|Season3 Episode1|世界一わかりやすいゲームオブスローンズ解説|ネタバレ注意|

こんにちは、Nomadamです。

ゲームオブスローンズ解説です!バックストーリーや小さな気づきなど、他じゃ聴けないGOT解説にしていきます!

さて、新たなSeasonに突入です、ほぼ半分まできた!と言うことで、私も気合を入れ直して、解説していきたいと思います。

ここまでドラマを見て、このブログで解説を見てくださっている方は、おおよその登場人物や場所の名前などわかると思います。また新たなキャラクターやめまぐるしいほどのストーリーの動きがあると思いますので、楽しみにしていてくださいね。

私も、Season6、Season7を早く解説したいので、頑張って進みます。。。

 

それでは、Season3 Episode1についてちょーわかりやすく解説していきます。

まだ見ていない方は見ないことをお勧めします。

ちなみに、【Hulu】今なら2週間無料トライアル実施中
ゲームオブスローンズも見放題です!

 

!!! Spoiler Alert !!!

 





 

題名 Valar Dohaeris”

さて、シーズンの初めに、今までに起こったことで、このシーズンに影響してくる主要なシーンをプレイバックしてくれますね。

まず、Jamie Lannister(ジェイミー・ラナスター)とBrienne of Tarth(ブリエン・オブ・ター)はRobb Stark(ロブ・スターク)の母であるCately Stark(キャサリン・スターク)の命令により、娘、Arya Stark(アーヤ・スターク)とSansa Stark(サンサ・スターク)を取り戻すため、King’s Landingに向かっています。

Season3から、Seriesに戻ってくる人がいそうですね。覚えていますか?Season1でJoffrey Baratheon(ジョフリー・バラシアン)がKingの座について、体制が変わりました。その際に、元王出会ったRobert Baratheon(ロバート・バラシアン)のKing’s Gard(王の護衛)であったBarristan Selmy(バリスタン・セルミー)が年寄り扱いされて、年のせいで辞めさせられましたね。

彼がどのように戻ってくるかに注目です!

Daenerys Targaryen(デネロス・タイゲリアン)は、盗まれたDragonたちを取り返し、兵士たちと船を買おうとしています。

Robb Stark(ロブ・スターク)はWalder Frey(ウォルダー・フレイ)との、彼の娘の一人と結婚すると言う約束を破り、愛してしまったTalisa(タリーサ)と母親Catelynの反対を押し切って結婚してしまいます。どうするんでしょうか。

シーンは、Samが必死でWhite Walkers(ホワイト・ウォーカー)たちの軍から逃げているところから始まります。

人影を見つけて走り寄るSamですが、そこには殺されたNight’s Watchの一人が。。Samが移る前の始まりのシーンで、戦いの音がしますね。これは、このNight”s WatchがWhite Walkerに殺された音だったのんですね。

そしてSamの後ろから何者かが迫ってきます。Wights(ワイツ)です!

斧で襲いかかってくるWight!危機一髪のところで、JonのDirewolf(ダイアウルフ)、Goast(ゴースト)がwightを攻撃し、なんとか免れるSam。

そして、そこにはNight’s WatchのCommander(コマンダー/指揮官)であるJeor Mormont(ジョア・モーマント)です。彼が、Wightsに火をつけて、なんとかSamは助かります。

Raven(レイブン)を送ったか?とJeorに問われるSam。Ravenを送り、The Wallにいる仲間たちにWhite Walkerの存在を知らせるべきだったところを、逃げるのに必死で何もできなかったSam。White Walkerたちが軍を従えて、The Wallに近づいてきているのは確かです。人々にこのことを知らせなければ、みんなWhite Walkerの餌食です。


一方、JonのいるWildlig一行はKing beyond the wall(壁の向こうのキング)の元に向かっています。

そこにはWildlingsたちの基地が広がっています。

そこにはGiant(巨人)の姿も。

King beyond the wallのテントに連れてこられるJon。

跪くJonを笑うWildlingsたち。そして、Mance(マンス)が出てきます。彼がWildlingsを仕切っているリーダーです。

そしてManceはJonがNed StarkのBasterd son(バスタードサン)だと言うことを知っているみたいですね。

そして、テントに入ってきた時に初めにあった赤毛の男は、Tormund(トーマンド)です。

彼らが”敵”としていたQhorin(コーリン)を殺したことで、受け入れられるJon。

ですが、なぜWildlingの仲間になりたいんだ?と言う質問のJonの答えに納得しないMance。

そして、Jonが理由を話し始めます。

Craster(クラスター)の家で止まった時に、彼が男のこの赤ん坊を森に連れて行き、White Walkerがそれを取りに来たこと。そして、そのことをLord Commander Jeor(ロード・コマンダー・ジョア)に話した時に、そのことを彼はすでに知っていた。

