|シーズン3 エピソード3|世界一わかりやすい『ゲームオブスローンズ』解説|ネタバレ注意|

こんにちは、Nomadamです。

ゲームオブスローンズ解説です!バックストーリーや小さな気づきなど、他じゃ聴けないGOT解説にしていきます!

ここまでドラマを見て、このブログで解説を見てくださっている方は、おおよその登場人物や場所の名前などわかると思います。
また新たなキャラクターやめまぐるしいほどのストーリーの動きがあると思いますので、楽しみにしていてくださいね。

 

それでは、Season3 Episode3についてちょーわかりやすく解説していきます。

 

まだ見ていない方は見ないことをお勧めします。

 

 

ちなみに、【Hulu】今なら2週間無料トライアル実施中
ゲームオブスローンズも見放題です!

 

 

!!! Spoiler Alert !!!

 





前半

題名 Walk of Punishment”(ウォークオブパニッシュメント)

 

House Tully

Riverrun(リバラン)に到着したCatelyn StarkとRobb Stark。
Catelynの父Hoster Tully(ホスター・タリー)の葬式に参加しています。

Robbとともに、Hosterの弟であるBlackfish(ブラックフィッシュ)ことBrynden Tully(ブリンデン・タリー)が亡骸を川に流します。

そして、父親の亡骸が乗ったボートに火をつけようとしているのは、Hosterの一番下の息子で、Catelynの弟であるEdmure Tully(エドミュア・タリー)です。

火のついた矢を・・・
1回・・・

2回と外すEdmure・・・

そして、3回失敗します・・・笑

さすがに呆れて代わりに火を放つ叔父のBryndon。
一発で火をつけます。


Edmureの失態

RiverrunのミーティングルームでLannisterとの戦いについて話し合う3人。

Stannisに勝ち、さらにはHouse Tyrellとの結婚で協定を築き戦力を強めるHouse Lannister。

Edmureは自分のStone Mill(ストーンミル)でのLannisterとの戦いでの勝利について話しています。
このStone Millの戦いは、Tywin率いるGregor Clegane(グレゴー・クレゲイン)の軍をできるだけKing’s Landing から離すことでRobbがLannisterを攻撃するときにLannsiterの力をできるだけ弱めるための戦いでした。
Edmureの軍がGregorの軍をRiverlandに留めて置くために、周りを囲んで潰す作戦でしたが、Edmureの軍が勝ったのはいいけれども、King’s Landingに戻れる逃げ道を作ってしまい、結局King’s Landingに向かわせてしまったことにRobbは憤りを感じています。

もしもTywinもGregorもRiverlandに留めておけていれば、Battle of the Blackwater(バトルオブブラックウォーター)でLannisterはStannisに負けていた可能性大だからです。EdmureがLannisterに逃げ道を作ってしまったせいで、Lannisterは勝利し、さらにはHouse Tyrellという強力な味方を増やしてしまいました。以前少し触れましたが、House TyrellはHouse Lannisterの次に財力を持った家族なのです。なので、House Starkからしたらかなり危険な状況です・・・

Edmureは、”Cersei達のいとこのLancel Lannister(ランセル・ラナスター)の弟達であるWillem Lannister(ウィレム・ラナスター)とMartyn Lannister(マーティン・ラナスター)を人質として捕らえている。”といいますが、Nedの直属の子供であるSansaとAryaの価値と比べ物になりません。

かなり劣勢のRobbですが、2人の妹達がLannisterの人質でいる以上(実際はSansaだけですが、この時点では誰もAryaの居場所を知らないんですね。)、戦いを止めるわけにはいきません。


Master of Coin(マスター・オブ・コイン)

シーンは変わり、Small Council(スモールカウンシル)です。

Varys、Littlefinger、Pycelleの3人とTyrionが部屋に入って来て、黙って待っているTywinのいるテーブルに座ります。そのあとに入って来たCerseiもわざわざ椅子を動かして父Tywinに一番近い席に座ります。(Margaeryのこともあり、自分の立場にコンプレックスを感じ始めているんですね。Hand of the Kingとなった父のそばに座ることで、自分の立場を主張します。)

