|Season1 Episode4|世界一わかりやすいゲームオブスローンズ解説|ネタバレ注意|

こんにちは、Nomadamです。

ゲームオブスローンズあらすじ解説です。バックストーリーや小さな気づきなど、他じゃ聴けないGOT解説にしていきます!

理解を深めてもらいたいと思い、英語を極力訳さず、英語の独特なニュアンスを残したまま伝えていきたいと思いますので、字幕で見ることをお勧めします!また、エピソードで起こったことその出来事やそこから先につながる大切なことなど、細かく説明しております。気長に楽しんでください。

それでは、Season1 Episode4についてちょーわかりやすく解説していきます。

まだ見ていない方は見ないことをお勧めします。

!!! Spoiler Alert !!!

 

 




題名: Cripples, Bastards and Broken Things(クリプルズ、バスタード、壊れたもの)

Bastardの意味は以前の記事で紹介したので省きます。

Cripples(クリプル)とはDisable(ディスエイブル)と同じ意味で、障害者という意味です。が、ちょっとからかっているイメージがあるので、実際に会話で使うと失礼になります。日常会話では使わないでくださいね。Disableなら大丈夫です。

Branの夢の中から始まります。

スクリーンショット 2016-07-18 18.55.04

自分の足で立って弓矢の練習をしていたBranがRaven(レイブン)を追いかけていき、こっちを向いたRavenには3つの目が!!というところで目が覚めます。

スクリーンショット 2016-07-18 18.56.00

どうやら何日もこんな夢を見ているようですね。

そこにTheon Greyjoy(シオン・グレイジョイ)が入ってきて、Rob(ロブ)が呼んでいる旨を伝えます。

スクリーンショット 2016-07-18 18.56.39

ここで登場したのはHodor(ホードー)。

スクリーンショット 2016-07-18 18.56.53

これから先、Branの足のようになっていく存在で、彼を運びます。なんで”Hodor(ホードー)”しか言わないのかあ?なんて疑問も出てきますが、Season6で明かされるんで、それまで見てください!

Nedが居ない間にLorde of Winterfell/ロードオブエインターフェル(ウィンターフェルの君主)としてWinterfellを仕切るのが、長男Robb(ロブ)。

スクリーンショット 2016-07-18 18.58.33

Tyrion Lannister(ティリオン・ラナスター)がNight’s Watch(ナイツウォッチ)のいるCastle Black(キャッスルブラック)からWinterfellに降りてきます。

そこで実際にBranが歩けないようになっていることを確認し、Branが足が動かなくても馬に乗れるような器具について提案します。

スクリーンショット 2016-07-18 18.57.04

”どうしてBranに良くする?何が目的なんだ?というRobの問いに対して、

“自分もドワーフとして、扱いを受けてきた。だからCripple(障害者)やBastard,Broken Things(壊れたもの)=普通じゃない、ケダモノ扱いを受けているものに優しいんだ”と言います。

スクリーンショット 2016-07-18 18.59.04Lannisterのたった一人の良いキャラですね。笑

Tyrionを見送るTheonとの会話は以前のエピソードで説明したように、なぜ、Starkの兄弟じゃないTheon Greyjoyがここにいるのかという会話になっていますので、わからない方は、以前の記事をお読みください。

長年Starkにお世話になっているTheonですが、まだGreyjoyとしての誇り・プライドは忘れていないようですね。

Robbは俺のマスターではない!と強く主張しています。

スクリーンショット 2016-07-18 19.06.13


 

舞台はCastle Blackになります。いつものように練習をしていると、新しいメンバーが入ってきましたね。

スクリーンショット 2016-07-18 19.07.53

Samwell Tarly(サミュエル・ターリー)通称Sam(サム)。太っちょで全く戦いの仕方を知らないSamに対して強く当たるみんな。弱くてイラつくけどJonは放っておけないんです。

スクリーンショット 2016-07-18 19.08.04

 


Dothrakiが街を襲いにいきます。

スクリーンショット 2016-07-18 19.09.22

Daenerys (デネロス)の兄Viserys(ヴァセリス)は未だに傲慢な態度を取っています。自分が王で、Dothrakiは自分の群だと主張していますね。

スクリーンショット 2016-07-18 19.09.04

娼婦にTargaryenの歴史を話します。その後に娼婦が、蝋を体にたらしたのに対し、Viserysは熱いような反応をしましたね。ちょっと大事です。

スクリーンショット 2016-07-18 19.09.36

また、彼女は続けて、Asshai(アシャハイ※Essosの南東の街)で本物のDragonglass(ドラゴングラス)がついた槍を持った男を見たこと、顔を変えることができる男を見たこと、金の鎧とシルクの帆を持った海賊を自分の目で見てきたから、本物のドラゴンを見たいんだ。と言いますね。ここも少し大切な会話です。