生きている人々のために戦う側につき、自分も戦いたいからだ。

と言うJonに納得し、Jonを受け入れるMance。


シーンは変わり、King’s Landing。

Bronneが娼婦の館で遊んでいます。そこにPodrickがやって来て、Tyrionが呼んでいるといいます。

Tyrionの元には、Cerseiがやって来ます。顔を見に来た。と言うCersei。

父親Tywinに会いに行くと言うTyrionが何をTywinに言うのか、気になっているようですね。

Bronnsをガードにつけて、Tywinの元に向かうTyrion。


シーンは変わり、Stannis Baratheon(スタナス・バラシアン)とLannisterの戦いBattle of the Blackwater(バトルオブザブラックウォーター)で、Wildfireによって死んだと思っていたDavos(ダボス)です!生きていたんですね。

船を見つけて、必死に助けを求めるDavos。

岸にボートがやって来て、どの家に仕えるものだ?と聞きます。

ここで敵同士であれば殺されてしまいます。Stannis Baratheonだと答えて。。。

どうやら味方だったようですね。Salladhor(サラドー)の船に助けてもらい受け入れてもらうDavos。みんなDavosは死んだと思っていたんですね。

息子のことについて聞くSalladhorですが、息子Matthos(マソス)は、助からなかったようですね。目の前でWildfireによって跡形もなく消える息子を目にしたDavos。

また、SalladhorからMelisandre(マレサンドラ)がまだStannisにアドバイスしている事実、そしてMelisandreに反対する者たちは、生きたまま燃やして生贄にし始めていると言う事実を知り、怒り心頭のDavos。

StannisのいるDragonstone(ドラゴンストーン)に連れて行ってくれと頼むDavos。


シーンは変わり、RobbたちがRiverland(リバーランド)に到着します。

Stannisとの戦いで勝利したLannisterの知らせと、House TyrellもHouse Lannisterの側についたことを知って焦りの見えるRobb。

さらに、Harrenhal(ハレンハル)では200人もの北の者たちやRiverlandにいたStark側についていた人たちが殺されています。そこで、一人だけ生き延びたQyburn(キバーン)と言うおじいさんがいます。

 

 


Tywinの元に、Tyrionがやって来ます。

戦いの際、戦うことを恐れて逃げたJoffreyの代わりに兵士たちを従えて戦ったその報酬が、Hand of the King のバッジの没収と、くらい牢屋みたいなところに入れられるなんて。というTyrion。

Jamieが継承するはずだった土地であるCasually Rock(キャスタリーロック)をJamieがKing’s Guardに入った際に断ったため、自分は次男としてその土地を受け取る権利があるといいます。

ですが、Tywinは、お前の母親はお前のせいで死んだ。そんなモンスターに自分の土地を譲って自分の名前を語って欲しいと思うか?と。

Hand of the King の名前を使って、娼婦の館にされては困ると怒っているようですね。

ひどい・・・

最後には、また娼婦と結婚してみろ。その女をまた殺してやる。と。


シーンは変わり、SansaとShaeが話をしています。あの船は、Done(ドーン)に行って、シルクを届けて、代わりにワインをもらう貿易船。と船のストーリーを考えるゲームをしています。

そこに、Littlefingerと彼の娼婦、Rozがやって来ます。

LittlefingerはSansaと二人きりになると、Sansaの母Catelynと、妹Aryaを見たといいます。家に連れて行ってくれるといいたでしょう?どうすればいいか教えて欲しい。というSansa。

一方RozとShaeも話をしています。

覚えていますか?RozはStark家のいたWinterfellで娼婦をしていました。

Sansaの生まれた日を彼女は知っているんですね。そしてその日は御祝いの鐘が1日中鳴り響いていたことも。そして、彼女を彼から守ってね。

といい、Littlefingerと去って生きます。

Shaeも、いつもそうしている。といいます。


シーンは変わり、Danerysたち。

ドラゴンたちも、えらい大きくなったみたいですね!

