|シーズン1 エピソード4|世界一わかりやすい『ゲームオブスローンズ』解説|ネタバレ注意|

こんにちは、Nomadamです。

ゲームオブスローンズあらすじ解説です。バックストーリーや小さな気づきなど、他じゃ聴けないGOT解説にしていきます!

それでは、Season1 Episode4についてちょーわかりやすく解説していきます。

 

まだ見ていない方は見ないことをお勧めします。

 

 

!!! Spoiler Alert !!!

 





前半

題名: Cripples, Bastards and Broken Things(クリプルズ、バスタード、壊れたもの)

Bastardの意味は以前の記事で紹介したので省きます。

Cripples(クリプル)とはDisable(ディスエイブル)と同じ意味で、障害者という意味です。が、ちょっとからかっているイメージがあるので、実際に会話で使うと失礼になります。日常会話では使わないでくださいね。Disableなら大丈夫です。

Branの夢の中から始まります。

スクリーンショット 2016-07-18 18.55.04

自分の足で立って、弓矢の練習をしていたBranがRaven(レイブン)を追いかけていき、こっちを向いたRavenには3つの目が!!というところで目が覚めます。

スクリーンショット 2016-07-18 18.56.00

どうやら何日もこんな夢を見ているようですね。そこにTheon Greyjoy(シオン・グレイジョイ)が入ってきて、兄Rob(ロブ)が呼んでいると言います。

スクリーンショット 2016-07-18 18.56.39

ここで登場したのはHodor(ホードー)。

スクリーンショット 2016-07-18 18.56.53

これから先、Branの足のようになっていく存在で、彼を運びます。
巨体ですが、Branに忠実で優しくピュアな人で、”Hodor(ホードー)”しか言いません。なんで”Hodor(ホードー)”しか言わないのかあ?なんて疑問も出てきますが、のちのちわかります。

Nedが居ない間にLorde of Winterfell/ロードオブエインターフェル(ウィンターフェルの君主)としてWinterfellを仕切るのが、長男Robb(ロブ)。

スクリーンショット 2016-07-18 18.58.33

Tyrion Lannister(ティリオン・ラナスター)がNight’s Watch(ナイツウォッチ)のいるCastle Black(キャッスルブラック)からWinterfellに戻ってきます。

そこで実際にBranが歩けないようになっていることを確認し、Branが足が動かなくても馬に乗れるような器具について提案します。

スクリーンショット 2016-07-18 18.57.04

”どうしてBranに良くする?何が目的なんだ?”というRobの問いに対して、

“自分もドワーフとして、扱いを受けてきた。だからCripple(障害者)やBastard, Broken Things(壊れたもの)=普通じゃない、ケダモノ扱いを受けているものに優しいんだ”と言います。
Lannisterのたった一人の良いキャラですね。笑

スクリーンショット 2016-07-18 18.59.04

Tyrionを見送るTheonとの会話は以前のエピソードで説明したように、なぜ、Starkの兄弟じゃないTheon Greyjoyがここにいるのかという会話になっていますので、わからない方は、以前の記事をお読みください。

長年Starkにお世話になっているTheonですが、まだGreyjoyとしての誇り・プライドは忘れていないようですね。
Robbは俺のマスターではない!と強く主張しています。

スクリーンショット 2016-07-18 19.06.13


Samwell Tarly(サミュエル・ターリー)

舞台はCastle Blackになります。いつものように練習をしていると、新しいメンバーが入ってきましたね。

スクリーンショット 2016-07-18 19.07.53

Samwell Tarly(サミュエル・ターリー)通称Sam(サム)。
太っちょで全く戦いの仕方を知らないSamに対して強く当たるみんな。
弱くてイラつくけどJonは放っておけないんです。

スクリーンショット 2016-07-18 19.08.04

 


Viserys(ヴァセリス)

Dothrakiが街を襲いにいきます。

スクリーンショット 2016-07-18 19.09.22

Daenerys (デネロス)の兄Viserys(ヴァセリス)は未だに傲慢な態度を取っています。自分が王で、Dothrakiは自分の群だと主張していますね。(もちろんDothrakiはそんなふうに思っていませんが。)