そしてTyrionは父の向かい側に座ります。

Tywinは”Jamieについて何か情報はあるのか?”と皆に聞きます。

”Jamieが牢屋から逃げ出したことはみんな知っていることなのに、これだけスパイがいて、どうして誰もJamieの居場所を知らないんだ””と、イラついています。

また、今のHouse Starkとの戦いの状況を聞きます。

Varysが、”Robb Starkは祖父の葬式のためにRiverrunを訪れています。そして、その間、HarrenhalをRoose Boltonが仕切っています。”と報告します。

前回のエピソードでLittlefingerがHarrenhalのLordとなりました。(House Tyrellとの協定を作る手伝いをしたとして、Harrenhalが褒美として与えられたんでしたね。)
今その場にいるのはRoose Boltonですが、タイトルを持っているのはLittlefingerなので、そのタイトルを使って、Catelynの妹であるLysa Arryn(ライサ・アリン)との結婚をアレンジしようとしているようです。LittlefingerはLysaのことを小さい頃から知っており、LittlefingerがCatelynに心を寄せていたように、LysaはLittlefingerに心を寄せていました。それを利用して結婚し、協定を作り、Lannisterの味方を増やそうとしています。この結婚がうまくいけば、Littlefingerは、Lord Paramont of the Vale(ロード・パラモント・オブ・ザ・ヴェイル)という地位につくことになります。House Arrynの拠点であったValeがLittlefingerのものとなるのです。
Lord of Harrenhalよりも上の地位ですね。

”House Lannisterの味方を増やすために”という名目ではありますが、Littlefingerにとっては都合がいいですね・・・

そして、今までのLittlefingerのタイトルであった、Master of Coin(マスター・オブ・コイン)というお金のマネジメントをする役割をTyrionに譲るとTywinがいいます。
今までよりも下の地位であり、今までお金を使う側だったのにマネジメントする役につかされて、納得いかないTyrion。


”The Bear and the Maiden Fair”(クマと女騎士)

シーンは変わり、JamieとBrienneを捕らえているHouse Boltonの兵士たちです。Roose BoltonのいるHarrenhalに向かっています。
”The Bear and the Maiden Fair”(クマと女騎士)という歌を歌っています・・・この歌、Westerosでは人気の歌で、これから先も出てくるので、少し覚えておくと面白いですよ!

兵士たちが歌っている歌も、できる限り紹介していきますね。そこに、これから起こることのヒントや、深い意味が込められていたりします。特に、どのHouseサイドで戦うものなのか等もわかることがたくさんあるので、注目して見ると面白いんです。


Hot Pieとの別れ

シーンは変わり、Riverland付近の宿場にいるAryaとGendry。

Brotherhood without Bannes(ブラザーフッド・ウィズアウト・バナーズ)のThros(ソロス)にNed Starkの娘だということを、彼らの仲間に捕らえられてここに来た、The Houndのせいでバレてしまいましたね。
それでも約束通り、Aryaたちを囚人としては扱わないようです。が、Riverlandは”Ned Starkの娘”には危険すぎる場所です。House Lannisterとの戦いが最近あったので、まだLannister兵が近くにいる可能性もありますね。
Lannister側の人間にバレればすぐ連れていかれるでしょう。なので、一緒についてくるようにとAryaにいいます。

AryaはThe Houndを見つけて、”この場所を覚えているか?”と聞きます。
”貧乏な宿場は全部同じに見える。”と覚えていない様子のThe Houndですが。。

皆さんは覚えていますが?

そう、The Hound がAryaの友達であった肉屋の男の子を殺し、NedがSansaのDirewolfであったLady(レイディ)を殺した場所なのです。

Season1でAryaが友達とチャンバラごっこをしているところに、JoffreyとSansaが散歩しているとこに鉢合わせし、地位の高い女の子に失礼だと男の子に本物の剣を向け脅します。止めようとしたAryaを守るためにAryaのDirewoldであったNymeria(ナイメリア)がJoffreyを襲います。

このことで、結局何も悪いことをしていない無実の男の子はThe Hound が始末し、AryaがNymeriaを森に逃がしたせいで、Cerseiの命令で代わりにSansaのDirewoldのLadyが処刑されてしまいました。このことがあって、The Hound もAryaのKilling List(殺しリスト)に載っているわけですね・・・

そのことについて覚えているか?とThe Houndに聞いていたというわけです。

The HoundはBrotherhood Without Bannermanの男に囚人用のカゴに入れられます。
The Hound も一緒に連れて行くみたいですね。
AryaとGendryも一緒について行きます。

