|シーズン1 エピソード8|世界一わかりやすい『ゲームオブスローンズ』解説|ネタバレ注意|

こんにちは、Nomadamです。

ゲームオブスローンズ解説です。バックストーリーや小さな気づきなど、他じゃ聴けないGOT解説にしていきます!

 

それでは、Season1 Episode8についてちょーわかりやすく解説していきます。

まだ見ていない方は見ないことをお勧めします。

!!! Spoiler Alert !!!

 





前半

題名:The Pointy end(崖っぷち)

あまり現代の英語や会話の中では使わない表現ですが、タイトルなので、簡単に説明します。
GOTのこのタイトルだと恐らく、Nedの状況を表現しているので、”生きるか死ぬかの崖っぷちに立たされている”みたいな表現でしょうか。
”シリアスになってきた”みたいな表現もアリかと思います。


さて、前回のエピソードは衝撃的でしたね・・・

スクリーンショット 2016-07-18 22.22.52

一か八かで、Littlefingerを信じて、みんなの前で真実を語ったNedですが、Littlefingerに裏切られて、反逆罪で捕らえられるはめになってします。

なので、King’s Landingにいるその他のStark側につくものはどんどんと殺されていきます・・・

スクリーンショット 2016-07-21 12.21.23

AryaやSansaも危ないですね。
2人は他の者たちと違い、交渉に使えるので、生きて捕まえようと必死に探すLannister軍。
もちろんいざとなれば殺されます。

スクリーンショット 2016-07-21 12.21.53

Sansaを守るために、Lannisterの兵隊たちに一人で立ち向かう、お世話係りのおばさん。

AryaはいつものようにDancing Masterと剣の練習をしています。

スクリーンショット 2016-07-21 12.23.27

そこにもLannisterの兵達がやってきます。Dancing MasterはAryaを逃し、一人、木の剣で立ち向かいます。

スクリーンショット 2016-07-21 12.22.41

部屋に向かうSansaですが、The Houndに見つかって、Queenが探していると言われて連れて行かれます。

スクリーンショット 2016-07-21 12.23.56

Aryaは商人の男の子に襲われそうになりますが、JonからもらったNeedleを見つけ、危機一髪で助かります。

スクリーンショット 2016-07-21 12.24.08

町中がStarkの娘たちを探していますね。


Black Cells(ブラックセル)

牢に閉じ込められているNed。

スクリーンショット 2016-07-21 12.24.31

そこに顔を隠したVarysがやってきました。
自分ではなく、NedがLittlefingerを信じてしまったことを残念に思っています。

スクリーンショット 2016-07-21 12.24.43

Nedが捕まった時に、なんで助けてくれなかったんだと聞きますが、武装もしていなかったVarys、生き延びるためにはあの場に及んでQueenに背いて、Nedの味方なんてできません。
そして唯一の頼みであった、人質としてCatelynが捕らえていたTyrionも、逃してしまったことを知ります。
まさに題名のPointy endですね・・・


Night’s Watchの死体

シーンは変わって、Castle Black(キャッスルブラック)です。

スクリーンショット 2016-07-21 12.32.18

壁の向こう側にあった死体です。前回のエピソードでJon Snow のDirewolf(ダイアウルフ)、Goast(ゴースト)が見つけた腕の主のようです。

この死体もまた、Benjen(ベンジン)と共にパトロールに出たNight’s Watchの一人だったんです。
Benjenの死体はまだ見つかってません・・・

スクリーンショット 2016-07-21 12.32.45

その場はとりあえず、死体を燃やすことで話はまとまります。Sam(サム)は、死体なのに臭くないということに気づきます。


Lord Commander(ロードコマンダー)のJeor Mormont(ジオ・モーマント)がKing’s LandingからのRaven(レイブン)を受け取りました。

スクリーンショット 2016-07-21 12.33.14

そこには、キングであったRobertの死の報告と、NedがJoffrey(ジョフリー)を真の王として認めなかったことへの反逆罪で捕まっていることが書かれています。