※Dragonglass(ドラゴングラス)とは、黒いグラスで、のちに出てくるのですが、Valerian steelと共に、White Walkersを殺すことのできるものの1つです。

ただ、Danyが兄のために手配した娼婦だと知り、怒っています・・


King’s Landingに戻ります。

世話役の女の人が、SansaにGreat Hall(グレイトホール)を案内します。

スクリーンショット 2016-07-18 19.14.10

あなたの夫がすぐに座ることになり、あなたがその横に立つのよ。そして息子が生まれてWesteros中が彼を見てここに集まるのよ。と言います。

Sansaは女の子しか生まれなかったらどうなるの?と冷静な質問しますが。

まだ彼女のDirewolf(ダイアウルフ)についてひきずっていますね。そして、少しJoffreyの本性が見えてきたみたいです。

二度とお父さんとは口を利きたくないとも言っていますね。

スクリーンショット 2016-07-18 19.15.56

またここでも、Nedの父親と兄のことについて触れていますね。以前の記事を読んでいない方はこちらを確認してみてください。


さて、Small council(スモールカウンシル)にシーンに移ります。

スクリーンショット 2016-07-18 19.16.21

キングはちょっとばかだと以前の記事で言いましたが、ここでも・・・

City Watch(シティーウォッチ)と呼ばれる護衛であり、見回り役のリーダーの一人が、Kingの娯楽のために開催しているトーナメント(決闘)に莫大なお金をかけていて、そのせいで食べるもののない民衆が増加していること、そのせいで犯罪が増加していることを指摘しています。

スクリーンショット 2016-07-18 19.21.10

また、Jon Arryn(ジョン・アリン)の急死に少し疑問を感じていたNed、Grand MaesterのPycelle(グランドマスター・パイセル)にJon Arrynが何のために死ぬ前に彼に会いに行ったのかを聞き出します。そして、彼が見ていた本を見てみることにしました。

スクリーンショット 2016-07-18 19.18.38 1

それぞれのGreat House(名家)のメンバーの歴史が書かれています。そして、Jon Arrynが残した言葉”the seed is strong”(種は強い)という言葉に注目します。

スクリーンショット 2016-07-18 19.18.59

また、Pycelleが”毒は女の物だ”とも言っていますね・・・どういうことでしょうか?


シーンが変わり、AryaとNedが話しています。

剣の練習に没頭する次女Arya、

スクリーンショット 2016-07-18 19.25.20

Lady(高貴な女性)としてLorde(君主)と結婚し、かわいい子供を産むんだよ。
というNed、そんなの私じゃない。とArya、再び剣の練習に戻ります。

スクリーンショット 2016-07-18 19.25.29

 


Castle Blackに戻ります。

Samがなんでここに来たのかを話し始めました。

スクリーンショット 2016-07-18 19.25.57

18歳になって父親に、”お前は私のタイトル・名を継ぐのにふさわしくない。明日、Castle Blackに行かないのであれば、お前を狩ってやる。”的なことを言われたんですね。可哀想なSam。

スクリーンショット 2016-07-18 19.25.49

Jonも同情し、これ以上は戦い方も悪くなることがないな。と言っています。少し距離が縮まったようですね。


シーンが変わって、King’s Landing。

スクリーンショット 2016-07-18 19.26.10

LittlefingerがNedと歩いています。そして、それだけここにスパイがいるかを教えています。あっちこちにいますね・・・

スクリーンショット 2016-07-18 19.26.36

そして、ここでは1人も信じるなと言います。


あることを調べに、Nedはトーナメント会場の近くのテントを訪れます。

Nedが会った男の子はGendry(ゲンドリー)です。Jon Arrynが死ぬ前に訪れたという男の子です。

スクリーンショット 2016-07-18 19.29.45

そして、Jon Arrynに話したこと、仕事のこと、母親のこと、自分の母親は金の髪だったこと、などをNedにも話します。

そう、キングRobert BaratheonのBastard(バスタード)なのです!!


次のシーンにあるようにRobertはこんな感じなので、おそらくBastardの息子がいることは知らないでしょう。娼婦と戯れるKing Robert。

スクリーンショット 2016-07-18 19.30.26

※RobertはLannisterをあまりよく思っていません。ただし、一番お金持ちのLannsiterで妻の出身家なので省くことはできません。そして、こうしてCerseiの兄であるJamieを部屋の外に立たせて、浮気している声をわざときかせてるんですね・・・野蛮。


Castle Blackに戻ります。

JonはSamを鬼教官のAlliser守るために、練習仲間の一人を脅し、Samにはて優しくするように言います。

スクリーンショット 2016-07-18 19.34.33

Samを守るためにとったこのJonの行動が、Alliserを怒らせましたね・・・

スクリーンショット 2016-07-18 19.35.08


Dothrakiでは娼婦をDanyが仕組んだと思って、Viserysが激怒。DanyがDothrakiの信用を買っていき、力をつけていくのが許せないViserys。