スクリーンショット 2016-07-18 19.09.04


Viserysは娼婦の女にTargaryenの歴史を話します。
その後にその娼婦が、蝋を体にたらしたのに対し、Viserysは熱いような反応をしましたね。
ちょっと大事です。
House Targaryenでドラゴンを操ることのできる者たちは、炎を物ともしないのです・・・

スクリーンショット 2016-07-18 19.09.36

また、彼女は続けて、Asshai(アシャハイ※Essosの南東の街)で本物のDragonglass(ドラゴングラス)がついた槍を持った男を見たこと、顔を変えることができる男を見たこと、金の鎧とシルクの帆を持った海賊を自分の目で見てきたから、本物のドラゴンも見たいんだ。と言いますね。ここも少し大切な会話です。

※Dragonglass(ドラゴングラス)とは、黒い石のような者で、のちに出てくるのですが、Valerian steelと同様に、White WalkersやWightsを殺すことのできるものの1つです。

ですが、この娼婦はDaenerysが兄のために手配した娼婦だと知り激怒します・・・
そう、彼女はDaenerysの世話役の女の一人ですね。


King’s Landing

King’s Landingに戻ります。

世話役の女の人が、SansaにGreat Hall(グレイトホール)を案内します。

スクリーンショット 2016-07-18 19.14.10

あなたの夫がすぐに座ることになり、あなたがその横に立つのよ。そして息子が生まれてWesteros中の人々が彼を見にここに集まるのよ。と言います。

Sansaは女の子しか生まれなかったらどうなるの?と冷静な質問します。
少しJoffreyやCerseiの本性が見えてきたみたいで、違和感を感じ始めます。

二度とお父さんとは口を利きたくないとも言っていますね。まだ彼女のDirewolf(ダイアウルフ)、Lady(レイディ)についてひきずっています。

スクリーンショット 2016-07-18 19.15.56

またここでも、Nedの父親と兄のことについて触れていますね。
以前の記事を読んでいない方はこちらを確認してみてください。


さて、Small council(スモールカウンシル)にシーンに移ります。

スクリーンショット 2016-07-18 19.16.21

キングはちょっとばかだと以前の記事で言いましたが、ここでも・・・

City Watch(シティーウォッチ)と呼ばれる護衛であり、見回り役のリーダーの一人が、Kingの娯楽のために開催しているトーナメント(決闘)に莫大なお金をかけていて、そのせいで食べるもののない民衆が増加していること、そのせいで犯罪が増加していることを指摘しています。

スクリーンショット 2016-07-18 19.21.10

また、Jon Arryn(ジョン・アリン)の急死に少し疑問を感じていたNed、Grand MaesterのPycelle(グランドマスター・パイセル)にJon Arrynが何のために死ぬ前に彼に会いに行ったのかを聞き出します。そして、彼が見ていた本を見てみることにしました。
Jon Arrynは自分を育ててくれた親代わりの存在であった時もあったので、よくわからない理由に納得いっていない様子。

スクリーンショット 2016-07-18 19.18.38 1

その本には、それぞれのGreat House(名家)のメンバーやその名家の歴史が書かれています。
そして、Jon Arrynが残した言葉”the seed is strong”(種は強い)という言葉に注目します。

スクリーンショット 2016-07-18 19.18.59

また、Pycelleが”毒は女の物だ”とも言っていますね・・・どういうことでしょうか?