そして、Jon Snowもその事実を知ることになります。

スクリーンショット 2016-07-21 12.34.37

思わず立ち上がるJonに、”バカなことを考えてるんではないんだろうな?”Jeorが言いますね。
1度Night’s Watchに入ったからには、死ぬまで出ることはできません。ので独断で動くことは許されません。Episode1でもありましたが、それだけで死刑に相当する罪になってしまうんですね。
そして、Night’s Watchになったということは、自分の家族の名前を捨てるということなのです。


SansaからRobbへの手紙

シーンはking’s Landingに戻ります。

スクリーンショット 2016-07-21 12.35.22

Cerseiは、”NedはJoffreyにかわって、王座を奪おうとしている”とSansaに伝えて、父親が反逆罪であることを伝えます。
Sansaは、そこで父親Nedが反逆罪で捕まっていることを知ります。

スクリーンショット 2016-07-21 12.35.10

Pycelleは反逆罪を犯した父親がいる娘と、Joffreyを結婚させるわけにはいかないとアドバイスします。
一方、LittlefingerはSansaは無実なのでチャンスをあげてもいいんではないかと言っていますね。

Cerseiは、”母Catelynと兄Robbに手紙を書いて、King’s Landingにこさせ、Nedの罪を認めて、Joffreyに忠誠を誓うようにと手紙を書けば、父Nedの命を助ける”と言います。
Cerseiのプレッシャーと、父親を助けるために、Robbに自分の言葉で”Joffreyこそが真の王だ”と書かされるSansa。

スクリーンショット 2016-07-21 12.36.19


Nedが捕まったことを知るRobbとCatelyn

Winterfellで手紙を受け取ったRobb、Sansaに無理やり文章を書かせたCerseiに激怒し、”Joffreyに忠誠を誓え”を鵜呑みにするわけはなく、軍隊を集めて、父親Nedを助けようと意気込みます。

スクリーンショット 2016-07-21 12.36.39

Winterfellから一斉にレイブンが飛んでいきます。Lannisterとの戦争に備えて、北にある家系に軍の援助を出す要請をしているんですね。

スクリーンショット 2016-07-21 12.36.59


The EryieにいるCatelynにシーンは移ります。

スクリーンショット 2016-07-21 12.37.09

Nedが囚われていることについて今知ることになったCatelyn。
そして、それを知っていて、Catelynになにも言わなかったLysaに怒っています。

夫(Jon Arryn)を殺し、自分たちのためならどんなことでもするLannisterに目をつけられたら危ないのはわかっているし、息子を危険にさらす可能性があるため、LysaはNedを取り戻すためのRobbの戦いに関わりたくないんですね。

スクリーンショット 2016-07-21 12.37.18

Nedを助けるために、軍隊を出すことを断られてしまいます。


シーンは変わり、King’s Landingへの帰り道のTyrionとBronnです。

スクリーンショット 2016-07-21 12.47.49

野宿しているところに何者かが近づいてきます。
Shagga(シャガー)というリーダーが率いるHill Tribe(ヒル トライブ※以前紹介しましたが、どの家系にも支配されない野生児達の群れ)です。

スクリーンショット 2016-07-21 12.47.32

自分はTywin Lannisterの息子だと主張し、”自分たちを生かしてくれるなら、the Vale(ザヴェイル)の土地をお前たちのものにしてあげる”と言葉巧みになんとか助かります。


死体の正体

Castle Blackにシーンは移ります。

スクリーンショット 2016-07-21 12.48.33

意地悪な教官、Alliser(アリサー)が、”ただのBastardじゃなくて、裏切り者のBastardだな”と父親が反逆罪で捕まったことについて嫌味を言ってきて、乱れるJonですが、他の仲間に止められます。スクリーンショット 2016-07-21 12.49.00

それを見ていたLorde Commander、部屋で頭を冷やすように言います。

スクリーンショット 2016-07-21 12.49.16

部屋に戻ったJon Snowですが、Goastが落ち着きません。

スクリーンショット 2016-07-21 12.50.27

外に飛び出したGoastについていくと、Lord Commanderの部屋の前に来ます。

そっと中に入るJon、すると先ほど死体で見つかった奴が襲ってきます!

