|シーズン1 エピソード5|世界一わかりやすい『ゲームオブスローンズ』解説|ネタバレ注意|

こんにちは、Nomadamです。
ゲームオブスローンズ解説です!バックストーリーや小さな気づきなど、他じゃ聴けないGOT解説にしていきます!

それでは、Season1 Episode5についてちょーわかりやすく解説していきます。
まだ見ていない方は見ないことをお勧めします。

 

 

!!! Spoiler Alert !!!




 


前半

題名:The Wolf and the Lion(狼とライオン)

stark-vs-lannister

さて、もうここまでこのブログを読んでいる方にはおなじみだと思うのですが、Wolf(ウルフ)とはHouse Stark(ハウススターク)のSigil/セジル(シンボル)ですね。そしてLion(ライオン)はHouse Lannister(ハウスラナスター)のものになります。
以前の記事でお伝えしたように、昔から色々と角質やコネクションのあるStarkとLannister。
これからどんな関係になり、お互いにそう影響しあうことになっていくんでしょう。


Jon Arryn(ジョン・アリン)の死の謎

さて、前エピソードであったコンバットのトーナメントの会場に来たNed(ネッド)ことEddard Stark(エダード・スターク)。

スクリーンショット 2016-07-18 20.02.12
トーナメントで負けたSer Hugh of the Vale(サー・ヒューゴ・オブ・ザ・ヴェイル
※以前の記事で説明あり)。
ちなみにthe Vale(ザ・ヴェイル)はHouse Arryn(ハウス・アリン)が支配している土地になります。
Hughの死を見届けて、テントにいたのが、Barrister Selmy(バリスタン・セルミー)です。前回の記事でも紹介しましたが、Kingguard/キングスガード(王の護衛)で、一番強い剣士と言われる一人で、長い間王に仕えています。

スクリーンショット 2016-07-18 20.02.37

ここで2人が話しているのは、以前の記事で紹介しましたが、Rhaegar Targaryen(レイガー・タイゲリアン)がNedの妹であるLyanna Stark(リアナ・スターク)を誘拐したことで怒ったRobert Baratheon(ロバート・バラシアン)が起こした戦い、”Robert’s Rebellion(ロバートのリベリオン)”についてです。
Barrister Selmy(バリスタン・セルミー)はHouse Targaryenにとても忠実なKingsguardでした。なので戦いでは、Robert側についていたNedとは敵同士だったわけです。

NedはこのJon Arryn(ジョン・アリン)の弟子であったHughの死について、疑問を持っています。恩師であったJonが亡くなり、護衛として関わったばっかりなのに、名もなく、家族もいないHughがどうやって真新しい鎧を手にしたのか。。。


House Lannisterの思惑

一方、King Robert(キングロバート)、太りすぎで、鎧がはまらない様子ですね。笑

スクリーンショット 2016-07-18 20.03.04
Robertに鎧を着せようとしているのはLancel Lannister(ランセル・ラナスター)で、Cersie,Jaime,Tyrionの従兄弟であり、父親、Tywin Lannister(タイウィン・ラナスター)の甥にあたります。

スクリーンショット 2016-07-18 20.02.53
いちいち、揚げ足を取られ、こき扱われてます。が、、、
2人の会話の中でRobertが、”妻Cersieが、父Tywinとのコネクションを強くするためにも、Lancelを従者としておくことを強く勧めてきたんだ。”と言っていますね。

スクリーンショット 2016-07-18 20.03.24
うーん・・・Nedの疑問がだんだん明らかになっていきそうです。
現在House Baratheonが王座にはついていますが、実質上の権利や側近たちはHouse Lannisterの者たちが固めていますね。


Knight of the Flowers(花の騎士)

トーナメントにシーンが移ります。

スクリーンショット 2016-07-18 20.12.55
Sansa Stark(サンサ・スターク)にバラをあげていたのはLoras Tyrell(ロレス・タイレル)。Knight of the Flowers(花の騎士)と呼ばれ、女性陣に人気のようですね。

