|Season1 Episode3|世界一わかりやすいゲームオブスローンズ解説|ネタバレ注意|

こんにちは、Nomadamです。

さて今回は、3回目のゲームオブスローンズ解説です!バックストーリーや小さな気づきなど、他じゃ聴けないGOT解説にしていきます!

理解を深めてもらいたいと思い、英語を極力訳さず、英語の独特なニュアンスを残したまま伝えていきたいと思いますので、字幕で見ることをお勧めします!また、エピソードで起こったことその出来事やそこから先につながる大切なことなど、細かく説明しております。気長に楽しんでください。

それでは、Season1 Episode3についてちょーわかりやすく解説していきます。

まだ見ていない方は見ないことをお勧めします。

!!! Spoiler Alert !!!

 




題名: Lord Snow(ロード スノウ)

スクリーンショット 2016-07-18 12.31.11

さて、このエピソードで初めてKing’s Landing(キングスランディング)をお目にかかることになりますね。King’s Landing はその名の通り、7つの王国のCapital(首都・中心地)であり、Kingが在中する場所になります。

Westerosのマップの東に位置しています。

gameofthronesmaps72620121
Eddard Stark(エダード・スターク 以下Ned)とその子供達を迎えに出てきた男(召使い?)が、早速NedをSmall council/スモールカウンセル(小さな会議)に招きます。

スクリーンショット 2016-07-18 12.54.11

small councilでは王の側近達が集められ、開催される会議というか、話し合いのことで、政治的ことや、キングへのアドバイスなどを行います。とはいえ実際に決断する権限は100%王にありますが。
King’s Landingの中でもキングやクイーンが住む、Red Keep(レッドキープ)で行われています。
King’s Ladingを離れて長いNedは、”お召し物を変える時間などはよろしいでしょうか?”なんて言われてしまってますね。笑


そして、Nedが通されたこの部屋がGreat Hall(グレイトホール)。そしてこの威厳のある椅子がIron Throne(アイアンスローン)。キングの証であり、キングとHand of the Kingしか座れません。

960

Iron throneの下に座っていたJamie Lannister(ジェイミー・ラナスター)はKing’s Gard/キングスガード(王の護衛)です。

スクリーンショット 2016-07-18 12.37.17

まず、NedとJaimeの会話を理解するのに必要なバックグラウンドを説明します。

以前投稿した記事の中でも少し触れたのですが、Nedの父Rickard Stark(リカード・スターク)がNedの妹であるLyanna Stark(リアナ・スターク)と現キングのRobert Baratheon(ロバート・バラシアン)の結婚を約束させます。

また、Nedの兄で長男のBrandon Stark(ブランドン・スターク)と現在のNedの妻であるCatelyn Tully(キャサリン・ターリー)の結婚を約束させます。

父Rickardの思惑としては、Bastard(バスタード※S1 E1の解説内で説明あり。)ではあるが、長年王座に座り続けていたHouse Targaryen(ハウスタイゲリアン)の血が流れているRobertとの結婚と、南の方に本拠地があり、Westeros(ウェストロス)の名高い家の一つであるHouse Tully(ハウス ターリー※後に説明します)に強いコネクションを作ることで地位も高くなり、Iron Thronesへの道が開けるといった感じでしょうか。

そこであの事件が起こります。当時キングであったAerys ll Targaryen(エリース・ザ・セカンド・タイゲリアン)の長男Rhaegar Targaryen(レイガー・タイゲリアン)がLyanna Starkを誘拐したのです。
※実際に何が起こったのか、理由はまだ本でも出てきていないので、世界中が著者の最終章の本待ちです。

それに怒ったBrandonがRhaegarに対して抗議し、決闘を申し込みにKing’s Landingに乗り込みます。
が、King’s Landingでは完全アウェイなBrandon Stark、Rhaegarはその決闘を受け入れず、Brandonはキングの息子を脅したとして、捕らえられてしまいます。

