|Season2 Episode6|世界一わかりやすいゲームオブスローンズ解説|ネタバレ注意|

 

お久しぶりです!こんにちは、Nomadamです。
本業のの仕事が忙しくなりすぎてしまい、全然更新できませんでした。。。
コメントくださった方、お気に入り登録してくださっている方、サイトを拝見してくださっている方、申し訳御座いませんでした!

また解説復活させていき、更新していきたいと思いますので、是非是非またご覧いただければと思います。

解説復活させた理由ですが、ただいまNomadam、
アメリカ横断旅行中!

そして7月16日には、本国アメリカではSeason7がスタートします!!
超リアルタイムで観れるのはファンとしては嬉しい限り!!!
ということで、できる限り早めに追いつけるように頑張りますので、応援よろしくお願いします!

ちなみにですが、まだSeason5, Season6をご覧になていない方は、Season7の予告もご覧になられないことをお勧めします。。。ご存知のとうり目まぐるしくいろんなことがお起こるので、特にSeason6では。

 

それでは!ゲームオブスローンズ解説です!バックストーリーや小さな気づきなど、他じゃ聴けないGOT解説にしていきます!

理解を深めてもらいたいと思い、英語を極力訳さず、英語の独特なニュアンスを残したまま伝えていきたいと思いますので、字幕で見ることをお勧めします!また、エピソードで起こったことその出来事やそこから先につながる大切なことなど、細かく説明しております。気長に楽しんでください。

それでは、Season2 Episode6についてちょーわかりやすく解説していきます。

まだ見ていない方は見ないことをお勧めします。

 

 

!!! Spoiler Alert !!!

 





 

題名 “The Old Gods and the New”

 

この題名に使われているフレーズ、直訳すると’古い神と新しい神に’という意味なんですが、Game of Thrones では、何かを誓う時や護衛や家来がLord(君主)に忠誠を誓う時に、今まで存在した、また未来に存在する全ての神に誓って。といったニュアンスで使われています。

前回のエピソードでは、Theon Greyjoy(シオン グレイジョイ)が、父親Balon(ベイロン)に自分のが立派に成長したことや、今でもHouse Greyjoy への忠誠心を忘れていないことを証明するために、House Starkの城のある Winterfell(ウィンターフェル)を襲いに行こうとしていました。

 

そのTheon達がWinterfellに到着したみたいです。

Stark家の次男Branの世話係でありアドバイザーのMaester Luwin(ルーウィン)が慌てて、Catelyn Stark(キャサリンスターク)とRobb Stark(ろぶ)に緊急事態のRaven(レイブン)を送ります。

TheonがBranの部屋に入って、”Winterfell は自分が占領した。みんなを集めて、降参して、WinterfellはTheon Greyjoyのものだと言え”といいます。

Branは今まで一緒に育ち、Robbと一緒に父親の仇を取りに行ったTheonが今なぜここにいて、なんでそんなこと言うのか、まだ理解できていないみたいです。

そして、Theonに”今までずっと自分たちのことが嫌いだったのか?”と聞きます。何も返せないで去るTheon。かわいそうなBran。

みんなを集めて、BranがWinterfellはTheonのものだといいます。(みんなを守るために。)

そして、LuwinにWinterfellがTheonのものだと言うRavenをRobbとYaraに送らせます。

そこで、Osha(オーシャ)がTheonに忠誠を誓います。

ショックそうなBranです。

そこにTheonの軍に捕らえられた、Rodrik Cassel(ロドリック カッセル)がやってきます。

彼は長年Stark家に仕えていて、とても忠誠心が高いので、Nedに育ててもらったTheonがこんな仕打ちをしているのが、許せないんですね。

それでも、自分はGreyjoyの長男(兄はStark家との戦いで死んでいるため)でもうWinterfellは自分のものだと抜かすTheonに唾を吐きます。

公衆の面前で、実質のLordを侮辱したことは死に値するものだ。とガードとして一緒にきたDagmer(ダグマー)が主張します。

Rodrikも一緒にずっと過ごした一人。さすがにこれにはTheonも動揺しますが、ここはプライドと地位を守らなければいけないTheon。

 