そこにHot Pieがやって来て、”自分はここに残ろうと思う。”と言い出します。
作ったパンが好評で、ここで雇ってくれることになったみたいです。

別れ際に、Aryaに焼きたての狼(?)の形のパンをくれます。
ここでHot Pieとはお別れです。

馬に乗って出発するAryaたち。Aryaがパンを一口食べて、”これすごい美味しいよ!”と行ってHotpieの方を振り返ります。

 


父親の死

シーンは変わり、CatelynがBryndenと、Hosterの死について話しています。

”Blackfish”というBryndenのニックネームは、兄であったHosterが初めは意地悪でつけたあだ名でした。それが浸透しすぎて他の人もBlackfishと彼を呼ぶようになりましたが、どうやら2人には兄弟の確執があったようですね。それについてCatelynが、”父が死ぬ前に仲直りできたの?”と聞きます。

そして彼が死ぬ前に”Blackfishというあだ名はただのからかいで、嫌いだったわけじゃない。”と、男兄弟なりに和解したみたいですね。

そして、Catelynは自分が父親の最後を看取ることができなかったことを悔いつつ、Bryndenが父の最後の時についていてくれたことに感謝します。

”子供の頃、この窓から外を見て父の帰りをずーっと待っていたわ。そして幼いBranとRickonに私は同じ思いをさせていたのよ。”と、悔いて涙を見せるCatelyn。

”もう二度と会えないんだ。”と泣くCatelynを、”まだわからないじゃないか。”と励ますBrynden。
そして、”Robbが2人の無事を信じている以上、あなたも彼のそばにいて2人の無事を信じてあげるべきだ。”というBryndenの言葉に、Catelynもハッとします。


Lannisterの子供達

TalisaはEdmureが捕らえたWillem Lannister(ウィレム・ラナスター)とMartyn Lannister(マーティン・ラナスター)の傷の手当てをしています。

”Robb Starkは夜に狼に変身して敵を食べるの?”と聞く男の子。”満月じゃない限り大丈夫よ。”とからかうTalisa。Lannsiterの者とはいえ、戦いに駆り出されたまだ幼い2人を、平等にTalisaは優しく看病します。


WildlingsとNight’s Watch

シーンは変わり、Wildlingsの仲間入りを果たしたJon。

Ygritte(イーグリット)、Mance(マンス)、Tormund(トーマンド)達と一緒に、Warg(ウォーグ)であるOrell(オレル)が見たWhite Walkerの襲撃の跡を調べるために、Fist of the First Man(フィスト・オブ・ザ・ファーストマン)にやって来ました。
そこにはNight’s Watch達の馬だと思われる馬達の残骸が残っていました。
そしてその残骸は、体の部位が切断されていて、渦巻きの模様になっているのです。
この模様、実際に何の意味があってどうしてやっているのかはまだ謎なのですが、Season1のシーンにもあったように、White Walerが人間なり馬なりを殺した時の何かのサインのようです。。。

しかも、このサークル模様には馬しかいません。。。ということは、殺されたNight’s Watch達は。。。想像できますね。
そう。。White Walkerの兵士になったんです。Wightsになったということです。。

そして多くのNight’s Watchがここで死んだということは、Castle Black(カーソル・ブラック)に残っているNight’s Watch達は少なくなったということ。
今までずっといがみ合っていたWildlings達からしたら北側からCastle Blackを襲う絶好のチャンスです。ManceがTormundに指揮をとって攻める準備を進めるようにと指示します。そして、そこにJonも連れて行けといいます。

Night’s Watchの仲間達を襲いに行くのには、さすがに少し戸惑うJon。
これがジョンの忠誠心を試すテストのようですね。


後半




男の子

一方何とかWhite Walkerから逃げ切ったCommander Jeor Mormont(指揮官・ジョア・モーマント)率いるNight’s Watch達は、Crasterの家に戻って来ます。
自分の娘にまた自分の娘を生ませ、息子はWhite Walkerに引き渡している奇妙な男の家です。

武器を持つNight”s Watch達に警戒するCrasterですが、White Walkerに襲われて行く場所のないNight’s Watches達を入れてあげるCraster。

自分は”神のような男”だとバカみたいなことを言い出すCraster。
そして、White Walker達は、The Wallに向かうために兵士を集め大軍を作っている。でも自分はWhite Walkerへの忠誠を誓っているから襲われないんだといいます。

会話中に度々聞こえてくる女性が力む声。

SamがCrasterに体型のことをバカにされて、部屋から出ていきます。
ふと、出産のテントを覗くと、そこで出産しているのは、Samが前回来た時に連れて帰ろうとした、Gillyです!!