キングがBrandonの父親のRickardをKing’s Landingに呼び寄せてBrandonがしたことについて言及し、説明させようとしましたが、Rickardは息子の罪を認めるのではなく、Combat/コンバットを申し込みます。
※Combat(コンバット)は決闘の1つのスタイル。本人、もしくは代理を立てて戦って生き残った方が正しく、死んだ方が負け。という正当か罪かの決め方で、GOTにはこれからよく登場します。

本人をChampion(闘士)としたRickardに対して、AerysはCombatのChampion(闘士)として炎を選び、鎧のままのRickardを炎が包みます。
S1 E1の記事で、House Targaryenの紹介をしていますが、そこで書いたように、”Fire and Blood”(火と血)がモットーであり、火を吹くドラゴンを操る家系です。

腕を縛られて、それを眼の前で見せられているBrandonには床に落ちている剣を手にとって父親を助ける選択肢が与えられます。ただし彼の首には紐がかけられているのです。

父親を助けようとしましたが、そのまま首が締まり亡くなります。父Rickardもそのまま炎に包まれて亡くなります。

長くなってしまいましたが、こういった背景があったんです。
※このシーンはTV seriesにはでできません。

これが全てではないですが、なぜAerysがMad King/マッドキング(狂った王)と呼ばれていたのかが明らかになってきましたね・・・


雑談なのですが

このゲームオブスローンズ、原作の本も完結していないので、原作の大ファンは本が最初に出版された1996年から結末を20年も待っています。

そのため2016年の3月にイギリスの著者とほぼ名前が一緒のシンガーGeorge Martinさん(別人)が亡くなった時には世界中がパニックに陥りました。。その後著者本人George R R Martinが”私は生きてます”とツイートし事態はおさまりました。笑
ご遺族にとってはいい迷惑ですが。


さて、ストーリーに戻りましょう。

ここでJaimeがNedに言っていたことの意味がわかりましたね。

“500人もの人々がそれを見つめていたよ。”なんて嫌な奴。

Small councilの場面に移ります。

スクリーンショット 2016-07-18 13.05.12

ここで新しい家系と、Small Councilに参加している人たちを紹介したいと思います。

House-Tully-Main-ShieldHouse Tully(ハウス ターリー)

Sigil(シンボル):Silver Trout Leaping(跳躍する銀のトラウト)
Word(モットー):Fanily, Duty,Honor(家族、仕事、名誉)
Seat(拠点):Riverun(リバーラン)

Ned Starkの妻であるCatelynが出身の家系。

 

aiden gillenPerry Baelish(ピーター・ベイリッシュ)
別名:Littlefinger(リトルフィンガー)
Title/タイトル(役職):Master of coins/マスターオブコイン(金銭を管理する役)
House Bearish(ハウスベイリッシュ※そんなに地位の高い家系ではなく、ストーリー上必要ないので説明は省きます。)の唯一の生き残りであり、8歳でHouse TullyにFostering(フォンスタリング※意味はS1E1の解説にあり)しました。そこで、CatelynとCatelynの妹Lysa Arryn※結婚後の現在の名前(ライサ・アリン※S1E1で亡くなったと報告のあったJon Arryn(ジョン・アリン)の妻)と兄Edmure(エドミュアー)と過ごします。その時にから身体が小さいことや出身地がThe Finger(ザ・フィンガー)という所だったこともあり、からかわれてLittlefingerと呼ばれていました。
Fostering先のCatelynにずっと恋心がありましたが、Catelynは全く興味がなく、逆に妹のLysaが彼に恋心があったが、Littlefingerは興味がない。という変な関係でした。

ここから更にちょっと複雑になりますが、後々必要な情報になるので説明していきます。

Nedの父親であるRickardがCatelyn Tully(キャサリン・ターリー※当時の旧姓)とBrandon Stark(ブランドン・スターク)の結婚を約束させた時、Catelynを取られまい!とBrandonに対してLittlefingerが決闘を申し込んだものの、大敗。殺されかけたが、CatelynのMercy/マーシー(慈悲※この言葉よーく出てきます。)によってなんとか命は助けてもらい、LittlefingerはHouse Tullyの拠点であるRiverrunから追放されました。
その後、先ほど説明したようにBrandonが亡くなり、Catelynは弟であるNedと結婚することになりました。
また、政治的なアライアンス(同盟)のためにCatelynの姉Lysaは当時のHand of the KingであったJon Arryn(ジョン・アリン)と結婚することになります。