死刑を勧告します。

Branもことの重大さに気づき、動揺します。

Luwinも冷静に判断しろとアドバイスしますが、、、

聞かない様子。。

必死に叫ぶBranの声も届かず。。。涙

 


シーンは変わり、

Jon Snow達Night’s Watch一行です。The Wallの向こう側でWildlings(ワイルドリングス)達を探しています。

リーダーのQhorin(コーリン)が説明しているように、Wildlingsはその名の通り壁の向こう側の人たちの作ったルールには一切従わず、独自のルールやコミュニティーを持った野生児たちです。こちらの常識は通用しませんので、いつ何をされるかわからないんです。

 


シーンが変わり、CupbeaとしてTwin Lannister(タイウィン ラナスター)のそばにいるArya(アーヤ)のシーンです。お気に入りの方の息子Jamie(ジェイミー)がStarkに捕らえられているとあって、焦りを見せるTywin。

そしてその原因となったのが、手紙を届ける役をしていた男。

味方に送るための手紙を間違えて敵(Stark)に送ってしまったんですね。だから、Robb達はLannisterの基地に先回りしたって言うわけ。

ことを皮肉って、”ただのメイドだって読めるのに”といいますね。

この時代には、High Borne(ハイボーン/地位の高い家系に生まれた子供)くらいしか読み書きを勉強することはなかったので、字が読めないのは珍しいことではありません。が、Aryaが文字を読めることに気づいたTywin。

それはとりあえず置いておいて、

そこに、Petyr Baelish / Littlefinger(リトルフィンガーことピーターベイリッシュ)がTywinの元にやってきます。

これはピンチなArya!! LittlefingerはAryaにあったことがあるからです。

必死にlittlefingerから顔を隠すArya。

Littlefingerは暗殺された、Renly Baratheon(レンリー バラシアン)について話し始めます。

Renlyと結婚したMargaery Tyrell(マージェリー タイレル)とJoffrey(ジョフリー)を結婚させれば、LannsiterとStarkの次に大きな軍隊を持つHouse Tyrellを味方につけることができる。Margaeryはクイーンになれるので、円満に行くだろうと言う提案でした。

Renlyの妻であったMargaeryは彼と共に、Iron Throne(王の座)を狙っていたことを懸念するTywinですが、Littlefingerは、Stannis Baratheon(スタナス バラシアン)とRobb Starkを負かしてから復讐すればいい。と言います。

動揺してワインをこぼすArya。

また、Catelyn Starkにも会い、彼女が娘達を心配しているようだと言います。

とりあえず危機一髪バレずに済んだようですね。


シーンは変わり、The Wallの向こう側にいるNight’s watch達です。

Jon達が何やらWildlingsの一部を見つけたようですね。

最後の一人を殺そうとした時に、女だと気づいたJonは殺せませんでした。

名前はYgritte(イーグリット)。

彼女は、仲間達の死体を燃やせと言います。

White Walker達は死人をよみがえらせて彼らのWhights(ワイツ)と言うゾンビの軍隊にします。だから燃やして、灰にしろと言っています。

また、ここら辺には何千ものWildlings達がいるとも言っています。

Ygritteの処刑を頼まれたJonですが、

やはり殺せません。

 


シーンは変わり、King’s Landing(キングスランディング)。

Myrcella(マセラ)をHouse Martellとのアライアンスを築くためのお嫁として、Dorne(ドーン)に送ります。

Cersei(サーシー)がこのアライアンスを準備したTyrion(ティリオン)に対して、”あなたが、本当に心から愛する人を見つけることを願ってる。私がその人を殺す前にね。”と言います。