そして、生まれた子は。。。

男の子です・・・
これがCrasterにバレれば取り上げられて、White Walkerに引き渡される運命です。。。

どうするSam・・


Yaraの助け

シーンは変わり、何者かに拘束されているTheon。
そこに、”Yaraから頼まれて助けに来た”という男が来て、Theonを柱から外してあげます。

東に向かえば、Yaraが待っている。といいます。Theonを馬に乗せて、東に向かわせます。


Melisandreの思惑

シーンは変わり、Dragonstone(ドラゴンストーンズ)では、Melisandreがボートでどこかに向かうようです。
行き先はStannisにも伝えません。自分の元を去るつもりか?と心配するStannisに、”Stannisが本物の王だということに間違いはない。”と言います。

”またRenlyを殺したデイモンを作って、RobbとJoffreyも殺せばいい。”というStannisですが、Melisandreは”それはもうできない。”といいます。

”必要なものを手に入れて帰ってくる”と言って一人Dragonstoneを離れます。
まだStannisがキングの座につくことを信じているようですが、何を探しにいくのでしょう。


 

Astapor(アスタポー)ではDaenerysが、Jorah(ジョーラ)とBarristan(バリスタン)と街を歩きます。街の所々に、奴隷の兵士たちが柱にくくりつけられているのを見つけます。少しでも反抗心を見せたり、逃げようとした奴隷兵達は公衆の面前で、見せしめとしてこのように貼り付けられて殺されるのです。
奴隷達にとことん恐怖を植え付けて、従わせているんですね。

Daenerysが柱にくくりつけられている一人の奴隷がまだ生きているのに気づき、水を与えようとしますが、”早く死にたいから。”と言い口にしません。。。

あまりの残虐さと、奴隷制の根の深さに言葉を失うDaenerys。

JorahとBarristanはUnsullied(アンソリッド/従順で無敵の兵士たちの意味)達を買うべきかで言い合っています。
Jorahは勢力をつけるためには買うべきだと思っていますが、Barristernはいらないといいます。

Daenerysは彼女の兄であったRhaegar Targaryen(レイガー・タイゲリアン)についてBarristernに聞きます。Barristanは”最後のドラゴンの側で戦うことは最も誇りに思っていることで、Rhaegarは自分が知る中で最も勇敢な男だった。”と言います。
”Lyannaを誘拐し、レイプして殺した。”という噂とは裏腹に、いい人といった印象ですね・・・

Daenerysは”彼と会ってみたかった。でも彼は最後のドラゴンではないわ。”といいます。


“Valar morghulis” (“all men must die”)

軍のオーナーに買いたい旨を伝えに行くDaenerys。
そして、Danyは”奴隷兵達を全て買う。”といいます。

”どうやって8000もの兵士を買うお金を用意するんだ?”とバカにするオーナー。

するとDanyは。。

”私にはDragonがいるわ。”といいます。

え?!?!って感じのJorah。
”1匹あげるから全ての兵士たちを買う。”といいます。

Barristanも黙ってれません。止めようとするBarristanとJorahを無視して、”どうするの?”と聞きます。
マスターもそのオファーにはびっくりの様子。2匹くれと欲を出して来ますが、Daenerysは1匹というオファーを変えません。

そして、すべての奴隷兵と1匹のドラゴンを交換することで交渉成立します。
JorahとBarristanに”他の人の前で、2度と私の決断に口を出ださないで。その時は私のアドバイザーでいられる最後の日になるわ。”と言い、2人も黙ります。

通訳をしていた女、Missandei(ミダンデイ)も引き取ります。
彼女もまた奴隷の出身。帰る家も家族もいません。

”これから戦争に参加することになるかもしれない。それでも大丈夫?”と聞くDany。Missandeiは”Valar morghulis” (“all men must die”)と答えます。”全ての人間は死ななければいけない。”とも訳せますが、”全ての男は死ななければいけない。”とも訳せます。そして、Daenerysは”でも私たちは男じゃないわ。”といいます。

なんか聞き覚えありませんか?Valar morghulis(ヴァラー・モグレス)・・・そう、JaquenがAryaとお別れするときに行った言葉です!!こういう意味だったんですね。