しかし、未だにLysaはLittlefingerを愛していたので、Hand of the KingのJonを説得させて、Littlefingerを地位のある役職につかせることに成功し、King’s LandingのSmall Councilにまでいるというわけです。
昔のハングリー精神を忘れないために、今でもLittlefingerというあだ名を使っています。今では頭が良く、恐るべき人物の一人かもしれませんね。

そして、はじめにNedに挨拶したのが、

conleth hillVarys(ベイリッシュ)
別名:The Spider
Title:Master of Whispers/マスターオブウィスパー(ささやき・耳打ちのマスター)

もともと奴隷だった過去を持ち、売られた先の魔術師に薬を飲まされて、動いたりしゃべったりできなくなったところで、局部を切断され、その局部を魔法で使われてしまいます。その後は道に捨てられて死にかけますが、物乞い、盗みなどをしてなんとか生き延び、のちに盗みが得意になったVarysは情報さえも盗むようになり、スパイのマスターとさえ呼ばれるようになりました。情報屋としてその延長線上で今現在はSmall CoucilのMaster of whispers(ささやきのマスター)として地位を確立しています。

二番目にNedが挨拶をしたのは

gethin anthonyRenly Baratheon(レンリー・バラシアン)
Robertの弟で3兄弟の末っ子。※詳しくは今後紹介していきます。
Master of Law(法のマスター)としてSmall councilに参加しています。

 

三番目に挨拶をした白髪のおじいちゃんは

julian gloverGrand Maester Pycelle(グランドマスター・パイセル)
PycelleはGrand Master(グランドマスター)という王を支える役職について、シリーズが始まった時点で4人の王に仕えてきました。Grand Masterは歴史や科学、薬学に詳しく、シニアの立場で王にアドバイスする役目です。

 

最後に話しかけてきたのが、先ほど紹介したLittlefingerです。Nedが兄Brandonについても触れていますね。お互いの立場があるので、お互いさらっとながしていますが、ライバル心と様々な感情がばちばちしているんですね。2人の関係性に今後注目です。

PycelleがNedに渡したバッチが、Hand of the Kingの証です。

Hand_of_the_King

会話の中ではいかに王がLannisterに借金をしている、など問題が浮き彫りになっています。※ちなみにLannisterは一番リッチな家としても知られています。


シーンは変わり、CersieがJoffreyの傷を手当します。

スクリーンショット 2016-07-18 13.33.57

“世界はあなたが思い描くようになる”など、とにかく息子Joffreyを愛してやまないCersie。彼がキングになることが彼女の一番の夢です。

印象的なのは“A good king knows when to save his strength and when to destroy his enamies”(優秀なキングは、いつ力を溜めておいて、いつ敵を滅ぼすかを知っているの)というCersieから出た言葉。

Starkは敵、Lannisterじゃないものはみんな敵。

スクリーンショット 2016-07-18 13.34.35

Lannisterらしい・・・


King’s Landingに来たStarkの娘たちのシーンです。

スクリーンショット 2016-07-18 13.36.41

Areaは未だにJoffreyがしたことと、Sansaに腹が立っています。

NedはSansaにお人形をプレゼントしましたが、もう子供ではないSansaにとってはうざかったようですね。笑

スクリーンショット 2016-07-18 13.37.07

娘たちの女心を理解するのに苦労する父親Ned。今に限ったことではないんですねえ。

スクリーンショット 2016-07-18 13.37.37

 


NedがAryaの部屋に入ってきます。

スクリーンショット 2016-07-18 13.39.38

活発で正直なArya、”レイディになんてなりたくない!” ”なんでSansaをJoffreyなんかと結婚させるの?””CerseiもJoffreyもみんな嫌いだ!”