ここで新しい家系を紹介します。

House-Tyrell-Main-ShieldHouse Tyrell(ハウス タイレル)

Sigil(シンボル)・Golden Rose(金のバラ)
Words(モットー)・Growing Strong(強く育つ)
Seats(拠点)・Highgarden(ハイガーデン)

 

 

 

 

ということで、Knight of the Flowersの意味もわかりましたね。

ここで、Lorasが目をやったのは、Small Council(スモールカウンシル)にも出席していたRenly Baratheon(レンリー・バラシアン)です。この目線の使い方なんだか怪しい関係のようですね・・・

スクリーンショット 2016-07-18 20.15.28

ちなみにトーナメントの相手は前回と同じ、The Mountain(マウンテン)ことSer Gregor Clegane(サー・グレゴー・クレゲイン)です。

Lorasを心配して、久しぶりに娘から寄り添ってきたことに嬉しくなってるNed。

スクリーンショット 2016-07-18 20.16.50

Little FingerとRenlyの会話です。
Littlefingerは”Renlyの真実”について何か知っていそうですね。。。

スクリーンショット 2016-07-18 20.20.41

一方、Lorasにトーナメントで負けて落馬し、激怒したThe Mountainが剣で馬をチョップ。。。

スクリーンショット 2016-07-18 20.18.08
そのままLorasを襲おうとしますが、The Mountainの弟であり、KingsguardのThe Hound(ハウンド)が割って入ります。
前回の記事でも紹介しましたが、The Houndは兄のThe Mountainへのトラウマがあります。

スクリーンショット 2016-07-18 20.18.28

兄弟で決闘になりますが、キング”そこまでだ”の一言でことは収まります。


捕らえられたTyrion Lannister

前回のエピソードでCatelyn Stark(カテリン・スターク)に捕らえられたTyrion(ティリオン)。

スクリーンショット 2016-07-18 20.22.37

身に覚えのないTyrionです。ちなみにTyrionが言っていた”A Lannister always pays his debts.”(ラナスターは必ず借りを返す)はHouse LannisterのWords(ワード/モットー)である”Hear me roar”(私の雄叫びを聞け) よりもよく使われているものです。
これから先もよく聞くと思うので、少し頭に置いておくと面白いです。

スクリーンショット 2016-07-18 20.23.05

潔白だと主張しますが、もちろん聞く耳を持たないCatelyn。
そこに!!いきなりHill Tribes(ヒルトライブ)が襲ってきます。

スクリーンショット 2016-07-18 20.23.26
※Hill Tribesとはここら辺を支配しているHouse Arryn(ハウス・アリン)にの統制から逃れ、通行人を襲って生き延びている人たちです。

スクリーンショット 2016-07-18 20.23.45

そこでTyrionは初めて人を殺します。しかもCatelynを守って。
なんとか生き延びたHouse Starkに使えるRodrik(ロドリック)とCatelyn、Tyrionと前回少し紹介したBronn(ブロン)。


Winterfell

シーンは移って、Winterfell(ウィンターフェル)
Bran(ブラン)が教育係のLuwin(ルーウィン)に7つの王国のSigil(セジル)やWords(モットー)を教えられています。

スクリーンショット 2016-07-18 20.24.20
Luwinは長年忠実にHouse Starkに仕えていて、経験や知識をもとに、Starkを支え、子供達を教育しています。会話の中でもで出来ますが、Starkの子供達が生まれてくるときにCatelynのお産を手伝ったのも彼なんです。自分の孫のように子供達を時には厳しく、でも愛しています。

ここでも”A Lannister always pays his debts”がでできますね。

スクリーンショット 2016-07-18 20.24.06

Branはお母さんが、彼を置いてどこかへ行ってしまってちょっと元気がありません。
彼が理由でCatelynは命をかけてKing’s Landing(キンズスランディング)に出向きましたが、もちろんBranは何があったのか知りません。