あいかわらず怖い。

そのあと城に戻る途中のJoffrey達ですが、あまりの貧困から、人々の不満が募っていたようですね。Joffreyへの野次や泥が飛んできます。

KingやQueen達を守るガード達も次々に殺されていきます。

なんとか逃げ延びたJoffreyは裏切り者達めと怒っていますが、そんなKingとしてちゃんと大衆の意見を聞かず、ここまで人々を飢えさせたJoffreyに激怒するTyrion。

そしてTyrionを平手打ち。

TyrionがSansaが見当たらないことに気づきます。

逃げ回るSansa、

危機一髪でKing’s GardのThe Hound(ハウンド)に救われます。


シーンはQarth(カース)にいるDaenerys Targaryen(デネロス タイゲリアン)。

Spice King(スパイスキング)に船をもらえるか交渉しにきています。

自分のものであるSeven Kingdomsを取り返すために船を欲しいと言いますが、アライアンスも、軍隊もない人に何ができるかと言われ断られてしまいます。

 


シーンはAryaとTywinのシーンです。

テーブルを片付けていると、Aryaが机の上にある兄Robb Starkのことについて書かれている手紙を見つけます。

そこにTywinが戻ってきて、”どこで読むことを学んだんだ”と聞きます。

父親に教わったんだ。とごまかします。

そして、Tywinに自分の父親を知っているか?と問います。

そして、Tywinが自分の父親の話をし始めると、AryaはテーブルにあったRobbのことが書かれた手紙を盗みます。

盗んだ手紙を見ていると、Lannisterの軍の一人でAmory(アモリー)と言う男にぶつかります。そして、Aryaの持っている手紙に気づきます。

逃げるArya。

そして、Jaqen H’ghar(ジャックエン ハガー)を見つけて、慌てていますぐAmoryを殺すように頼みます。

AmoryがTywinの部屋のドアを開けた瞬間、毒殺されます。

危機一髪。


シーンは変わり、RobbのいるStarkの基地です。

RobbはTalisa(テリーサ)から目が離せないみたいですね。

話していると、母Catelynがやってきます。

母はRobbの気持ちに気づいているようですね。

本当は好きな人のことを好きになって欲しいけど、Stark家の長男としての”責任”があると言います。

覚えていますか?

父親Robbを救うためにWalder Frey(ウォルダー フレイ)と娘の一人とRobbを結婚させる契約をしていたこと。。。

そこに、WinterfellからRavenのメッセージが届きます。


シーンは移り、JonとYgritte。

夜が近づいていますが、他のNight’s Watch達は見つかりません。

仕方がないので、ここで夜明けを待つことにした2人。

いい感じにYgritteに振り回されるJonが面白いですね。笑


シーンは変わり、LuwinからのRavenにショックを受けるRobb。

Winterfellに戻ろうとしますが、Lannisterとの戦いもあります。窮地に立たされるRobbですが、Rose Bolton(ローズボルトン)が、自分のBastard son(純血の家系の子ではない息子)、Ramsay(ラムジー)を送って、Winterfellを取り返す。と提案します。選択肢のないRobb。

この選択が今後どう影響してくるのか。。。


シーンは移ってWinterfellにいるTheon。

女に目のないTheonをうまくOshaは挑発します。

そして、、

Theonの寝ている間に抜け出すOsha

ガードに見つかりますが、同じ手で女を使ってすり抜けます。

合図をだして、Rickon(リコン)と、BranそしてHodor(ホードー)と二人のDire Walves(ダイアウルフ)を逃します。

 


シーンはQarthに戻ります。

Spice Kingに交渉を断られて、家に帰ると、Daenerysのガード達が殺されています。

慌てて、部屋に戻ると、

ドラゴン達が盗まれています!!

そして、ずっと一緒にいたIrri(イリー)も殺されています。

そして、何者かがDanyのドラゴン達をタワーに運んでいるシーンで終わります。

最後まで読んでいただきありがとうございます!

それではまた次回。




Related posts

Leave a Comment

CAPTCHA