軍を購入するために、Astapor(アスタポー)というところに向かっています。そこには奴隷を調教して、最強で忠実な兵士たちがいるという噂です。

Dothraki(ドスラキ)の兵士たちは初めて乗る船に船酔いが止まらないようですね。

 


Davosはなんとか、Dragonstoneに連れて来てもらったようですね。

Stannisを訪れます。死んだと思っていたよというStannis。

Melisandreのせいで負けたというDavosですが、自分がその場にいなかったからみんなを助けられなかった。そして、私を置いて行けと行ったのはあなたの決断でしょう?というMelisandre。

DavosはカッとなってMelisandreを殺そうとして、牢屋に入れられてしまいます。


シーンは変わり、JoffreyとMaegearyです。

Maegaeryが外に出て歩いてどこかに行ってしまいます。

彼女が訪れたのは、孤児院。そこにいる子供たちの話を聞きます。

そして、兵士として死んで行った父親を持つ子供たちを慰めます。子供達にも人気のMaegearyをJoffreyも気にし始めます。

その夜夕食を共にするTyrell家とLannister家。

CerseiはJoffreyと今までになくうまくコミュニケーションをとるMaegaeryに少し嫉妬心みたいなものがあるようですね。

昼間に孤児院であったことを話すと、その町の人たちに心を開きすぎると殺されるというCersei。Joffreyは、母は年をとるほど心配性になっていくんだ。とMaegaeryの味方につきます。

 


Danyたちが、Astaporについたようですね。

奴隷兵士たちのリーダーとその翻訳者と話をするDany。

でもこのリーダーなんか上から目線で嫌なやつですね。

Dothraki語を知らない奴らと思って、Dothraki語でちょこちょこ悪口を言う彼。

Danyのことですら、ウェストロスから来た娼婦と呼びます。そこをうまく隠して頑張って通訳する女の子。

彼はこの奴隷兵士たちがいかに忠実で、死が恐怖ではないかを見せてやるといい、兵士の一人の乳首を切り捨てます。ビクともしない兵士。

奴隷たちは5歳の頃から調教されます。さらにはトレイニングの最後には、弱みを完全になくすために、生まれた奴隷の子供を母親の目の前で殺す。と言うのです。その代わりに母には銀を与える。

これには黙っていないDaenerys。子供の命を奪う代わりに母親に銀を与えるなんて変だ。と言うDanyに対し、

バカを言うな。母親じゃなく、奴隷のオーナーに支払われるんだ。と。。。

この町の奴隷文化の闇を知ることになるDany。明日までに決断しろと言うオーナー。

街を歩くDany。一人の女の子がDanyの方を見つめて、ボールを持っています。Danyを見ると恥ずかしがってか、逃げる女の子。その女の子の後をついていくDany。

その後ろから何か黒い服を着た人がDanyの後をつけて来ます。

Danyに持っているボールを投げる女の子。

Danyがキャッチすると、ジェスチャーで”開けてみて!”といいます。

開けようとするDanyにナイフを持った男が近づきます!

ボールを落とすDanyですが、そこから出て来たのは、変な蜘蛛!!!

危機一髪でDanyを助けた男。。。

青い唇の本性を見せた女の子は海に消えたと思ったら、3人を後ろから見ている女の子。一体何者なんでしょう?

DaenerysがWarlocks(ウォーロックス)だ。といいます。

Warlocksは、Qarthのマジックのパワーのことです。PyatとXaroがDanyとドドラゴンをHouse of Undyingに閉じ込めて、自分たちのパワーを強めようとしていましたね。

そのおかげでQarthのキングとなったXaroとPyat。:リーダーを殺されたことで、パワーを持つQarthの何者か、もしくは何かのパワーがDanyに執着心を持って暗殺しようとした説が有力みたいです。DanyがなぜWarlocksだとわかったのかと言うと、女の子の唇です。本性が出た時に青い唇を見せましたね。見覚えがありませんか?そう、Pyatです。彼の魔法の分身たちも同じ唇の色なんです。本でも誰がこれを計画したかは詳しく出て来ませんので、説明はこれくらいで。

そんなことより、Danyを助けたこの男、誰なんでしょう?

そう!

Barristan Selmy(バリスタン・セルミー)です!Robert Baratheon, Joffrey BaratheonにKing’s Guardの最強の指揮官であり、騎士として仕える前に仕えていた王が!!そう!!

Daenerys Targaryenの父親であるAerys ll Targaryen(エアリス・ザセカンド・タイゲリアン)です!

Queen’s Guardとして仕えるためにあなたを探していました。と言うBarristan!

 

様々な人物がストーリーの中で繋がっていきます。

続きはまた次回!

Related posts

Leave a Comment

CAPTCHA