スクリーンショット 2016-07-21 12.51.24

物音に気付いたJeorも出て来ますが、危機一髪でJonが死体に炎を放ち、命が助かりました。
その様子を目にしたJeorもさすがにびっくりしています。
そう、死体はWhite Walkerによって甦らされたWightsだったのです!

スクリーンショット 2016-07-21 12.52.33


後半




黒魔術師の女

シーンは移り、Dothraki(ドスラキ)の群れです。

スクリーンショット 2016-07-21 12.55.01

Westerosに向かうこと、王座を勝ち取ることをDaenerysに誓ったDrogo。
ですが船を買うためのお金を集めるために、町を襲いにいきます。
そこで奴隷を集め、奴隷を売り、Danyのために船を買おうとしているんですね。

これには目をつぶれないいDaenerys。
止めるように言います。

スクリーンショット 2016-07-21 12.54.11

Khaleesiとはいえ、Drogoに物申すDaenerysに対して、やはりDothrakiの男たちは、外国人が何を言っているんだといった感じですね。

スクリーンショット 2016-07-21 12.55.48

ですが、Drogoは、KhaleesiであるDanyの側につきます。

スクリーンショット 2016-07-21 12.56.02

異国の者であるDaenerysに味方したDrogoに疑問を持った男と決闘になります。
Dothrakiは、弱肉強食。Khal(カール=王)の統制に疑問があるなら殺して、自分が王になるしかありません。

スクリーンショット 2016-07-21 12.57.19

ですがさすがDrogo!
勝ってKhal(カール)の座をキープします。が、傷を負ってしまいました。

スクリーンショット 2016-07-21 12.57.45

そこで、奴隷にされかけていた女性の一人が傷の手当てをすると言い、寄って来ます。どうやら彼女は黒魔術師のようです。
Dothrakiの者たちはかなり警戒している様子ですね。

スクリーンショット 2016-07-21 12.58.11


場面はWinterfellに戻ります。

スクリーンショット 2016-07-21 12.58.55

この戦いのために集まってくれた新しい仲間たちとお酒を交わすRobb。

スクリーンショット 2016-07-21 12.58.47

この白髪の男の人はJon Umber(ジョン・アンバー)、Greatjon(グレイトジョン)として知られています。House UmberはHouse Starkに長年忠実な家系の一つです。

スクリーンショット 2016-07-21 13.01.05

そのGreatjonが、Robbを若造呼ばわりし、自分が軍隊の最前線を行くべきだと主張します。それを断ったRobbに対して、不機嫌になるGreatjon。

スクリーンショット 2016-07-21 13.01.45

剣を取り出そうとしたGreatjonにその余裕も与えず、RobbのDorewolf(ダイアウルフ)であるGrey wind(グレイウィンド)が襲いかかり、指を食いちぎります。

スクリーンショット 2016-07-21 13.02.29

それを笑い飛ばし、なぜかそこでRobbに従うことに納得した様子でしたね。笑
その笑いで場も和みます。

スクリーンショット 2016-07-21 13.02.44

 


弟たちとの別れ

スクリーンショット 2016-07-21 13.03.31

そして、その夜BranにWinterfellと弟Rickonを守るようにと頼み、お別れを言い父を助けるために南に向かいます。
Rickonはお別れが悲しくて、隠れていたようですね。

スクリーンショット 2016-07-21 13.04.24

”お父さんもお母さんもお兄ちゃんももう戻ってこないんだ。”と言って去っていきます。


 

スクリーンショット 2016-07-21 13.05.10

Heart tree(ハートトゥリー)に向かって、Branがみんなが無事に帰ってくることを祈っていると、Osha(オーシャ)がやってきます。WildlingsであったOshaですが、Old Gods of the Forest(森に昔からいる神)に祈り、信じることは変わりないようですね。