Wardという立場のコンプレックス

シーンは移って、StarkのWard(ワード※説明は以前の記事にあります)であるTheon(シオン)と娼婦のRos(ロス)のシーンに移ります。

スクリーンショット 2016-07-18 20.27.11

RosがTheonの出身の家について聞きますが、”そんなとこ知らないわ”みたいな感じです。
Theonは未だにStarkのWardであることがコンプレックスであるようですね・・・
出身家であるHouse Greyjoyの最後の後継である自分と、House Starkに育てられた自分との間で、気持ちが揺れ動いていきます。


Hughの死と毒

Ned Stark(ネッド・スターク)とVarys(ヴァリス)が会話をしています。

スクリーンショット 2016-07-18 20.27.53
”Hand of the Kingであるあなたが助けない限り、このままではおバカなKing Robertが殺されることになる。”とVarysが忠告します。
”Queen Cersie(クイーンサーシー)の刺客だけでなく、このKing’s Landingいはたくさんの刺客がいて監視されている。そして、Jon Arryn(ジョンアリン)のようにRobertも殺されるであろう。”というのです。

さらには”コンバットのトーナメントで負けて亡くなったJon Arrynの従者であったHughがJonに毒を持った。彼が誰に命令されたのかは知らないが。誰か金のある者による仕業だろう。”と続けます。

さらにはPycelle(パイセル)の言っていた”毒は女の使う道具だ”という言葉も引っかかりますね。高価な毒を手に入れることができる者・・・到底ただの従者であったHughが払えるお金なわがありませんね。

スクリーンショット 2016-07-18 20.28.17

ここで、Nedが疑っていたJonの死について少しづつ明らかになってきました。

そして、”なぜJon Arrynは殺されたのか?”というNedに対してVarysは、”彼が『疑問』を持ち始めたからだ”的なことを言いますね・・・
まるでNedに警告しているように・・・

King’s Landingでは”誰も信用してはいけない”とVarysは釘をさします。


スクリーンショット 2016-07-18 20.27.35

猫を追っかけて地下の部屋に来てしまったArya(アーヤ)、そこで目にしたのはDragon(ドラゴン)の骨です。
そこに入ってきたVarysとIllyrio(イリリオ)。

スクリーンショット 2016-07-18 20.28.53

ちなみにこのIllyrioはDarnerys Targaryen(デネロス・タイゲリアン)とDothraki(ドスラキ)のKahl Drogo(カール・ドゥロゴ)の結婚をアレンジした人物で、KhaleesiとなったDaenerysにドラゴンの卵をプレゼントした人物です。

そんなIllyrioがKing’s Landingで何をしているんでしょうかね・・・Varysとなぜこんな隠れた場所であっているのでしょうか。

スクリーンショット 2016-07-18 20.28.37

Varysもまた、新しいHand of the KingであるNedについて話しています。前(Jon Arryn)とは違うとは言いつつも、同じような『行動』を取っていることを指摘しています。
さらにはStarkとLannisterの衝突が戦争につながるかもしれないとも指摘していますね・・・
IllyrioもDothrakiの動きなどを報告しているようです。

その会話を隠れていたAryaは聞いてしまいます・・・


King’s Landingのスパイたち

LittlefingerがじーっとIron Throne(剣で出来た椅子のこと)を見つめています。
そこにVarysがやってきます。

スクリーンショット 2016-07-18 20.29.09
2人ともKing’s Landingにたくさんのスパイたちがいて、情報屋であり、誰を信用して、誰を信用させて、誰に忠実にすべきか・・・やっている事は似ているようでも、少し違う観点・目的から動く2人の行動に注目ですね。
また、先程のシーンでもあるように、”時”が来たらLannister側につくのか、Stark側なのか・・
そこにそれぞれの生死が関わってるんですね。

