを求められるようにと、Brandon Stark(ブランドン・スターク)によって与えられた場所です。

Brandon StarkはHouse Starkの創立者であり、Brandon the Builder(ブランドン・ザ・ビルダー/創造者ブランドン)として伝説的な存在の人物です。Branの本当の名前もBrandon Starkで、この遠い祖先の名前から取っているんです。

Maester Luwin(マエスター・ルーウィン)がこの塔についてBranに教えてくれたんですね。
今はこのthe Gift、ほぼ廃墟状態になっています。
理由はWildlingsたちがThe Wallから南を襲いに来るとここを通り、村人たちは襲われてしまうため、ほとんどの人がもうここから離れてしまったからです。

Branたちは、嵐に備えて、党の中で雨宿りをするようです。

一方、JonとWildlingsたちも、このThe Giftにいたんでしたね!近くの農家で何か食料や奪えるものがないか探っています。

どうやら家には、1人の男と8頭の馬がいるようです。
この農家ではNight’s Watchのためにここで馬たちを育てているんですね。
Jonは”男は殺さないでおこう。”と言いますが、OrellとTormundは”殺すべきだ。”と言います。

襲いに行くWildlingsたち。
Jonはわざと剣で岩を叩き、音に気づかせ、男に逃げさせようとします。

音を聞いて、荒がる馬たちに気づいた男は、馬に乗って逃げます。

Ygritteが弓で狙いますが、Jonはそれを邪魔します。


The Twins

ついにThe Twinsの付近に着くArya。
やっと母親と兄に、家族に会えるんですね・・・

The Houndは男から奪った食料を頬張っています。

Aryaに、”The Twinに近づくにつれて、本当に無事に母親と兄に会えるかどうか怖くなって来るんだろ?”というThe Houndに、Aryaは”あんたは炎が怖いんでしょ?”と言います。

 

”いつか顔に剣を刺して殺してやるから。”とThe Houndに面と向かって言います。


Warg

風車の塔の中で、雨の止むのを待つBranたち。

雷の音に怖がるHodor(ホードー)。

外をのぞいていたMeera(ミラ)が馬に乗った男を見つけます。

先ほどWildlingsから逃げて来た男みたいですね。
Wildlingsに追いつかれて囲まれてしまいます。

雷の音に怖がり、Hordorが大きな声を出し始めます!!!

Wildlingにバレてしまえば、Branたちの命も危ない・・・
Jojenが、BranにHodorを黙らせるように言います。

Orellが風車の中から聞こえる声に気付いてしまいます。ですが、BranがWarg(ウォーグ)の力を使いHodorは気を失い、静かになります。

男はWildlingsに囲まれてしまいます。
Tormundが彼を殺そうとします。

その様子を影から見ているのは、SummerとShaggydogです。

が、Orellが、”忠誠心を確かめるために、Jonに男を殺させるよう。”と言います。

JojenがBranにDirewolfに乗り移るように言います。
今までは意識してやったことのなかったことに、無理だというBran。

男の首に剣を当てて振りかざすJon。

ですが、やはりJonは殺せません・・・

そのすきにYgritteが弓を使って彼を殺します。

”お前はまだやっぱりNight’s Watchのcrow(クロウ/ナイツウォッチの差別的言い方)だ!”と言ってJonを殺せと命令します!

Jonを殺そうとするOrellと、Ygritteを取り押さえて、”JonはNight’s Watchだ!”と説得するTormund。

一方Branは、Summerに乗り移ります。

そして、Summerの目を通して、Jonが戦っているのを見ます!!
SummerとShaggydogがWildlingsたちを襲います。

JonがOrellを仕留めますが、最後の最後にwargの力を使って鷹にJonを襲わせます。
目や体を突かれて襲われるJonですが、なんとか振り切って馬に乗ります!

逃げるJonをYgritteがショックそうな顔で見つめます。


後半




侵入

シーンは変わり。
計画通り裏口から、夜にYunkaiに忍び込むJorah、Daario、Grey Worm。


いつも通り、ガードにすんな裏口から通してもらうDarrio。
Daarioの口笛の合図とともに、Grey WormとJorahも裏口に侵入します。


Darrioはこれで全員だろうと言いますが、その瞬間、他の奴隷兵たちが3人に襲い掛かります!