スクリーンショット 2016-07-18 19.35.24

ですが、Dothrakiのリーダーの後継を身ごもっているKhaleesiのDany、今回は黙っていません。

スクリーンショット 2016-07-18 19.36.11

”次に私に手を上げた時は、あなたに手がある最後の日になるわ”と強くなってきましたね。

 

スクリーンショット 2016-07-18 19.36.22

 


Castle BlackでのSamとJonの会話がちょっと面白いですね。

英語じゃないとちょっと説明しにくいですが、”You didn’t know what to put it?”の部分です。が、ちょっと長くなりそうなので説明はやめます、きになる人がいるのであれば説明するので、コメントください。笑

スクリーンショット 2016-07-18 19.36.52

母親について、Jonは今でもずっと気にしています。

スクリーンショット 2016-07-18 19.37.03

女性と寝れないのも、もし妊娠させたら、またSnowというBastardを作ってしまうだけだ。と理由があったから・・・

そこにトレイナーのAlliserが入ってきます。

スクリーンショット 2016-07-18 19.37.17

これから長く辛い冬がやってくるの。食料がなくなれば馬を食べ、馬がなくなれば、太ったやつから食っていく。

お前らは冬を知らない、子供だ。

スクリーンショット 2016-07-18 19.37.30

的な嫌味を言って出て行きました。嫌な奴です。


Dothrakiのシーンに戻ります。

スクリーンショット 2016-07-18 19.43.58

Danyは”兄を打ってしまった。Dragonを打ってしまった。”と言っていますが、JorahはRhaegar Targaryen(レイガー・タイゲリアン)が最後のドラゴンだった。と言っていますね。

スクリーンショット 2016-07-18 19.45.16

そして、Viserysが王座に座っているのが見たいわけじゃなく、Homeと呼べる場所に戻りたい。と言っています。自分のことだけ考えているような彼には王座は取れないと、2人は確信します。


シーンはKing’s Landingに戻ります。そしてこれが先ほどsmall councilで話し合いに出ていた、トーナメントといわれる王の娯楽の1つです。

スクリーンショット 2016-07-18 19.45.48

joffreyの気持ちを確かめたいSansaが微笑みかけますが、Joffreyは無視。

そして、ここでSansaとAryaは初めてLittlefingerに会います。

スクリーンショット 2016-07-18 19.45.57

酔っ払って、早く始めろと叫ぶキングにうんざりしているQueen Cersei。

スクリーンショット 2016-07-18 19.46.09

ここで戦うのが、右Gregor Clegane(グレゴー・クレガン)通称The Mountain。KingsguardのThe Hound(ザ・ハウンド)の兄であり、The Houndに火傷を負わせた人。

スクリーンショット 2016-07-18 19.47.06

左の相手は、亡くなったJon Arryn(ジョン・アリン)の従者だったHugh(ヒゥーゴ)です。

Little fingerがSansaにHoungとGregorのストーリーを聞かせます。

スクリーンショット 2016-07-18 19.50.07

The Houndがまだ小さい頃に、Gregorのおもちゃで遊んでいると、怒ったGregorが首根っこを掴んで、燃えている炭の中にThe Houndの顔を突っ込んで一生の傷を作ったんです。
今では強く、人々に恐れられる存在のHoundですが、未だに兄へのコンプレックスと、火への恐怖がのこっています。

トーナメントは、The Mountainの勝利です。痛々しくて見ていられないSansaたち。スクリーンショット 2016-07-18 19.47.43


CersieがNedのところへやってきます。

Robertの愚痴と、Sansaの様子を伺っています。

スクリーンショット 2016-07-18 19.51.45

ここでも、Nedの兄の話が出ますね。父親と、兄という反面教師がいたNedは、心優しく忠誠心の強いLordeに育ったんですが、それがKing’sLandingでは弱みになっていっていますね・・・


CatelynのWinterfellへの帰り道。

スクリーンショット 2016-07-18 19.53.58

酒場と宿場のようなところで休んでいると、 King’s Landingへ向かうTyrionが入ってきます。

スクリーンショット 2016-07-18 19.54.30

そして、Catelynの存在に気づいてしまいます。

スクリーンショット 2016-07-18 19.54.42

酒場にいたものたちの多くは、Catelynの出身House Tully(ハウス ターリー)や、Catelynの父親にお世話になった家系のものが多かったため、Catelynの”こいつが、10歳のStarkの息子を殺そうとしたんだ。”という言葉で、Tyrionは囲まれてしまいまいました・・・・・

スクリーンショット 2016-07-18 19.54.59

というところでEpisode4は終了。

それではまた次回

ちなみに、【Hulu】今なら2週間無料トライアル実施中
ゲームオブスローンズも見放題です!




Related posts

Leave a Comment

CAPTCHA