スクリーンショット 2016-07-18 20.29.50

お互いに何もないところから、そうやってここまで上り詰めて来た戦友であり、ライバルであり、敵である2人です。


不気味というか、不安な会話を聞いてしっまたArya、父親Nedの所にやってきて、”誰かが父さんを殺そうとしてる!”とNedに訴えます。

スクリーンショット 2016-07-18 20.30.21

そこに入ってきたNight’s Watchのリクルート役のYore(ヨーラ)。Night’s Watchのリクルートをするために、TyrionとともにKing’s landingに向かっていました。Nedの弟であるBenjin(ベンジン)の仲間でもあります。
そして、彼が目の前で見たこと、”Nedの妻CatelynがTyrionを捕らえたこと”を知らせます。

スクリーンショット 2016-07-18 20.30.34


後半

House Arryn

張本人であるCatelyn。

スクリーンショット 2016-07-18 20.36.31
訪れたのは、Catelynの妹であり、Jon Arrynと結婚したLysa Arryn(ライサ・アリン)のいるThe Eyrie(イーリエ)です。

今までも少し出てきましたが、新たな家系を改めて紹介します。

House-Arryn-Main-ShieldHouse Arryn(ハウス・アリン)

Sigil(シンボル):falcon volant and crescent moon(飛ぶ鷹と三日月)
Words(モットー):As High as Honor(誇り高く)
Seats(拠点):The Eyrie(イーリエ)

 

 

 

 

john standing父:Jon Arryn(ジョン・アリン)※TVでは遺体としてしか登場しません。

Hand of the KingとしてAerysに仕えていたが、暗殺される。

 

 

katie dickie母:Lysa Arryn(ライサ・アリン)

Catelyn Starkの妹で、Littlefingerに思いを寄せています。またLittlefingerのことがあり、姉Catelynとはあまり仲良くありません

 

 

lino falconi息子:Robin Arryn(ロビン・アリン)

※父親Jon Arrynがなくなってからは、House ArrynのLordeとなっています。

 

 


House Targaryenの暗殺

シーンは一旦移り、King’s LandingにいるNedに戻ります。
King Robertも参加したSmall councilが開かれるとの知らせが入りました。
自分の”妻がしたことがバレたか”と心配するNedですが、どうやら”DaenerysがKhal Drogoの子供を身ごもっている”ということについてのようですね。

スクリーンショット 2016-07-18 20.49.49

大嫌いなHouse Targaruenの生き残りに後継ができるかもしれないと、お怒りの様子のKing Robert。Targaryenがもともと、ずっと王座にいたので、もしもDaenerysがDrogoの子供を産み、Dothrakiの軍とともに王座を主張しに来たら・・ということと、過去の出来事(※以前の記事に詳細あり)のせいで、Targaryenを毛嫌いしているKing Robert。
どちらも殺すようにと命令するKing Robert。さらに、Jorah Mormant(ジョーラモーマント)がVarysに情報提供もしているということも明らかになります。
そう、Illyrio(イリリオ)やJorahはDaenerysの情報をスパイしてKing’s Landingに情報を流しているんですね。

スクリーンショット 2016-07-18 20.49.59

Darnerysと無実なその子供を殺すということに納得できないNed・・・
他のCouncilメンバーとKingは2人を殺すことを主張しています。
※最新シーズン(season6)まで見てから、見返すと理由がわかります。

スクリーンショット 2016-07-18 20.51.05

そんなことには賛成できないと、Hand of the Kingの証であるバッチを外して、出て行きます。

Hand of the Kingの証を失ったということは、ここにいる理由はありません。
そのまま荷物をまとめ始めるNed。そこにLittlefingerがやって来て、”Winterfellに帰る前にJon Arrynが最後に話した人物に会いたくないか?”と持ちかけます・・・

スクリーンショット 2016-07-18 20.51.45


The Moon Door(ムーンドア)

Lysa Arrynとその息子Robin Arrynがいます。Jon Arrynの死とLannisterの関係に感づいている様子はありますが、それを知っていることを知られては危険です。