なんとかほとんどの兵士を3人で倒します。
Jorahが”これがお前の言っていた数人のガードか。”と皮肉ります。

しかも、さらに数を増すYunkaiのガードたち・・・

3人は囲まれてしまいます!!!


結婚式

シーンは変わり、Edmure Tullyと、Walder Freyの娘の結婚式です。

父Walderにエスコートされて、Edmureの元にやって来る娘。
そのヴェールをあげると、予想外の美しい女性がそこには立っています!!!

Edmureもびっくりって感じですね!

Walderはドヤ顔。

無事に結婚するEdmureとWalderの娘。


お別れ

シーンは風車の中で雨宿りしているBranたちです。

JojenはBranに、”練習すれば、人をもコントロールすることができるようになる。”と言います。
”動物をコントロールするWargは他にもいるが、人間もコントールする力は特別だ。”と言います。

BranはRickonに、”Summerの目を通して、Wildlingsに殺されそうだったがなんとか逃げたJonを見た。”と言います。

そして、Oshaに、RickonとShaggydogを連れてLast Hearth(ラスト・ハース)に向かうように言います。Last HearthはHouse Umber(ハウス・アンバー)の場所です。
House UmberはHouse StarkのBannerman(バナーマン/旗手)であった家。
Starkに忠誠を誓っている家なので、そこに行けば守ってもらえると思ったんですね。 Greatjon Umber(グレイトジョン・アンバー)は、Season1で最初にRobbをKing of the North(キング・オブ・ザ・ノース/北の王)にすべきだとみんなを説得した人物でもあります。

Rickonは、”Branと一緒に行きたい。”と言いますが、The Wallの北側に一緒に向かうには危険すぎます。

Oshaは、MeeraとJojenに、”必ずBranを守って。彼は私の全てなの。”と言います。

BranはRickonとOshaに別れを告げます。

OshaとRickonは、夜のうちに南に向かいます。


Yunkaiへの侵略

一方、Yunkaiに向かった3人をテントで待つDanerysは、なかなか戻らない3人を心配します。

そこにやっとJorahとGrey Wormが戻って来ます。

そして、兵士たちが降参したことを告げます。

Daarioはどうしたの?と聞くDanerys。

そこに彼が歩いて来て、跪き、Yunkaiの旗を差し出します。

そして、”Yunkaiはあなたのものです。”と言います。

忠誠心もあり、イケメンなDaarioとDaenerysの関係にも注目ですね。


Red Wedding

EdmureとWalderの娘のウェディングの宴です。
軽快な音楽が会場に響き渡ります。

Edmureは予想以上に美しい嫁にデレデレです。

その姿を見たCatelynは”あんなにEdmureは文句を言っていたのに。”と安心した感じですね。

宴なのになぜかワインを断るRoose Bolton(ルース・ボルトン)。
Rooseも、Walder Freyの孫と結婚すれば、褒美をやるとWalderからオファーを受けているみたいですね・・・

Brynden Tully(ブリンデン・ターリー)が、外に用を足しに会場を出ます。

Walderが、Edmureと彼の嫁をベッドに行かせようと言います。
前エピソードで紹介しましたが、みんなの前で新郎新婦がお互いに服を脱がせる変な習慣です!Talisaも”変な習慣ね。”と言います。

Talisaと、Robbは子供の名前について話します。
”もし男の子だったらEddard(エダード/Robbの父の名前)をつけよう。”と言います。そして小さな”Ned Stark”に馬の乗り方や剣の使い方を教えてあげられる。と。

もうすぐ子供も生まれる、愛しあってる幸せ絶頂な2人。


Catelynも、Walderが許してくれたので、やっと安心して2人を見れますね。

Catelynは、WalderのBastard sonであるBlack Walker Rivers(ブラック・ウォルダー・リバー)が、会場の扉を閉めたのに気づきます。

そして、音楽がスローな曲調に変わります。
Catelynが何か変だな?という顔になります・・

外ではRobbのDirewolfであるGrey Windが何やら騒がしい雰囲気に動揺していますね。

AryaとThe HoundがThe Twinsに到着しますが、もう宴は終わったと、外のガードに追い払われます。

会場内では、WalderがRobbにスピーチをし。
”RobbとTalisaにウェディングのギフトを送りたいと思う。”と言います。

胸騒ぎのするCatelyn。
隣に座るRose Boltonが目をくべて、Catelynは彼の袖をめくります。
服の下には・・・・

鎧を着ているではありませんか・・・!!!!!