みたいなことを言っています。性格的にもKing’s Landingに溶け込めないArya。

Ned自身も”とても危険な場所に来た。家族としてしっかりと結束していないといけない。”的なことを言っていますね。

スクリーンショット 2016-07-18 13.42.23

 

”その剣を使わないことが、一番いいんだよ”という言葉を残して部屋を出て行きます。


舞台はWinterfell(ウィンターフェル)に移ります。

スクリーンショット 2016-07-18 13.45.58

Raven(レイブンS1S1の解説に説明あり)がBran(ブラン)が寝ている部屋にとまります。お世話役のおばあさんがBranに物語を語り出します。

スクリーンショット 2016-07-18 13.45.40

何千も存在が確認されていないとされている、White Walker(ホワイトウォーカー)について。

そこにRob(ロブ)がBranにあいにきます。Branはそこで”I Rather be dead”(死んだ方がマシだ)なんて言っていますね。

スクリーンショット 2016-07-18 13.48.19

Branは”あの事故”のせいで全く歩けなくなってしまったのです。


シーンが変わって、Catelynが極秘でKing’s Landingに訪れます。
極秘なのは、誰がBranを殺そうとしたのかを調査しに来ているためです。

スクリーンショット 2016-07-18 13.49.45

そこで、Varysから噂を聞きつけたLittlefingerがCatelynを待っています。

スクリーンショット 2016-07-18 13.52.12

Varyesも言っていますが、”My little birds are everywhere”(私のリトルバード/彼に噂を囁く者たちはどこにでもいます)と言っています。さすがMaster of whispersです。

そして、Dagger/ダガー(大きなナイフ)について追求します。

スクリーンショット 2016-07-18 13.52.50

このDaggerとは、S1E2でBranが寝ているところに暗殺者が入ってきて、CatelynとBranを襲いましたね。その時に彼が使っていたDaggerから、誰が仕組んだ者なのかを、Catelynが探ろうとしているようです。
そして、Varysが、これはValyrian steel/ヴァレリアン スティールでできていると言っています。

GOTの世界でValyrian steel/ヴァレリアン スティール(ヴァレリアンという鉄の種類)とは新しく発掘できないために、とても貴重で高価な鉄とされており、更にはWhite Walkerを殺すことができると言われています。
House Starkに代々受け継がれている剣にもValyrian steelが使われています。

そのValyrian steelがDaggerに使われているということです。

そこで、Littlefingerが昔は自分のものだったが、今はTyrion(ティリオン)のものだと言います。

スクリーンショット 2016-07-18 13.55.34


シーンはThe Wall(ザ・ウォール)のあるCastle Black(キャッスルブラック)へ移ります。Castle BlackはNight’s Watch(ナイツウォッチ)がいる場所です。

スクリーンショット 2016-07-18 13.56.57

新しいWatchたちとともにJonが戦いの練習をしています。

この意地悪な教官みたいな人はAlliser Thorne(アリーサー・ソーン)。Bastard(バスタード)で剣で戦うの得意なJon Snow(ジョン・スノウ)を目の敵にします。

Night’s WatchにはLorde Commander(ロードコマンダー)と呼ばれる最高指揮官みたいな存在があり、全体のリーダーとして、様々なことを決定したりします。ちなみに現在のLorde CommanderはJeor Mormont(ジョア・モーマント)。Tyrion Lannister(ティリオン・ラナスター)と喋っている人です。
House Mormant(※S1E2解説で紹介しています。)出身なので、The Old Bear(ザ・オールドベア)とも呼ばれています。

スクリーンショット 2016-07-18 13.59.55

ここで、Branの目が覚めたことを知らせる手紙がWinterfellから届きます。


スクリーンショット 2016-07-18 14.03.34

Nedの元にも、Branが目を覚ましたという手紙が届きます。

Littlefingerが“早くあなたの妻と情報を共有しないとね”とNed言っていますね。

スクリーンショット 2016-07-18 14.03.44

ちなみにこの時点ではNedはCatelynがKing’s Landingにいることを知りません。

LittlefingerがNedをCatelynの元へ連れて行きます。

スクリーンショット 2016-07-18 14.04.19

NedがLittlefingerを脅した後に、Littlefingerが言った言葉“Ah the Starks, quick tempers, slow minds”(スタークはキレやすくて、頭が悪い)的なことを言います。