スクリーンショット 2016-07-18 20.55.13
なので、CatelynがTyrionを連れてきたことに憤りを感じているようですね。

この親子、ちょっと変ですが。。笑

さらにRobinは続けます”mom i want to see a bad man fly!!!”(ママ、悪い人が飛ぶところが見たい)と言いますね。

スクリーンショット 2016-07-18 20.55.34
そう、ここにはThe Moon Door(ムーンドア)と呼ばれる床に扉がついた穴があります。罪人などはこの穴から落として処刑するというわけ。

Tyrionはとりあえず牢屋に閉じ込められます。タッカーい・・・

スクリーンショット 2016-07-18 20.56.11


RenlyとLorasの関係

シーンは変わり、RenlyとLoras Tyrell(ロレス・タイレル)のシーンになりますね。

スクリーンショット 2016-07-18 20.56.35
Small CouncilでのNedの態度、Robertの愚痴など話していますが、どうも2人は親密ですね。
RenlyはKing Robertの2番目の弟です。

ちなみにお気づきかと思いますが・・そう、2人ともゲイ同士。恋人といった感じです。これで先ほどのトーナメントでの目配せの理由がわかりましたね。

スクリーンショット 2016-07-18 20.56.53

ただ、この中世の時代ではタブーなんですね。なのでお互いに隠しながら生活しています。


Nedとのことで落ち込んでいるRobertのところにCerseiがやってきます。
2人が語り合うなんて珍しいですね。

スクリーンショット 2016-07-18 20.58.31
初めて、CerseiがLyanna Stark(リアナ・スターク)について聞きます。
未だにLyannaに気持ちがあるRobert。
”ほんのすこしでもでもこの結婚が成功する可能性があっただろうか”と聞くCerseiに対して、”No”と答えるRobert。”それを聞いて、悲しくなるか”という問いに対して”何も感じない”というCersei。

スクリーンショット 2016-07-18 20.58.18
2人の素っ気なさというか、お互いの気持ちのなさが伝わる会話ですね・・・


RobertのBastardベイビーたち

NedとLittlefingerのシーンに戻ります。
この娼婦が抱えている子がKing RobertのBastardというわけです。(もちろん大量にいるのでそのうちの一人です。)

スクリーンショット 2016-07-18 20.58.49
ここでも出てきますが、”赤ちゃんの髪の毛が黒い”ということを彼女は強調しています。そして、”可愛い女の子だ”と、Robertに内緒で伝えて欲しいとNedに頼みます。
NedがJon Arrynについて聞くと、彼女の健康を気遣ってただけということでした。
優しかったJonは、すべてのBasterdに会いに行き、彼らがちゃんと生活できているのかなど、気遣いをしていたということ。

スクリーンショット 2016-07-18 20.59.07

それを全て知っているLittlefingerにも何か裏がありそうですね。

外に出ると、なんとKing’s Landingのガードに囲まれてしまうNed!!
そこにJaimeが登場し、Tyrionについて尋ねます。

スクリーンショット 2016-07-18 20.59.32
妻Catelynを守るために、自分の命令でTyrionを捕まえさせたと嘘をついたNed。
バトルになってしまいます。

スクリーンショット 2016-07-18 20.59.42
少ない味方と、信頼していたガードを失い、一対一の勝負に・・・

スクリーンショット 2016-07-18 21.00.39

しかしJamie側のガードの一人が後ろから足を刺し、Nedは倒れこんでしまいます。

スクリーンショット 2016-07-18 21.00.11
騎士や剣士として、背中から襲うことや勝手に部外者が入ることはタブーなんで、Jaimeも味方の男をぶん殴ったわけですが・・・

なんだか、Nedが危ない予感ですね・・・

スクリーンショット 2016-07-18 21.06.23

って所でEpisode5は終了。

ではまた次回!




Related posts

Leave a Comment

CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.