 

“Robb!”と叫ぶCatelyn!

が気付いた時には時遅し・・・

Walderの息子、Lothar(ローサー)が、妊娠しているTalisaのお腹を滅多刺しにします。
倒れ落ちるTalisa。

驚きいて何も動けない無防備なRobbは、音楽を弾いていた者たちによってクロスボーで射抜かれ、

無防備なStarkの兵士たちもHouse FreyとHouse Boltonの兵士たちに殺され、

Catelynも後ろから射抜かれてしまいます。

そう・・・全てはWalder Freyのリベンジです。
彼が自分を裏切ったRobbを許すわけもなく・・・その様子をワインを飲みながら、満足げにその様子を見つめます。

一方外にいるAryaは、そんなことも知る由もなく、門に近づきます。外で飲んでいるStarkの兵士たちを見て、やっと自分の場所に戻って着たんだ。と笑顔を見せます・・・
ですが、外で飲んでいるStarkの兵士たちをFreyの兵士たちが殺すのを目撃します。

檻に閉じ込められているGrey Windを見つけたAryaは近づいて助けようとします!が!!!
クロスボーで射抜かれて殺されてしまいます。その光景も目撃し、混乱するArya。

中にRobbとCatelynがいることを知っているAryaは、急いで中に向かおうとしますが、The Houndが止めます。”もう遅かった。”と言ってAryaを連れて馬でその場から逃げます。

もう亡くなってしまったTalisaとお腹の中の子供に近寄るRobb。

Catelynは、最後の手段に出ます。
Walderの妻を人質にとり、”Robbだけは逃してくれ。”と泣いて叫びますが。Walderは、”殺せ。新しい妻を見つけるよ。”と言います。

そして、味方であったはずのRoose Boltonが、Robbにとどめを刺します。

”Lannisterがよろしくと言っていたよ。”と言って・・・

目の前で自分の大切な大切な長男を殺されて泣き崩れるCatelyn。

Walderの妻の首を切りますが、放心状態のCatelyn。

Black Walkerに首を切られてCatelynも死んでいきます・・・

 

 

さて、ものすごいショッキングなエピソードです。
これだからGame of thronesは先が読めないんです。

このショッキングな出来事は、”Red Wedding(レッド・ウエディング)”と呼ばれ、とっても有名なエピソードです。Game of Thrones 史上でもトップなショッキングなシーンでしょうね・・・

Game of Thronesを知っている人なら、Red Weddingといえば一瞬でわかるでしょう。
そうじゃない人も知っているくらいの超有名なエピソードです。

そして、この題名エピソードの題名である”The Rains of Castamere(レイン・オブ・カスタミーア)”は、前回のエピソードで紹介したLannisterの曲です。
そう、これはLannisterの思惑だったんですね・・・勢力の弱ったRobb。もともとその味方であったHouse Boltonも、House Freyも、Robbが戦略のことを考えずにTalisaと結婚したことで、もうRobbには勝ち目がないと思ったのでしょう・・・
Robbを裏切り、Lannister側についたんですね。
そして曲調がスローになった時のその曲が、この”The Rains of Castamere(レイン・オブ・カスタミーア)”。何度か説明していますが、この曲は”Lannisterを裏切った家が滅びることを歌った歌”。
この曲が”Red Wedding”の合図だったんです・・・

鳥肌と、アドレナリンとドキドキの止まらないエピソードでした。

ですが、もう一話Season3には残っています!次回もお楽しみに・・

Related posts

Leave a Comment

CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.