スクリーンショット 2016-07-21 13.06.18

そこに、川で水浴びした後、服を着忘れて走ってきたHodor(ホードー)が来ます。笑

BranがOshaに、Giant/ジャイアント(巨人)は壁の向こう側に本当にいるのかと聞くと、”Giantよりももっと悪いものたちがいる”といいます。

スクリーンショット 2016-07-21 13.06.48

Robbにも伝えようとしたが、南なんかより、北に警戒するべきだと言います。


Castle Blackに場面は戻ります。

スクリーンショット 2016-07-21 13.07.02蘇ってJeorを襲った死体を燃やします。
Samはみんなが言えなかったことを口に出します。”White Walkersに甦らされたんだ。だから青い目をしていて、炎だけが彼らを止められる。この壁で十分だと良いけど・・・”と言います。

スクリーンショット 2016-07-21 13.07.26

剣を持たせればあまり・・なSamですが、本をよく読み知識はある頭の良いキャラですね。


母と息子の再会

スクリーンショット 2016-07-21 13.08.24

CatelynがWinterfellへの帰り道にRobbの基地に到着します。

スクリーンショット 2016-07-21 13.09.17

久しぶりの再会を喜びますが・・・
そこで、CatelynもSansaの手紙を目にします。CatelynもSansaとAryaがKing’s Landingにいるので心配しています。ですがもちろん、Joffreyに忠誠を誓うなんてしません。
”もしこのバトルに負ければ、Nedも娘たちも、私たちも死ぬことになる。”という覚悟で戦いの準備を進めます。

スクリーンショット 2016-07-21 13.09.33


TyrionとTywin

シーンはHill tribeに捕らえられているTyrionとBronnです。やっとLannisterの基地にたどり着きます。

スクリーンショット 2016-07-21 13.10.13

そして、父親Tywin Lannisterと、Hill tribeと交渉したことを伝えます。

スクリーンショット 2016-07-21 13.10.22

ですが、Starkが動き出したという報告が入り、それどころではありません。さらには、嫌いな息子Tyrionが自分の名前を使って交渉して来たことにもイライラしている様子。
戦いに協力して勝てばもっと褒美をやるとhill tribeのものたちにTywinが言い、その場は収まります。


スクリーンショット 2016-07-21 13.10.55

作戦を練っているRobb、そこでLannisterのスパイを捕まえたみたいですね。

スクリーンショット 2016-07-21 13.11.09

ですが、母親も他のみんなも反対する中、彼を条件をつけて逃がしてしまいます。
これには少し疑問を持つ北の者たち。


King Joffrey

King’s Landingのシーンに移ります。

スクリーンショット 2016-07-21 13.12.01

Nedの代わりに、Hand of the Kingとして、Tywin Lannisterが引き継ぐことになったようです。
また、長年Kingsguardとして支えてきたSer Barris (サー・バリス:バリスタンの省略)に、歳をとったことを理由にKingsguardから降りることをJoffreyに命令されます。

スクリーンショット 2016-07-21 13.12.18

そして、Jamie Lannister(ジェイミー・ラナスター)をKingsguardのLorde Commanderとして任命することを決めたと一方的に告げられます。
イライラしつつも、King’s Landingを去らざるをえないSer Barris。

スクリーンショット 2016-07-21 13.13.08

これで、KingとQueenを含め、Lannisterがかなりのパワーを持ってしまいますね・・・

スクリーンショット 2016-07-21 13.13.37

そして、SansaがJoffreyの前に跪き、父親の許しを請います。

スクリーンショット 2016-07-21 13.13.53

Joffreyは、“もしNed Starkが、自分が王だと正式に告白しなければ、彼は死ぬことになる”と言い、エピソードが終わります。

それではまた次回

Related posts

Leave a Comment

CAPTCHA