Little fingerが決闘をしたNedの兄Brandonは特にキレやすいで有名だったので、Brandonを思い出し、ちょっと嫌味的なニュアンスですね。

こうやってみていくと、予想以上にHouse Starkの敵がKing’s Landingには多いですね。。。


シーンはCastle BlackのNight’s watch達に戻ります。

スクリーンショット 2016-07-18 14.07.25

練習で負けっぱなしの3人に囲まれて脅されるJon Snow、そこにTyrionが入ってきて、こいつらはここに来るまで、剣を持ったこともなかった奴らだよ。などと言い、さらにBranが目をさましたという知らせを渡します。

スクリーンショット 2016-07-18 14.07.50


シーンが変わり、King’s Landingに戻ります。

Tyrionを訴えたいNedとCatelynですが、クイーンであるCersei(サーシー)の弟であるTyrionを訴えるのは、反逆罪のリスクがあることをLittlefingerが指摘します。

スクリーンショット 2016-07-18 14.13.15

Little fingerはCatelynにまだ気持ちがあるので、NedとCatelynに危険が及ばないように、真実を突き止めることを約束します。

スクリーンショット 2016-07-18 14.13.34


JamieとCerseiのシーンに移ります、記憶はないものの目を覚ましたBranについて心配するCerseiをなだめるJamie。二人の世界に入ってますねー。

スクリーンショット 2016-07-18 14.14.19


CatelynがKing’s Lanfingから去るシーンです。

スクリーンショット 2016-07-18 14.14.32

真実を突き止めることを約束して、CatelynをWinterfellに返します。

スクリーンショット 2016-07-18 14.14.42


次のシーンでKing Robert Baratheon(キング ロバート・バラシアン)と喋っているのはBarrister Selmy(バリスター・セルミー)で、世界一の剣士の一人として知られていて、現在はKingsguard(王の護衛)のリーダーとして、King’s Landingに在中しています。

スクリーンショット 2016-07-18 14.21.05

RobertとBarristerが”剣士になって初めて殺した人”について話しています。この時代の人たちにとっては、男として殺した人について語れることが名誉のようですね。

スクリーンショット 2016-07-18 14.14.55

Robertが”Kingslayer!”とJaimeを呼びました。以前の記事で紹介していますが、Aerys ll Targaryen(エリース・ザ・セカンド・タイゲリアン)通称Mad Kign/マッドキング(狂った王)を殺したのがJamieなので、Kingslayer/キングスレイヤー(王を殺したもの・王を裏切ったもの)とよばれています。

Aerysを殺した時にどんなことを言っていたのかとRobertが尋ねます。

Jamieは答えます”今までもずっと言っていたように”Burn them all”(全て焼き払え)と叫び続けていた。”みたいなことを言ってます。

スクリーンショット 2016-07-18 14.15.47

これもまた、AerysがMad Kingと言われていた理由なのです。”them all”というのは、King’s Landingの街ごと人も全て焼き払ってしまえと言っているのです。

ちなみにこれにももっと深いストーリーと見解があるのですが、今の所はストーリーに関わってこないので、割愛します。Season6のどこかで説明すると思います・・・

Robertの変な自信と、”ワインはどこだ!”など王としてなんだか情けない姿と、Kingsguardの2人の冷静ながらも、力強い姿が対象になってて面白いシーンでした。