”そんなの私じゃない。”

シーンが変わり、AryaとNedが話しています。

剣の練習に没頭する次女Arya、

スクリーンショット 2016-07-18 19.25.20

Lady(高貴な女性)としてLorde(君主)と結婚し、かわいい子供を産むんだよ。
というNedに対し、”そんなの私じゃないわ。”とArya、再び剣の練習に戻ります。

スクリーンショット 2016-07-18 19.25.29

この言葉、少し覚えておくと、ハッとする瞬間が後々あるはずです。


Castle Blackに戻ります。

SamがJonになんでここに来たのかを話し始めました。

スクリーンショット 2016-07-18 19.25.57

18歳になって父親に、”お前は私の名を継ぐのにふさわしくない。明日、Castle Blackに行かないのであれば、お前を狩ってやる。”的なことを言われたんですね。
長男にもかかわらず後継の息子として認知してもらえず、可哀想なSam。

スクリーンショット 2016-07-18 19.25.49

Jonも同情し、”でもこれ以上は戦い方も悪くなることはないから大丈夫だ。”とポジティブに返します。少し距離が縮まったようですね。


後半

 




Jon Arrynの死とBastard

シーンが変わって、King’s Landing。

スクリーンショット 2016-07-18 19.26.10

LittlefingerがNedと歩いています。そして、それだけここにスパイがいるかを教えています。あっちこちにいますね・・・

スクリーンショット 2016-07-18 19.26.36

そして、”ここでは1人も信じるな”と言います。


その後あることを調べに、Nedはトーナメント会場の近くのテントを訪れます。
Nedが会った男の子はGendry(ゲンドリー)です。Jon Arrynが死ぬ前に訪れたという男の子です。

スクリーンショット 2016-07-18 19.29.45

そして、Jon Arrynに話したこと、仕事のこと、母親のこと、自分の母親は金の髪だったこと、などをNedにも話します。
彼は・・・キングRobert BaratheonのBastard(バスタード)なのです・・・


娼婦と戯れるKing Robert。Robertはこんな感じなので、おそらくBastardの息子がいることは知らないでしょう。というかいっぱい良すぎて把握していないのでしょう。

スクリーンショット 2016-07-18 19.30.26

※RobertはLannisterをあまりよく思っていません。Cerseiと結婚したのも、Tywinの娘でHouse Lannisterの長女であったからで愛していたわけではありません。
ただし、一番お金持ちのLannsiterで妻の出身家なので省くことはできません。そして、こうしてCerseiの兄であるJamieを部屋の外に立たせて、浮気している声をわざときかせてるんですね・・・野蛮。


Castle Blackに戻ります。

JonはSamを鬼教官のAlliserから守るために、練習仲間の一人を脅し、Samに練習で優しくするように言います。

スクリーンショット 2016-07-18 19.34.33

Samを守るためにとったこのJonの行動が、Alliserを怒らせましたね・・・

スクリーンショット 2016-07-18 19.35.08


Khaleesi

娼婦をDanyが仕組んだと思って、Viserysは大激怒。
DaenerysがDothrakiから信用され、力をつけていくのが許せないViserys。Daenerysのメイドたちも突き飛ばします。

スクリーンショット 2016-07-18 19.35.24

剣をDaenerysに突きつけるViserysですが、Dothrakiのリーダーの後継の赤ちゃんを身ごもっているKhaleesiのDaenerys、今回は黙っていません。

スクリーンショット 2016-07-18 19.36.11

”次に私に手を上げた時は、あなたに手がある最後の日になるわ”と言い、辺りにあった金属のネックレスでViserysを殴りつけます。

スクリーンショット 2016-07-18 19.36.22

 


Jonの母親の存在

Castle BlackでのSamとJonの会話がちょっと面白いですね。

友達になった2人は、今まで女の人と寝たことがあるかという話になります。顔も良くて、剣も強いJonなのに寝たことがないことにびっくりのSam。もちろんSamも経験なしですが。

英語じゃないとちょっと説明しにくいですが、”You didn’t know what to put it?”という部分です。直訳すると、”何を入れたらいいのかわからないのか?”とSamはJonに聞いています。笑

スクリーンショット 2016-07-18 19.36.52

母親について今でも気にしているJon。
女性と寝れないのも、もし妊娠させたら、また”Snow”というどっちつかずのBastardを作ってしまうだけだ。と理由があるからのようです。