King’s Landingの借金

シーンは変わり、新しくMaster of Coinに任命されたTyrionがLittlefingerの元を訪れ、今まで彼がつけていた帳簿やアカウンティングの資料を取りに来ます。

常に従順にTyrionを守って来たPodrick(ポドリック)に褒美として、娼婦との時間をプレゼントします。
初めての女性寝ることにしかも何人も一緒にタジタジのPodrick。

その間に、TyrionがLittlefingerから受け取った、King’s Landingの金銭帳簿に見通します。

そして、彼がいかにKing’s Landingの王族の贅沢な生活を支えていたかの秘密を見ることになるのです。

そう。
外国の銀行から大量の借金をしていたのです。。。

Iron Bank of Braavos(アイアンバンク・オブ・ブラボス)というBraavos(ブラボス)のFree City(フリーシティー)に位置している一番でかい銀行です。

そこから大量の借金をしていることが発覚したわけです。しかももし、期限までに払わなければ、戦いがあったときに対立している側につくというペナルティーがあるのです。
彼らは最強のしかも巨大な軍隊を持っており、軍隊の中には巨大な象などの動物もいるとの噂が・・・

もしこのまま、借金を返せないでいれば、Robb StarkもしくはStannis Baratheon側にIron Bankにつかれてしまう可能性があります。そうなっては、いくらHouse TyrellとHouse Arrynを味方につけたとしても戦争でもかなり不利になってしまいます。

そこにPodrickが帰って来ます。

Tyrionからのお金を返すPodrick。”これはプレゼントだ。心配するな。”とTyrionはいいますが、娼婦達があまりにもPodrickを”楽しんだ”ので、お金を受け取らなかった。というのです。笑

BronnとTyrionは、何をしたらそんなことを言ってもらえるのか、詳しく教えろとPodrickが何をしたのか興味津々です。笑


Yaraの命令

”Yaraに命令されて来た”という男に言われた通り、東に馬を走らせて来たTheon。進めど進めど、Yaraの元にたどり着けません。
すると!!!Theonを柱にくくりつけていたもの達に追いつかれてしまいます

そして、挟み撃ちをされて、囲まれてしまいます。

馬から落ちて、身動きの取れないTheon。
Theonをレイプしようとする男達。(男としては最大の侮辱ですね。)

ですが、何者かが彼らを射抜き、助けてくれます。

そう、Theonを逃がしてくれた男です!!
Theonをエスコートして、助けてくれます。


 

House Boltonの者達に捕らえられているBrienneとJamie。

男達はBrienneを囲んで、レイプしようとします。
必死に抵抗するBrienneですが、4人の男に囲まれて、抑えられてしまいます。

それを聞きつけたJamieは、リーダーの男に、Brienneの出身家であるHouse Tarth(ハウス・タース)はサファイアが採れる場所に位置している。もしBrienneをレイプせずに生きて返せば、サファイアを褒美としてもらえるだろう。”といいます。

その言葉で、なんとかBrienneは助かったみたいです。

そして、”自分を生きて逃せば、父親Tywinが大金を払い、土地も与えるだろう。”といいます。

それを聞き、Jamieを木から外します。そして、そして一緒に火を囲ませると思いきや・・・
Jamieを押さえつけ、”お前は父親なしにはなんでもない弱い男だ。”といい・・・

”そのことよくを覚えておけ。”と言って・・・・

Jamieの右手、剣を持つ手を切り落とします!!!!!

 

叫ぶJamie!

続きは次回。。

Related posts

3 Thoughts to “|シーズン3 エピソード3|世界一わかりやすい『ゲームオブスローンズ』解説|ネタバレ注意|”

  1. キャット

    とても物語がよくわかり参考になりました。
    今後も更新をお待ちしております!

    1. Nomadam

      そう言っていただけるとやりがいがあります!
      今後も頑張って更新しますので、是非是非キャットさんにもハマってもらえたら嬉しいです。

  2. イギリス在住なので、シーズン5まで見たのですが、やはり細かいところまでよくわからなかったので、いつも??と思いながら見ていました。
    この解説 本当に丁寧でわかりやすいです。これからも楽しみに読ませてもらいますー。
    ただ、たまに漢字が気になっちゃいます。Dannyに使えます、って仕えます、ですよね。外国にいるとつい漢字の意味を考えながら読んじゃうので、、、すいません

Leave a Comment

CAPTCHA