さて、Dothraki tribe(ドスラキの群)へシーンは移ります。

スクリーンショット 2016-07-18 14.16.02

Kahl Grogo(カール・ドゥロゴ)の妻になったDaenerys Targaryen(デネロス・タイゲリアン)のシーンです。

Jonah Mormont(ジョーラ・モーマント)がDaenerysにドスラキの奴隷たちについて説明しています。

スクリーンショット 2016-07-18 14.16.14

お金は意味をなさない彼らは、Dothrakiの群で町を襲いに行き、無料で奴隷を渡すか、町を襲って戦うかの選択肢を与えます。ただしもし、相手が交渉に応じて、奴隷を渡しても、奴隷の数が足りなかったり、まだ強くないDothrakiの若者がたくさんいる場合は、結局町を襲い、戦う練習をさせるという、力がすべての弱肉強食の群なのです。また、お金のように馬がやりとりされ、馬を持っているということが、地位が高いしるしなんです。

ちなみに”Khaleesi(カリーシー)”というのはDothrakiの言葉でクイーンという意味。これからDanyを呼ぶのによく出てきます!

スクリーンショット 2016-07-18 14.16.31

群れを止めて草むらに入っていくDany、そこに兄がやってきます。
ドラゴンの卵をもらい、KhaleesiとなったDanyにかなり嫉妬している様子。

スクリーンショット 2016-07-18 14.17.20

Dothrakiの一人が兄の首を絞めて殺そうとします。Dothrakiはとても上下関係が厳しく、Khaleesiに敬意を払わない行為、脅す行為は立派な罪。

スクリーンショット 2016-07-18 14.17.33

ですが兄なので、この場は見逃します。が、奴隷と同じように歩かされていますね。


Castle Blackに舞台は戻ります。

スクリーンショット 2016-07-18 14.29.43

The Wall(ザ・ウォール)の上まで行ったJon Snow。Ned Starkの兄弟のBenjin Stark(ベンジン・スターク)がいます。

唯一信用できるBenjinがThe Wallの向こう北側に行くことを知らせます。

スクリーンショット 2016-07-18 14.29.56

Jonはまた一人ぼっちになってしまいますね。

南のKing’s LandingにいるLannisterはWildlings(ワイルドリングス)や壁の向こうの怖さを知りませんし、信じていません。

スクリーンショット 2016-07-18 14.30.24

しかし、BenjinたちWatchたちが本当に眠れないほど恐れているものは、Wildlingsではありません。White Walker(ホワイトウォーカー)の軍隊です。Benjinはその事実を探りに壁の向こうに行くようです・・・

スクリーンショット 2016-07-18 14.30.54


シーンが変わり、KhaleesiがDothraki語を練習していますね。

また、生理が来ていないKhaleesiに妊娠が発覚します。
リーダーの子供を産むというのは、Dothrakiでも名誉なことです。

スクリーンショット 2016-07-18 14.31.23

そして、Jorahもその事実を知ります。

スクリーンショット 2016-07-18 14.40.14

そして、、馬が必要だと言います。
誰かにこの事実を報告しなければいけないようですね・・・


Castle Blackに戻ってきます。

スクリーンショット 2016-07-18 14.43.16

Lorde Commanderの右側に座っているおじいちゃんはMaester Aemon(マスター・エモン)です。実は彼、House Targaryen出身。Westerosでは最後のTargaryenと言われています。

スクリーンショット 2016-07-18 14.43.32

White Walkersに備えて、TyrionにCersie南からもっと多くの人をThe Wallに送るように頼むように言っています。Winter is coming(冬が来る)・・・と共に来るDark(闇)を恐れています。


Dothrakiに戻ります。

Dothrakiを少しづつ学んで、Dothrakiの文化を理解しようと頑張るDanyそして、子供を妊娠したことで、Khal Drogoにも認められ始めています。

スクリーンショット 2016-07-18 14.46.51


King’s Landingに戻ります。

AryaにNedが用意したDancing Master/ダンシングマスター(剣の先生)が剣の使い方を教えてくれることになりました!よかったねArya!

スクリーンショット 2016-07-18 17.40.39

父Nedは生き生きしたAryaの表情にほっこりしつつも、もし本当に彼女が戦わないといけなくなった時を考えて最後は不安な表情で終わりました。

スクリーンショット 2016-07-18 17.40.56

では次回。




Related posts

Leave a Comment

CAPTCHA