スクリーンショット 2016-07-18 19.37.03

そこにトレイナーのAlliserが入ってきます。

スクリーンショット 2016-07-18 19.37.17

これから長く辛い冬がやってくるの。食料がなくなれば馬を食べ、馬がなくなれば、太ったやつから食っていく。お前らは冬を知らない、子供だ。

スクリーンショット 2016-07-18 19.37.30

的な嫌味を言って出て行きました。嫌な奴です。


最後のドラゴン

Dothrakiのシーンに戻ります。

スクリーンショット 2016-07-18 19.43.58

Danyは”兄を打ってしまった。Dragonを打ってしまった。”と心配していますが、JorahはRhaegar Targaryen(レイガー・タイゲリアン)は最後のドラゴンだと言われていた。と言っていますね。

スクリーンショット 2016-07-18 19.45.16

そして、Daenerysは”Viserysが王座に座っているのが見たいわけじゃなく、私はHomeと呼べる場所に戻りたいだけ。”と言っています。
自分のことだけ考えているような彼には王座は取れないと、2人は確信します。


Clegane(クレゲイン)兄弟

シーンはKing’s Landingに戻ります。そしてこれが先ほどsmall councilで話し合いに出ていた、トーナメントといわれる王の娯楽の1つです。

スクリーンショット 2016-07-18 19.45.48

Joffreyの気持ちを確かめたいSansaが微笑みかけますが、Joffreyは無視。
そして、ここでSansaとAryaは初めてLittlefingerに会います。

スクリーンショット 2016-07-18 19.45.57

酔っ払って、早く始めろと叫ぶキングにうんざりしているQueen Cersei。

スクリーンショット 2016-07-18 19.46.09

ここで戦うのは、右Gregor Clegane(グレゴー・クレガン)通称The Mountain。
KingsguardのThe Hound(ザ・ハウンド)の凶暴な兄であり、The Houndの顔に火傷を負わせた人。

スクリーンショット 2016-07-18 19.47.06

左の相手は、亡くなったJon Arryn(ジョン・アリン)の従者だったHugh(ヒゥーゴ)です。

Little fingerがSansaにHoungとGregorのストーリーを聞かせます。

スクリーンショット 2016-07-18 19.50.07

The Houndがまだ小さい頃に、勝手に兄Gregorのおもちゃで遊んでいると、怒ったGregorがSandor首根っこを掴んで、燃えている炭の中にThe Houndの顔を突っ込んで一生の傷を作ったんです。
今では強く、人々に恐れられる存在のHoundですが、未だに兄へのコンプレックスと、火への恐怖がのこっています。

トーナメントは、The Mountainの圧勝です。
痛々しくて見ていられないSansaたち。スクリーンショット 2016-07-18 19.47.43


CersieがNedのところへやってきます。
Robertの愚痴と、Sansaの様子を伺っています。

スクリーンショット 2016-07-18 19.51.45

ここでも、Nedの兄の話が出ますね。父親と、兄という反面教師がいたNedは、心優しく忠誠心の強いLordeに育ったんですが、それがKing’s Landingでは弱みになっていっていますね・・・


CatelynがWinterfellへの帰り道。

スクリーンショット 2016-07-18 19.53.58

酒場と宿場のようなところで休んでいると、なんとKing’s Landingへ向かうTyrionが入ってきます。

スクリーンショット 2016-07-18 19.54.30

そして、Catelynの存在に気づいてしまいます。

スクリーンショット 2016-07-18 19.54.42

酒場にいたものたちの多くは、Catelynの出身House Tully(ハウス ターリー)や、Catelynの父親にお世話になった家系のものが多かったため、Catelynが”こいつが、10歳のHouse Starkの、私の大切な息子を殺そうとしたのよ。”という言葉で、Tyrionは囲まれてしまいまいました・・・・・

スクリーンショット 2016-07-18 19.54.59

 

というところでEpisode4は終了。

それではまた次回

 

ちなみに、【Hulu】今なら2週間無料トライアル実施中
ゲームオブスローンズも見放題です!

 

Related posts

Leave a Comment

CAPTCHA